FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

あたたかい、JYJいやパクユチョン

2016-01-19 06:44:01

パク・ユチョン選択は正しかった。

パク・ユチョンが熟練した感性で冬感性充満したアルバムを発売した。

軍服務中のパク・ユチョンがデビュー12年ぶりに初ソロアルバムをあっと披露した。

グループJYJのメンバーであり、俳優としても活動しているパク・ユチョンが音楽に対する愛を集めて集めて意味のある足跡を残したもの。

JYJも、俳優もなくソルロ歌手パク・ユチョンの感性はかなり真剣だった。 低く、深い声には孤独さすら感じた。 寒い冬に相応しい音楽だった。
20160116224801938.jpeg

パク・ユチョンがデビュー以来初めて発表したソロ・アルバム'あなたの財布にはいくらの愛があります'は詩集に似合うようなタイトルのように、叙情的かつ感性的に雰囲気に満ちていた。

入隊後、ファンの寂しさを慰めるつもりもあったのか、これまでしっかりと隠した理由があった。

JYJ内でパク・ユチョンは、独特な声でパワフルな歌唱力を誇る、金ジュンスと清いながらも経た高音でロッカーの気質を誇るジェジュンとは違って、彼らを支えて和音をさらに堅固にしてくれるベースの役割を果たしてきた。

しかし、一人でマイクの前に立ったパク・ユチョンはささやいて歌う唱法に重厚さを追加した。

パク・ユチョンはピアニストの倉本裕基、耀蔵など感性的なアーティストたちと一緒にしながらアルバムの完成度を高めた。

倉本裕基は、パク・ユチョンのための曲'懐かしい、ページをめくりながら・・'を作って演奏までして特別な意味を誇る。

耀蔵と口裏を合わせた自作曲'最後のアルバムまで..'は、タイトルで感じられるようにファンに対する感謝の気持ちや今後もともに進もうという意志が歌詞に盛り込まれており、その愛情を確認させた。

また、'彼女と、春を歩く'ライブバージョンがボーナストラックで収録され、コンサートの感動を蘇らせた。

パク・ユチョンはソロアルバムにも、両曲の自作曲を加えてもう一度シンガーソングライターとしての才能を発揮した。
これは個人の舞台でポップソングで披露したことで発展して少しずつ自作曲を発売し、自分だけの舞台を作っていった結果だった。 そんなに習得したものだった。

パク・ユチョンは変化を与えるより最も明確している道をたどった。 派手ではなくて技巧もないこと。
20160118105900375.jpeg

今回のアルバムでパク・ユチョンは淡々としていが、穏やかな声で押して一字一字を吐き出す。 そんなにパク・ユチョンのがっしりした感性が作られた。

パク・ユチョン、そのものな感情だった。
努めて探そうとしなくても知ることができる固有の音色。それだけでも大きな収穫だが、五つの曲には、わびしいながらも暖かい冬が感じられた。

風変わりなボーカルとして、また他の可能性を確認できたというのも注目に値する。 JYJという名の下に埋められていたパク・ユチョンの真価が新たに発見された。

(写真
=シジェスエンターテインメント)
【ニュースには金ダソム記者]
金ダソムsally@


元記事へ



聞けば聞くほどいいアルバム❣️

ユチョンの声に惚れる💖💖💖





この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR