FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

小さい文字20170201011756c69.jpg

ユチョンへの誣告 裁判一審判決


6月、偽の告訴

出典元ブログ←クリックしてね

パク・ユチョン'虚偽告訴の一味'1審判決文全体の内容

2017年1月17日、ソウル中央地裁刑事15単独1審の判決

<誣告犯行>
2016年6月4日、被害者が中にあるトイレに行くことになったが、それを見た被告人Aがすぐについて入った。 被告人Aは'ついて行った理由'について"トイレ行くのに手伝うために、よって入るようになってきた"と主張している。

しかし、その当時の被害者が誰の助けを受けて行くほどに酔った状態もなかったことで確認されて、しかも、被告人は被害者が入った後に入ったのでトイレに行くのを手伝ってくれてもないとする。

このような状態に照らしてみると,従って入った理由についた被告人Aの主張は簡単に納得がいかず、は違い、被害者やその仲間たちが被告人Aに入れと強要したという情況もない。

非常に狭小な空間、別途に開閉装置が設置されていないこと、また、ドアは内側から外側の方向に開くようになっている構造、滞空時間がわずか数分弱にわずか。

このような文の構造や大きさ、位置を照らしてみれば、被告人がいつでも外に出ることができる状況だったとみてうるさい状況であったとしても大声を出したりするなどで十分に外部の支援要請が可能たが、

全くそんなジェスチャーもないばかりか、強要と抑圧、脅迫まであったと見るにはその内部で保持時間がわずか数分間前後と短く、位置と文の構造などをいろいろと照らしてみると、簡単に納得しがたいくだりだ。

被告人は'先に外に出て、'先に出た後の飲み会が終わるまで大したことなかったように踊って遊び、再び席に座って他の仲間たちと話をして遊びながら一行の中で1人に自分の携帯電話番号を教えてくれたりもした。

実際の被害を受けたなら、出た職後拔け出して申告をするとかなければ助けを要請するのが当然だが、先に外に出て出るやいなや仲間たちと踊りを踊って遊び、

再び席に座って、話をして遊びながら一行に、自分の携帯電話番号を与えるなど、被害を受けた直後の被害者の一般的な行動と見ることはできない

そしてその席が終わった後も、カウンターにあるcctvに店の男性社員と笑いながら対話を交わしている被告人の姿が撮影されたりもした。

被告人は家に帰るときまでに被害に遭ったと、捜査機関などに申告したこともなかっただけでなく、その誰にも話したこともない。

家に帰った後の、2016年6月4日朝7時頃になってようやく、被告は店の部長にである電話して".......餅を打った"と述べ、被害を受けたと話しても全くなかった。

もし被告人が実際の被害を受けたなら、店部長と通話しながらこのようなことを話してなかった理由がない。

被告人はシジェス側との交渉が決裂すると、その日夕方の2016年6月10日、ソウル江南(カンナム)警察署で告訴状を作成して提出した。

そして被告人はこの事件の告訴の動機について、この事件当日、一行の1人が自分の家に連れてきている途中"家に一緒に行けるか"などの話をしながら、自分を簡単に性関係が可能な女性で、扱いをして気持ちが悪くて告訴することになったと供述した。

しかし、被告人Aはこれと同じ内容で'気分悪かった当事者である'一行の1人を刑事告訴したのもなく、実際この事件の被害者に被害を受けたなら、告訴の動機に関してこのような内容と供述したのではないだろうと見られる。
このような事情を総合すると、被告人Aは'何の罪がないパク・ユチョンを'虚偽事実と誣告した事実が十分に評価がいいと言うのだ。


<恐喝未遂犯行>
被告人李氏(同棲相手の男性)と李氏(誣告女)、その弁護人はこの事件、恐喝未遂について被告人黄氏(組織暴力団)の単独犯行と被告人李氏(同棲相手の男性)と李氏(誣告女)はこれに加担していないと主張し、否定している。

2016年6月5日未明、1時ごろ、被告人李氏(誣告女)はその前日、被害を受けたとし、被告人李氏(同棲相手の男性)に話をし、その日未明に、店の金氏と部長に会ってその場で警察に通報するような態度を取ったことで早くパクユチョン所属事務所に連絡するように強要した。

店金氏はこの法廷で、被告人李氏(同棲相手の男性)についてこのような態度が"パク・ユチョンの所属会社から金を要求するという感じを強く受けた"と証言した。

そして被告人李氏(同棲相手の男性)はその頃、以前から知っていた組織暴力団の被告人、ファンさんを呼び出した。

被告人らは2016年6月5日、マネージャーそして店、金氏と出会いを持ったし。 7日、シジェス理事、マネージャー、実装との出会いを持った。

その場で被告人李氏(同棲相手の男性)は継続して怒って捜査機関に告訴するような行動を取った。 被告人黄氏(組織暴力団)は、被告人李氏(同棲相手の男性)を乾かしながら合意金を要求しており、。 被告人李氏(誣告女)はシジェス理事、マネージャー、実装に自分が被害を受けたと話した。

このような事例を照らしてみて、この事件、恐喝未遂の犯行が被告人のファン氏(組織暴力団)の単独犯行という被告人李氏(同棲相手の男性)と李氏(誣告女)、その弁護人の主張は受け入れられない。

また、被告人黄氏(組織暴力団)とその弁護人は、被告のファン氏(組織暴力団)が恐怖心を感じる程度の脅迫をしておらず、禁苑を求めなかったと主張しながら否定している。

被告人たちが合意金を要求し、パク・ユチョンを刑事告訴してこの事実をマスコミ機関に知らせるように述べたが、これを直接経験したマネージャーもシジェス人たちとパク・ユチョンが相当な負担とリスクなどを感じたと供述しており、

この所属事務所・シジェスでパク・ユチョンが占める位置や人気度を考慮すると所属会社の代表もまた、このような負担を感じㅆウリランことは十分に可能と言えるだろう。

したがって、恐怖心を感じるほどの脅迫をしなかったという被告のファン氏(組織暴力団)とその弁護人の主張もまた受け入れられない。 しかも、被告人黄氏(組織暴力団)は、過去の詐欺罪で二回にわたって実刑を言い渡された前歴があることにも累犯期間中にも自粛せず、この事件の犯行を犯した。


被告人李氏(同棲相手の男性)は、捜査機関で、被告のファン氏(組織暴力団)に交渉過程で"絶対先に被害金額の金額を提示しないと何度も強調した"こんなに供述したことがある。

被告人李氏(同棲相手の男性)が被告のファン氏(組織暴力団)にこのように話したのは、パク・ユチョンやシジェスの社長を脅迫して、より多くの合意金を受け取るためと見てただパク・ユチョンから謝罪を受けるため、シジェスの方の関係者と接触したものだという被告、李氏(同棲相手の男性)とその弁護人の主張は事実ではないと言えるだろう。

シジェス側との交渉が決裂すると、被告人李氏(同棲相手の男性)は、被告人黄氏(組織暴力団)に"これ以上役が必要ないので交渉過程に手を引け"このような発言をし、

被告人李氏(誣告女)は、その日夕方の2016年6月10日、ソウル江南(カンナム)警察署で告訴状を提出して提出した。

これといった全般的な過程、すなわち、被告人李氏(同棲相手の男性)はシジェスと交渉過程に組織暴力団のファン氏を介入させ、何度もこの交渉をしながらパク・ユチョンを刑事告訴したり、言論機関に流布するというなどで脅迫しており、この事件の交渉が決裂すると、

被告人李氏(同棲相手の男性)は、被告人黄氏(組織暴力団)を排除させ、被告人李氏(誣告女)は博油踐を刑事告訴した経歴に照らしてみれば、被告人たちが被害者を脅迫して金銭を恐喝しようとしていたことが十分に評価がいいと言うのだ。


<被告の犯罪一味の量刑>

(裁判所が刑事裁判の結果'有罪'判決を受けた被告について、その刑罰の程度または刑罰の量を決定すること)

被告人李氏(誣告女)と、被告人李氏(同棲相手の男性)はパク・ユチョンが有名芸能人であることを口実にパク・ユチョンやその所属事務所・シジェス側を脅迫して金銭を恐喝しようと組織暴力団、被告人黄さんを交渉過程に介入させた。

被告人らはシジェスの関係者に金額を要求し、これに応じない場合、捜査機関に告訴したり、言論機関に流布するというなどの脅迫を何度もわたってし、示談金に対する交渉が決裂すると、被告人李氏(誣告女)はパクユチョンを誣告することまでした。
被告人らがこの事件の関連して脅迫して恐喝しようとした金額の金額などを見れば、この事件の犯行の罪質が極めて不良と言えるだろう。

これによって有名芸能人のパク・ユチョンは、捜査機関に調査を受けることになっており、言論社はこの事件を連日特筆大書して報道までした。

結局、被告人らのこの事件の犯行によってパク・ユチョンは、1日朝に犯罪者と決め付けられ、多大な精神的苦しみを味わうようになり、パク・ユチョンや彼の所属会社もかなりの損失を被っただけでなく、名誉やイメージにこれからも拭えない致命傷を負うことになった。

'実際には何の罪がないパク・ユチョンは、'この事件によって深刻な苦痛と生きており、今後は芸能活動再起が不確実になるなど、回復し難い被害をこうむることになった。 その家族らも日常生活に支障をきたす程度に多大な精神的苦痛を受けている。

それでも被告人らはこの法廷で納得し難いな弁解を一貫し、反省していない、被害回復に向けたいかなる措置もしなかった。 このような被告人らを厳罰に処することが適当と言えるだろう。


<判決主文>
被告人黄塵0を懲役2年6月に
被告人理財0を懲役1年6月に
被告人移住0を懲役2年に各処する。
以上のような理由で被告人李氏(同棲相手の男性)に対して実刑を宣告しました。 実刑を言い渡したので被告人李氏(同棲相手の男性)に対して逃走の恐れがあると判断されたため、この場で告訴状を発行します。





誣告女李容疑者と組織暴力団、黄氏は'証拠隠滅逃走の危険'で2016年8月5日拘束されており、拘置所に収監されたままで計7回目の公開裁判を受けた。
ドジョウのようにはけた同居の男李氏は、判決当日、すぐ現場で拘置所に引き込まれた。
(添付つつたこの事件とは関係なし)


*自動翻訳機にかけたものです




本当に酷い話です

胸が痛みます

実刑判決が出たことは

如何にひどい犯罪であったかを

物語っています



*追記も出典元は同じです



▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR