FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


'ルシドゥドリーム'パク・ユチョン、

映画の中の切り札

・・・編集避けられない'ディスマン'


20170224000003fe9.jpg

【ソウル経済]
'ルシドゥドリーム'パク・ユチョンが映画の中の切り札役で映画ファンの期待が増幅されている。

'ルシドゥドリーム'は、大企業不正専門記者李大浩(コ・ス)が3年前に計画的に拉致された息子を探すため、ルシドゥドリームを利用、隠された記憶の中で手がかりを探して犯人を追う記憶追跡SFスリラーだ。

パク・ユチョンは、劇中の、世界中の多くのこれらの夢に共通的に現れ、コンユモンをするという設定のディスマン役で強烈な存在感を誇った。 ディスマンは、李大浩のルシドゥドリームに突然現れた疑問の人物だ。

夢の中で李大浩に発覚されたディスマンは、急いで席を離れて、李大浩との追撃戦の末に忽然と消える。

ディスマン登場に混乱を感じていた李大浩はある日、現実でディスマンを合わせるようになってディスマンは、李大浩にコンユモンの存在を知らせる。 パク・ユチョンは、ディスマンを長髪の外見の変身と夢の中スーツ姿の事件解決者まで幅広く演じた。

現実では、軽いヨンキトンとしたドラマを喚起させるようだが、それゆえに、夢の中で行われる活躍はさらに大きくなる。

'ルシドゥドリーム'キャスト当時、パク・ユチョンは、映画'ヘム'としてスクリーンにデビュー、新人賞を総なめした。 第51回百想芸術大賞、第35回青龍映画賞、第34回韓国映画評論家協会賞、第15回釜山(プサン)映画評論家協会賞、第51回大鐘賞映画祭、第10回のマックスムービー最高の映画賞新人賞、第6回、今年の映画賞まで新人賞7冠王を獲得した。

そうだから彼の次期作に多くの関心が集まったところ、映画の中の分量にこだわらず、彼が選んだキャラクターに注目が集まっている。

社会的物議をかもしたパク・ユチョンだが、編集が避けられない理由もこのためだ。の編集により、ディスマンの存在が否定されたら'ルシドゥドリーム'という映画に可能性も失うことになるからだ。

誰でも見る夢だが、それだけの神秘的な魅力的に歩み寄る'夢'素材と興味深い俳優たちのキャスティングラインナップも映画に対する期待感を高めているが、映画の中の切り札として、大活躍を見せたパク・ユチョンの演技も劇の観戦ポイントになるものとみられる。

元記事へ→クリックしてね

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR