FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

20170730165341817.jpg


ユチョンを応援する❗️❗️❗️


ホーム市民記者の窓

パク・ユチョンは、被害者であるにもかかわらず謝罪文までのこしたんだけど。

あらゆるとがめ立てをする世界の不満、プロ不快感

記事の承認2017.07.30 00:27:37

201707301651107b1.png

この3月、性売買まで無嫌疑処分を受けたパクユチョン

パク・ユチョンは、昨年の事件について、ここ3月、2次虚偽告訴女と関連された売春までいずれも不起訴処分を受けた。

1次虚偽告訴女、李氏(26)は、一人で化粧室間のパク・ユチョンの後をつけて行って化粧室のドアを開けて入って積極的に攻勢(?)性的関係をしたことが分かった。 また、同種犯行の前科で罰金刑を処分を受けたことでも明らかになった。 結局、1審で懲役2年刑を言い渡された。

控訴審で結局、犯行を認めて積極的に善処を願っており、最後にパク・ユチョンに"謝罪する。 前へと成長することを祈りたい"という言葉を残した。

1次虚偽告訴女は反省を理由に2審で1年18ヵ月が言い渡された。 現在2次虚偽告訴女さん(24)は裁判中におり、3次4次虚偽告訴女は告訴状だけ出して逃走して行方不明の状態だ。

2017073016511287d.jpg

パク・ユチョンは、昨年の事件でとても大変な時期を送る時の南陽乳業孫娘黄河や氏に頼るようになり、
二人は急速に近づいて、結局は結婚を発表するようになった。
黄河やさんは特に活発なsns活動で注目されているが、17日、インスタグラムライブで知人達と遊ぶ場面を見せてくれ、その横にはパク・ユチョンがいた。 黄河やさんは、本人のアカウントにパク・ユチョンアカウントをタグに取り付けてパク・ユチョン住所が公開された。 次いで、パク・ユチョンは、雨降っている写真とともに心境が込められた手紙を掲示した。

20170730165112c01.png

"他の語出来ないです。 すべての方々に本当に申し訳なくてごめんという話をしたかったんです。 とてもしたくてもどうすれば良いか。 方法も。。。実自信も無かったんです"と心境を伝えた方が容易ではないことを仄めかした。

さらに、"本当に...しにたいほど申し訳なくてごめんなさい。本当に申し訳ありません。 毎日体が壊れて・・・泣いても..どのように私が差し上げた傷より。 成長できるだろうかです・・・本当にすみません・・・"とファンたちに重ねて謝罪の言葉を伝えた。

また、"ポータルサイトに記事表示されることがとてもいやなのに..それでも本当にすごく遅くなったが...すみません"だとし、昨年から推測性の確認されていない嘘ニュースが6千件以上殺到したのに対する心理的圧迫感と負担感を表現した。

続いて"先日、ファンクラブ代表と通話をしましたが、率直に申し上げました..また起きてみたいと。。。ところでです...また始めることができるのは私の意志と関係がないようです…"と復帰に対する意志をほのめかした。

また、"そのまま本当にすみません・・・多くの記事たちがとても私も初めて聞く話が多いが...それもまた。正すもできなかったんです。。。いつも皆さんに申し訳ない心です.....いつかは皆さんに直接お会いし...私の気持ちを伝えるその日が必ず来ることをほしいです..."と、絶えず嘘ニュースに一々対応しなかった点、そしてそこから派生する多くの誤解の悪質な書き込みに対し、事実ではないと主張したい本人の本音を婉曲に表現した。


続いて"結婚また皆様たちに予め話できなくてとてもすいません・・・謝罪すらできなかったのに申し上げにくいのでした。理解お願いします。毎日本当に一生懸命に耐えています...皆さんらも私のように持ちこたえられなくましたが・・・

本当に申し訳ありてありがとうございます。。。お必ずどうか皆さんに挨拶した日が来ることを祈ります...あの...一つ、応援してください.もう一度ごめんなさい..."とし、状況が状況であるだけに立場を明らかにする自信もなく、確認されていない推測の記事は殺到してこれによって体がダメになったという胸中を披瀝した。

これに恋人に頼って一日一日を持ちこたえている本人の心境を理由を問わず、申し訳ないというのにポイントを置いた謝罪文でファンに立場を伝えた。
続いて黄河やさんも、長文の訴え文を残した。


"一度でも立場を変えて考えてみた事がありますか 悪口を言ってかみ時に、そのかみちぎらは相手が自分自身や自分の家族愛する人たちなら、、、、、? いつまで大変に気だけ見て隠れて生きていくべきかㅠ"だとし、鳴りやまない悪性プロ不快感に向かって訴えた。

"私がすべて入って差し上げますので本当に一日一日やっと持ちこたえている人もうほっといてください"とし、パク・ユチョンを向けられた非難を終わらせてくれることをお願いした。

"本当にそんなに他人に傷つけて言葉で殺す人たち、自分にとっていつかは返ってきます... ただ、あまりにも死ぬほどつらいんだ大変な人はもう傷つけてくださいお願いします"と恋人の苦しい状況を近くで見守ってきた人としてお願いに手を重ねた。

また、"数多いデマらの記事化されたものそれが全部事実ですか? 内部事情は分からないですよね。それが事実のよう誤解を受けて生きればいいのか。 言うこともできなくて、我慢してばかりしなければならないのかわかりません"と虚偽の記事に対する誤解と彼に対する釈明したいもどかしさを打ち明けた。

私が望まなくて私たちも知らなかった記事も寝てたら突然、突然俘虜になったん、偽り内容でないものがとても多かったです"と虚偽の記事による疲労感をほのめかした。

さらに、パク・ユチョンを暗示し、"全身が本当に腐って行って...写真、見たことご存知のように全身が本当に全部かさぶたに膿みました"とし、悪質書き込み者らに重ねて悪質な書き込みをしないでほしいとお願いした。

また、カラオケで遊んで起こったことなので場所にケチをつけるような悪質書き込み者たちに"有名人が行けるところがあまりないじゃないです。 歌が歌いたい、今回にユチョンと初めて行ったのです。

正直に歩き回ればささやいて写真撮ってところで決めつけ、人傷つけて生きなくするのは本当にないようです"とし、これまで大変だった心境を語った。 さらに、"突然のことに傷つい関係の方に私が心から謝罪して一生施しながら買いますよ"とし、礼儀も忘れなかった。

20170730165114b0c.jpg

あるコミュニティに掲載された2017年6月当時、パク・ユチョン写真、ストレスによる免疫力の弱体化に生じる症状だという。

パク・ユチョンは、嫌疑なしと処理されており、誣告事件の被害者だった。 ところが、本人が謝罪文で明らかにしたように、自分も知らない確認されない記事に被害を受けたことを言及したが、恨むよりは婉曲な表現をし、終始、申し訳ないとだけした。

黄河やさんも確認されていない多くの記事に、あまりにもあきれており、この二人は被害者であるにもかかわらず謝罪に優先した心境文を明らかにし、黄河やさんは傷つける言葉を慎んでほしいとした。

このような謝罪文と呼訴文にもプロ不快感は 一方通行で、本人の主張だけを展開している。 これまで首都ない確認されない記事に誤解を買い、そこで多くの悪質なネットユーザーらは、派生された。

それで何をしても罪人であるというフレームにかぶせて、常時誹謗のための戦闘態勢を備えた彼を見ることができる。 事実、パク・ユチョン、キムがあの状況で謝罪文を出す必要もなかった。

パク・ユチョンは、ファンがライブで共にしたという考えに自然に感情がこみあげて表現するようになったはず、というのがファンの考えだ。 各して手紙を書くことになる状況も自信もなく、ポータルサイトに記事に対する恐怖もあったためだという。 その中、自然な状況で自然に心境が出たのだとファンらは解釈している。

ところがひねくれた視線でカラオケ場所一つだけに執着して真正性を論じながらプロ不快感は絶えず文句をとれずに気を揉んでいる。

パク・ユチョンカップルは手紙を書くにカラオケに行ったことがない。 その場所で行われたことだったし瞬間的なことだったし、瞬間的に自然に表出された感情だった。 夜だったし、感受性が充満した時間だから簡単に表出になったようだというのがファンの意見だ。 また、'…'表現が多いということは感情を抑えた表現だ。 さらに、カラオケは彼らだけのプライバシーが保障された空間とは場所に対する指摘は無知な考えと言える。

また、ただ申し訳ないと続けざまに謝罪する人に事件1年が渡るように謝罪だけしろと強要するのは望ましくない。 パク・ユチョンも厳然と誣告罪と虚偽の記事の被害者だ。 芸能人も人権がある。 謝罪をしながら同時に切に頼み、訴えを言っても、なんきっかけはないかハイエナのように飛びかかり、自分がしたい音にだけする姿、加害者がさらに大きな声を上げる状況、被害者が加害者に顔色を伺っている状況.....とても皮肉する。

昨年警察に出頭した時も何も言わずに迷惑をかけて申し訳ないしており、昨年の3月、売春まで不起訴処分に起こった時もファンに深く感謝を申し上げると反省して振り返ってみるという立場を明らかにした。

真正性という伝達しようとする言葉で本人がどれほど強調を置いて謝罪に重きを置くかにあるんじゃないかな?

'パクユチョン公式の謝罪文発表'と大げさに所属会社を通じて公文書発表するようにすれば真性性なのかな。
本人は殺到した虚偽の記事についてオクプルハムともどかしさが話をしなかっただろう。

ところがそれを抑え、申し訳ないという言葉ばかり繰り返している。 これが真正性がなく、何か。 いざ文の意味よりは場所など、小枝に気にする様子が昨年事件で、虚偽と少女たち、一方的な主張で事件の本質よりも刺激的な扇情的記事にだけ執着する姿とオーバーラップする。

黄色のマスコミ、つまり犯罪の有無と関係がないといった扇情的な刺激的な記事に競争するように不要で過度に集中する悪性報道それだ。 さらに、'カラオケ'にだけ執着する姿で'化粧室'一つにだけ執着する姿が連想されることもある。


事件が起きた昨年から今まで、悪性報道者らが昨年の事件を口実に、得意になって議論に論争の種を絶え間なく創造していく形だ。

状況が状況であるだけに、論争の種だとし、えさを投げてくれば、容易にえさに釣れということを知っているからだ。 あたかも被害者が仕事をしきりに繰り広げているように追い込んでいく。

何一つけちをつけることはないか、飢えた獅子のようにえさを回りながら行動するが、強迫症患者のように食い下がっている。 また彼らは、関連の告訴を受けたから口実を提供したのだから、いくらでもまな板の上に置いて気が済むまでちょうど騒いでもなるという論理だ。

本人たちの過ちは認めず有名人という理由だけで終始一貫して非難を受けなければならないという法はどの国にもない。

事実、結婚も、悪性報道のために恋人に頼るようになってきっかけとなったのであり今回の謝罪文も休まず次々と打ち出している悪性報道のために今勇気を出せなかったのが事実だ。

つまりプロ不快感がそうさせておいて、なぜそうㅆニャミョ問い返している格好だ。 昨年の事件がきっと嘘であることが分かったことにも過去にとどまって偽りの事件を突きつけ、そのまますべての他のものまでも罪に合致される両追い込まれる。 一連のこのような行動は、本人たちの他人に対する理解力不足と何をしても非難したいという歪んだ感情としか見えない。

ファンもないのにファンの立場まで代弁して今回の謝罪さえも満足できないという悪性プロ不快感。、傷を与えた者たちが、傷を受けたのか曖昧な人たちが傷による謝罪を受けると声を上げている。

本人の小さな傷にはとても騒ぎ、脅しをかけながら残った全身が腐って行って一日一日を持ちこたえ、目に見える被害が明確であるにもかかわらず、それは当たり前で何もないという論理だ。 何がもっと優先順位も何がもっと重要な事案なのか分からないように主客が転倒した感じだ。

生死を行き来しながらとても大変に持ちこたえている人に謝罪文を書いても形式や場所にまで文句をつけており、議論を作るほど重要なことなのだろうか。 形式や場所も答えが決まったことがない。

謝罪文を使っていたその場その状況その現場に本人たちが直接いたのか パク・ユチョンがカラオケという場所にいたらなんの屈託ものないで、いつまでも得意な人がなるのか。

パク・ユチョン頭の中を入ってみたか?
パク・ユチョンの現在の状態は本人の体の状態でも表現してくれている。

ところでプロ不快感は無駄なところに執着する。 恋愛と結婚は重度のがん末期患者たちにも例外ではないのに言葉だ。 彼らも、他のカップルのようにカップルたちの必須コースのカラオケに行っている。 これに謝罪文も文句をつけるのはそのままクリック数に血眼になって論議の的にすることでしか解釈されていない。

一度非難誘導記事へと話題にすれば、お前も私も黄色のマスコミが先を争って事実確認やその状況に対する理解は無視して意味のないコピー水準の記事を掲載したり汲々としている。
本人たちが直接取材せず、その状況にあるていないにもかかわらず同じ記事、限りなく繰り返すが彼らがいう真正性か? そうして彼らになろうと真正性を宣言しているからアイロニーだ。

真正性とは人の心を読めるということだ。 それが動物と人の違いだ。 ところでプロ不快感は自分の話ばかりして相手の話は全く耳を傾けていともしない。

まるで加害者が誤って許してほしいと、一方的に祈って学校暴力に被害を受けた父兄が謝罪をまともに受けて出すべきだと簡単に心を開かないような状況であるかのように勘違いをするようだ。

虚偽の告訴と偽のニュースの被害を受けて今も依然として進行中の人に自粛を論じる。 本人たちの罪については限りなく寛大で他人の過ち(?)については、絶対容認しない。

パク・ユチョンは、ファンに向かって手紙を書いた。 そしてファンに返事をした。 しかし、悪質な書き込みだけ引き伸ばしてきて、大衆とファンがいずれも非難をするように答えを一つに決めて扇動するのは魔女狩りに過ぎないと考えている。
それは暴力に過ぎない。 是々非々を問うとし、いざ本人たちが暴力を行使するとすれば、どんな真正性があるだろうか?

偽りの報道と虚偽捏造、悪質な書き込みに対する本人の謝罪から優先されなければならない。

本人たちは被害者もない。 しかし、パク・ユチョンは、直接的な被害者だ。

、謝罪と真正性はだれの役目なのか問いたい。 被害者が謝罪文を残したら見たいた通りにさえ見て信じたいた通りにさえ見てないでその人の現在状態、状況、事件との蓋然性などを考慮してその心を数えること自体が真正性がないだろうか。

パク・ユチョンが理解してほしいと言わなかったのか。

ファンがないと理解をできないわけではないが、本人たちがファンでもないことに理解をできず、ファンの立場をむやみに代弁するんじゃないだろうか。

本人も死ぬほど申し訳ない話し、本人が受けた傷よりは大きくないと無条件に曲げて入るのにも、本人たちが被害でもボンニャン容認しがたい行動で運転して復帰に妨害する行動は没常識な行動としか見えない。 被害者が復帰を心配しなければならない状況を作っている。

人の話に耳を傾けるのではなく、目と耳を塞ぎ、一方的に騒ぐのは真正性とはかけ離れた行動だ。

このような事件では偽物が勝つと言っていなかった。
もともと悪性者は真実とは距離が遠く、悪性因子であるほど大騒ぎするからだ。
沈黙して静かに応援して理解する人たちは無視されるのが現実だ。
見えるのが全てではないのに言葉だ。

パク・ユチョンがSNSに心境文を残してから1日もならなかったため、
それを向けたファンの応援とメッセージが相次いだ。
(以下省略)
自動翻訳機使用


出処元←クリックしてね



ユチョンの身体がこんなになるまで痛んでいたなんて
知らなかった

心だけでなく、身体が壊れるまで痛んでいたのに

本当に酷い報道機関と中傷を書き込む人がいる


私たちはいつまでも
ユチョンのそばにいて応援を続ける‼️

彼が復帰する日まで
待っている🌻🌻🌻

後、少し
ユチョン❗️


少しずつ身体と心を癒して
私たちの元に戻って来てね〜〜💖


待ってるから〜‼️💖💖💖‼️🌻🌻🌻‼️

約束したものね〜〜‼️

유천아 사랑해🌻




この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR