FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

20160929145250fbf.jpeg

ユチョンのためではなかった話

[焦点is]
壊れていた'ルシドゥドリーム'

なぜ朴裕仟(バク・ユチョン) 言い訳をや

記事入力2016.09.28午後2:00

[イルガンスポーツチョヨンギョン]


2016092918060020d.jpeg

ソルギョング固守主演映画'ルシドゥドリーム'がいきなり'朴裕仟(バク・ユチョン)や映画'に変身した。

28日'ルシドゥドリーム'(監督金埈成(キム・ジュンソン)配給会社NEW側は'ルシドゥドリーム'公開日を1月4日で告知し、"劇中のパク・ユチョンが登場する信者いる。 幅広の編集はストーリー上不可した"と明らかにした。

これで封切りが無期限漂流された'ルシドゥドリーム'はNEWが披露する新年初の映画になった。
しかし映画の主演がなく、特別出演に過ぎないパク・ユチョンの名前が前面に言及され、
まるで'ルシドゥドリーム'がパク・ユチョンの映画のように映し出されている状況。


また、パク・ユチョンのために'ルシドゥドリーム'の封切りが遅れたもののようにすべての責任を転嫁させ、この間の事情を知っている関係者らはむしろ眉をひそめている。
世紀の名作に灰が撒かれたのではなく、当初、壊れていた映画にパク・ユチョンという悪材料が重なったものである方だから。

パク・ユチョンの不祥事が起きる前から'ルシドゥドリーム'の封切りは日よけピール見合わされており、関係者らのため息は増えていった。 "編集をすればするほど山に行く"はことが映画と密接な彼らの言葉だった。

'ルシドゥドリーム'は子供を誘拐された父が夢の中で助力者の助けを受け犯罪の手がかりを探しに乗り出すようになって起こる話を描いた作品だ。

'ルシドゥドリーム'という言葉自体がスミョンジャ、みずから夢を見ているという事実を自覚したまま夢を見る現象つまり明晰夢を指すと制作過程にCGが必要なのはもちろん、まかり間違えば、誘致するように映し出される可能性が濃厚た。
致命的な短所をつかむことなく'ルシドゥドリーム'は編集に編集を繰り返し、撮影は早くも終了したにもかかわらず、封切りはなしのつぶてだった。 後半作業が長くかかる映画が一つや二本があるわけではないが、'ルシドゥドリーム'の理由は多少違っていたこと。

再三にわたって編集本を見たある関係者はこれに先立ち、日刊スポーツに"編集というのも撮っておいた分量でとにかく解決をしなければならないじゃないか。 それが限定的である 見たら失望感が大きいのが事実だ"と吐露した。

2016092918060152d.jpeg

一定水準以上制作費が投資され、ソル・ギョングの固守をはじめ俳優たちの熱演が映画の完成度によってつけることはできない。これに'ルシドゥドリーム'が良い方向に完成することを望む気持ちに事情を知っている人たちも、大部分は'ルシドゥドリーム'の無事公開を応援した。

この過程で、泣き面に蜂でパク・ユチョンのスキャンダルが起こり、'ルシドゥドリーム'側の悩みが増えたことは確かだ。 だが、劇中の固守の助力者として登場するパク・ユチョンの編集は、当初議論できる状況ではなかった。 事件の展開過程で必ず必要な人物であるにパク・ユチョンを映画で持ち上げたらこれも私もなく作品になるしかなかった。

開封まで大衆の機嫌を伺わなければならなかったが、どうせNEWの大規模なラインナップがある程度確定された状況で'ルシドゥドリーム'が割り込む隙はなかった。 10月に封切りしたところで、1月に封切りしたところでパク・ユチョンのイメージと彼を眺める視線が大きく変わるのか。


一連の情況を詳細にオープンする必要はないが、パク・ユチョンのために早く公開することができた作品の封切りが延期される、難しくて、苦労し、やっと公開するというように顔を立てる、すべての理由を着せる必要もない。

封切り遅延にいい言い訳ができたというようにすべての理由を着せて、結局は博油踐を編集することはできなかったと言う。 してなかったのかできなかったのか分かりえないが、これによって、主演で熱である限り、薛景求と鼓手の存在感は消えた。 商道徳も礼儀もない。

悪循環が次から次へといて、暗雲が立ち込めた。

このすべての状況が大きな厄払いと馬鹿にされて封切り後、フンヘンウンにつながれば、幸いだが、首を横に振るという彼らが依然多い。 最善の編集を経て映画を'よく見えるように'完成したとはしのだから、信じてみるしかない。

今年NEWはドラマ'太陽の後裔'と'釜山行き'で、上半期のブラウン管、夏市場スクリーンを掌握した。 そして、上半期にはチョン・ウソンチョ・インソン主演映画'ザ・キング'でウンパルを続ける見通しだ。

しかし、2017年初の映画は頭痛の種に長い時間苦しめた'ルシドゥドリーム'だ。
早くやってしまいたい気持ちが大きいが、どんな作品であれ、興行惨敗は致命的だ。 誰が笑って誰が泣くようになるか、映画自体よりむしろ成績表に興味深さが集まっている。

チョヨンギョン記者cho.yeongyeong@

元記事へ




何でも裏があるんだね〜

早く、日本に来ないかな〜〜

ユチョンが出るんだし

いい感じに仕上げて欲しいな〜〜





今日も雨がひどい

土砂降りになったり

小止みになったり

でも、まだ、降っている

興味のある話だったので

夜のお仕事を引き受けてしまった



帰りまで雨が降ってたら

疲れるだろうな〜〜


ちょっと引き受けたことを後悔しているかめ😱

とりあえず、行ってきます





▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR