FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



「においを見る少女」

パク·ユチョン、このような彼氏が現実にある場合。

「女心ホリック」



最終編集:2015-05-03 12:04:45 IMG_2804.jpg

イメージ [SBS funE |ガンソンエ記者]
SBS水木ドラマ「においを見る少女」(脚本イフイミョン、演出ペク·スチャンオチュンファン)のパク·ユチョンが「現実彼氏ルック」で女心を揺さぶっている。

パク·ユチョンは「においを見る少女」で無分別な刑事チェムガク役を演じ別名「現実彼氏ルック」、現実にはボーイフレンドが被ったらファッションを披露している。

捜査物とロッコ水を同時に満足させる活動的でありながらも洗練されたパク·ユチョンのルックが女性視聴者たちの呼応を引き出している。

パク·ユチョンは「においを見る少女」で、バーコード殺人事件の犯人を追って迫力感あふれるアクションシーン消化すると同時に、ガールフレンドには純度100%の愛師姿を披露した。

これに加え、カリスマとロマンチックが共存するファッションが女心をひきつけて注目をひきつけていること。

パク·ユチョンのスタイリスト担当者は「捜査物とロコ水の両方に似合うことがなければならない点をコンセプトにした。

男性は女性よりもアイテムの種類も少なく限定なので、コートのフードTシャツを重ね着して刑事の活動的な姿を、カラー感を加えて多情多感なボーイフレンドの姿を表現した。

シューズまた、ヴィンテージスニーカーをマッチして活動的で快適な感じを与えるようにした」と伝えた。

一方、パク·ユチョンが出演する「においを見る少女」は毎週水、木、夜10時に放映される。

ガンソンエ記者sakang@sbs.co.kr


元記事へ
*ロコ⇒ロマンティックコメディー




昨日も「海にかかる霧」を見に行こうと

ちょうどいい時間に出かけた

梅田TOHO、すでに完売

焦って,なんばTOHOの空き情報チェック、1時間後の残席わずか・・・

予約してなんばへ

JR大阪駅でこんなもの発見
IMG_2803.jpgIMG_2802.jpg
乗換案内や駅案内が様々な言語で検索できる

いつも通っているのに知らなかった

時間が余るので昼食

IMG_2801.jpg
三田製麺所(みたせいめんしょ)

豚の角煮が沢山入って濃厚な味(並200g、中300g、大400g、値段は同じ)
⇒中に挑戦しようと思ったけど、店員さんに聞いて、思い直す⇒ムリエヨ

カウンターの左右の隣の2人組はどちらも中国の方

なんで知っているのだろう???

そんなに有名なお店なのかしらん???

と思いながら食事

余裕だと思っていたのにあっという間に上映時間が迫り移動・・・

場所が別館でわからない

警備のおじさんに尋ねて、無事到着・・・

若い女性が二人「ユチョンは侮れない」と・・・

ここも満席

今朝も予約しようとしたけど今日は満席、明日の予約を入れる

ほんと、「ユチョンは侮れない

嬉しさ半分、複雑な気分・・・






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

においをみる少女字幕付き
9話字幕付き⇒クリックしてね
10話字幕付き⇒クリックしてね



ユチョン、うまく作っているIMG_2785.jpg
박유천(パクユチョン)




JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

今日も暑かった

8時から自転車・電車に乗ってお仕事へ~

意外に時間がかかり、終わったのは12時過ぎ

サークルの友達と待ち合わせて食事へ

そのあとお店を変えてラムレーズンパフェを食べた

暑かったからぴったり!!!

でもカロリー高いだろうな~~

美味しかったけどね~





五感を悟らせる新鮮な教え

記事入力2015.04.30午後7:26


[ハンギョレ]ファンジンミのTV、トクトク

<においを見る少女>
(SBS)は同名のウェブトゥーンを原作にしたドラマだ。
シン・セギョン、パク・ユチョン、ナムグン・ミンの好演はもちろん、異質的なジャンルを混ぜ方が上手だ。

ドラマは'においを見る'はファンタジー的設定を通じて連続殺人犯を追うスリラーであり、相反する性格の男女が協力して導かれるロマンチックコメディーだが、ここに落語を活用してコミックの要素を高めた。

要するに、ファンタジー、スリラー、ロマンス、コメディが共存しており、相乗作用を起こしたまれな例である。

ドラマは連続殺人事件を中心に他の事件を配置し、他の事件が連続殺人事件の伏線と手がかりを提供する形で構成される。

また、ファンタジーを賢く活用する。

'においを見る'は設定はファンタジーだが、それを前提に理性的な推理を行う。
ためにファンタジーとは、非理性的な要素が捜査劇という理性的なジャンルと自然に結合される。

ドラマで最も核心的な単語は'感覚'だ。
'においを見る'いうのは公演した言葉遊びではなく、'優れた嗅覚的な分別力'を隠喩している。

人間は視覚的分別力が発達しており、嗅覚は視覚のように明瞭に分別されていない。
こうした人間に嗅覚的な分別力が優れた存在の感覚を理解させるため、'見える'は言葉に翻訳して説明することだ。

ドラマはオチョリム(シン・セギョン)がビニールやガラスで遮断された匂いも認知するなど、本当に臭いを視覚に認知することを見せているが、これはにおいを視覚情報のような明確に見分けることができるという設定を推し進め、派生した現象だ。

オチョリムの向かい側にチェムガク(朴ユチョン)が存在する。

彼は、妹が殺害された後、感覚を失う。
匂いも味もわからないし、熱いのも痛かったのも感じない。

痛覚喪失症を、メローに借用した映画<痛み>があったが、<においを見る少女>の活用が遥かに自然だ。
痛覚喪失症を新派に使うことではなく、異なる感覚の変異とともに配置することで、感覚に対する新しい事故を悟らせるからだ。

連続殺人犯がシェフ(調理師)という設定は象徴的だ。
グォンジェヒ(ナムグン・ミン)は洗練されたマナーを持ったまま、最も高級化された好みと感覚を駆使する人物だ。

彼は、毎年地域と年齢、職業を異にする人々を拉致する。
その人が監禁された状態で自分の話を書いて作った後、殺害し、遺体にバーコードを留めてしまう。

彼は犠牲者たちの記録をバーコードが刻まれた一冊の本に所蔵している。
彼が顔面認識障害であることを言うシーンも興味深い。

一人一人を個別的な存在で認識できず、匿名の人たちと認識する彼に人は、バーコードに区分されなければならない本と同じである。

人を本で認識することはグォンジェヒだけの事故がない。

人によってそれぞれ自分なりの事情を持っており、彼を通じて特別な学びを得られるという考えがすぐ'人図書館'の概念だ。

グォンジェヒはこれを最も残酷な方法で専有するが、'人-本'を生きている状態で閲覧して共有するのではなく、殺し、剥製化させた後、考えて独占する。

これは人を労働力だけでなく、全人格的に私物化して私有化しようとする資本主義的思考を極端に推し進めて到達しうる結論だ。

母のレシピ(調理法)で沸かしたウニわかめスープを食べながら、オチョリムは失った記憶を思い浮かべる。

これは<失われた時を求めて>でマドレーヌを通じた記憶の上記と一脈相通じる。

このように感覚は記憶と緊密に結びついており、体は精神とともに、自我を構成する。

<においを見る少女>が感覚の変換を通じて投げかけるメッセージは決して軽くない。
私たちが同一の世界に住むように見えるが、感覚の違いによって、お互いに異なる世界を経験しながら生きること。

五感を悟らせる新鮮な教えがないことができない。
ファンジンミの大衆文化評論家

元記事へ

このドラマ深いですね~

ユチョンばかりに目を奪われていると

深い意味がつかめなくなってしまう

これからはもっと楽しめそう・・・






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR