FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ユチョンニュース


[苦労した 2015]

パクユチョン、

先導的な役割か浮かぶ混乱している私は ' 俳優 ' 証明



[テレビデイリーシンサンミン記者]

JYJメンバーであり俳優パク・ユチョンは今年'においを見る少女'を通じて俳優として一段階成長する契機になった。

これはロマンス物男主人公の役割を見事にこなす俳優という事実を立証した。


パク・ユチョンはSBSドラマ'においを見る少女'(演出ベクスチャン脚本イヒミョン、以下'ネムボソ)で感覚が全くない刑事チェムガクを演技した。

チェムガクは、劇中の弟を失って20日の間食べことも寝ることもできないまま抵抗しており、精神を失った6ヵ月後に意識から帰ってきて痛覚喪失症という病気を得た。

これによって味覚と痛みがなくてご飯を食べるときも誰かに迎える時も何も感じない人物だ。

20151223214516984.jpeg

これまでパク・ユチョンはドラマ'ソンギュンガンスキャンダル''屋上部屋の皇太子''見たい''ミスリプリー''スリーデーズ'に至るまで、様々な作品を通じてコミカルながらも真剣な極と極を行き来するロマンス演技を披露してきた。

しかし、毎作品ごとに異なる主人公俳優に隠れて残念な思いを残してきた。

しかし、'ネムボソ'を通じて、パク・ユチョンは自分の真価をまともに見せてくれた。 俳優たちとの合計が一層自然になり、演技の呼吸が安定的だった。

特に悪役を演技したナムグン・ミンの存在感にもかかわらず、双方の緊張感をプレゼントして劇的な楽しみを与えた。 また、ヒロインとの恋人呼吸も一層成長した姿を見せてくれた。

シン・セギョンと楽しく魅力を誇示した。 これを通じてこれからのロマンチックコメディーで見せてくれる活躍に対する期待感を高めた。

これまでパク・ユチョンは'ソンギュンガンスキャンダル'でも、'ミスリプリー'でも'スリーデーズ'でも真剣で重みのある演技を主にやってきた。 たとえ'屋上部屋の皇太子'で軽い演技をした。

しかし、ロコとしての魅力を十分に発揮できなかった面がある。

しかも、'ネムボソ'はこれまでパク・ユチョンが演じたキャラクターとは違う。 極と極を行き来する人物であるために、そのどのキャラクターより完璧なキャラクター分析が必要だった。

それでもパク・ユチョンは'ネムボソ'でひたすら軽くは、かと限りなく重みもない立体的なキャラクターを自分だけの色を負わせた。

20151223214518533.jpeg

警察の捜査場面、ナムグン・ミンとの和では整った外見から出ている真剣な表情、一層低くした声で劇の緊張感を高める役割をした。

反対にシン・セギョンと呼吸ではコミックロマンスを描いた。 変な顔をすることはもちろん、ハゲカツラまで使い、壊れてる演技を恐れなかった。

これにややもするとキャラクターの重心を失いかねない厳しい人物であるにもかかわらず中心を失わず、上手にキャラクターを消化したという好評が続いた。

パク・ユチョンはドラマデビュー5年差だ。 デビュー序盤の歌手で俳優として挑戦状を突きつけたすべての人々がそうであるように演技力議論に陥りもした。

しかし、5年間、パク・ユチョンは停滞している俳優がなかった。

一作品一作品臨む際ごとに成長し、その結果、これまで築いてきた演技の能力を噴き出し、毎回落ち着いて説明した。

今年のパク・ユチョンは'においを見る少女'した作品で、外に大衆を訪れなかった。

この7月クランクアップした映画'ルシドゥドリーム'は現在まで封切りの時期が決定されなかったせいもある。

そのためか、少しずつ成長する俳優パク・ユチョンの作品を一つの作品しか見ることができないというのが内心残念なばかりだ。

元記事へ




ルシッドドリームの公開は決まってないのかな?

楽しみにしているのにな〜〜❣️







20151223215027f56.jpeg

20151223215026461.jpeg




この季節になると

クリスマスツリーのユチョンが思い出される

可愛いよね〜〜❣️ユチョン❣️❣️❣️






*画像はお借りしています





この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR