FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


パク・ユチョンは、必ず再起しなければならない

記事入力2017.03.17午前8:36
最終的に修正2017.03.17午前9:11
201703171455290fd.jpg

[OSEN=ソンナムウォン]
JYJパク・ユチョンが16日、法的には完璧にこれまでのすべての疑いを晴らした。
ソウル中央地検がパク・ユチョンに提起された4件の容疑について、いずれも不起訴処分を下した事実が明らかになってからだ。

'性的暴行をマスコミに知らせる'、虚偽事実で彼を告訴した風俗店女性従業員と彼の男友達など三人はすでに拘束されて久しい。

しかし、法の審判とは関係なく、パク・ユチョンの名誉回復はまだ少しも行われていない。

本当に妙なことだ。
いわゆる'パク・ユチョン 告訴女'は最初からお金を目的とパク・ユチョンを犯罪対象に狙った。

"5億ウォンを貸してほしい"と脅迫した後、警察に告訴し、いくつかのマスコミに虚偽の事実を通報した。 まさにこの点がポイントだ。
言葉そのまま偽りが真実にばけて数日の間にパク・ユチョンは、天下にかけがえのない、破廉恥犯に追い込まれた。

虚偽事実の情報を提供受けた問題のメディアは、正確な取材、確認もせずに、'よいよい'告訴人のうその通報を全国に広めるた。

これに負けまいといくつかのテレビはパクユチョンをまるで、性倒錯患者両無差別個人攻撃を加えた。

結局、パク・ユチョンは、警察捜査を受けることも前からすでにこれら一派が仕掛けた罠に深くかかったわけだ。 これは明らかに相手が韓流スター芸能人という弱点(?)を口実にした計画犯罪だった。

このような芸能人恐喝脅迫の99%は偽りが勝つ。 法は遠く、世論の魔女狩りは近いから。


今回も例外ではない。

巨額を恐喝しようとした一団は、この裁判所から懲役2年など重刑を言い渡された。

裁判所は判決文で、'被害者は性的暴行犯と見なされ、多大な精神的苦痛を経験した'と厳罰の取材を書いたが、パク・ユチョンがこれを補償受ける手段はどこにもない。

すぐに虚偽の事実を流布したメディアは'は知らん振り'言い逃れしているところであらゆるデマと悪口でパク・ユチョンを苦しめた悪質書き込み者らはむしろ'陰謀論'を提起し、攻勢を繰り広げている。

裁判所が脅迫犯を重刑に処し、検察が朴ユチョンの無罪を知らせた記事にも悪質な書き込みが溢れている。

トップスターたちが多くの脅迫にはまず、罪の有無と関係なくお金でこれを解決する背景であり、これは悪循環につながる。

歌手兼俳優として首脳の位置に上がったパク・ユチョンは、犯罪者たちの処分とは比較にならない程度で重傷を負った。

芸能人を相手にした恐喝脅迫の恐ろしさがまさにここにある。

人気を暮らす芸能人のもう一つの人格体を事実上殺すという点で、これは殺人事件や他ならない。

芸能人標的脅迫犯たちだけでなく、各種'都市伝説の'通信の記事で、彼らを手助けはメディアと悪質コメントも共犯であることに違いない。

これらをともに断罪しなくてはこのようなタイプの犯罪が絶えず量産されて第2、第3のパク・ユチョンが引き続き出てくるのが明白な事実だ。


パク・ユチョンは、真実と関係なく脅迫犯たちの申告と同時にマスコミと世論から'犯罪者'烙印を押された。

'都市伝説の'通信と'チラシ'メモを媒介にしたあらゆるデマが幅を利かせ、パク・ユチョンは、一言で'性倒錯者'になった。

事件のニュースが盛んに熱かった当時はこれより加えた描写でパク・ユチョンの人格をこきおろしたメディアが多かった。
パク・ユチョンは、堂々と再起しなければならない。

そうしてこそ、あらゆる脅しが横行する芸能人向けの犯罪と悪性報道が減るから。
/mcgwire@osen.co.kr

元記事へ


ユチョンは

焦らなくてもいい

演技には、定評がある❗️

いずれ

必ず、復帰出来るはず❗️



真実は変わらない❗️

ユチョンは必ず、戻ってくる❗️

一般の人もそのうち、分ってくれるはず!

待ちましょう💖🌻💖🌻💖🌻💖



ユチョンはみんなを幸せにしてくれる!

ユチョンの笑顔が一番💖


ユチョペンは


待つのには慣れているもんね〜〜💖💖💖







この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR