FC2ブログ

ユチョンニュース②


"着実に開始すること"

…パク・ユチョン、

涙の誕生日ファンミーティング

→本格的な活動再開

記事入力2018.06.04午後10:55

20180605131859409.jpeg

201806051319011df.jpeg


俳優兼歌手パク・ユチョンが涙に有り難さとすまなさを示した。 今後活発な活動を約束した。

4日午後8時、ソウル広場洞イエス24ライブホールでパク・ユチョンの誕生日ファンミーティングが開かれた。

まず、パク・ユチョンは、映像手紙で心を代わりにした。 パク・ユチョンは、"そのうちに良い思い出が多かったが、それをかみしめながら微笑んでいる私を発見した。

私がこんな愛を受ける資格があるのか、考えさせてありがたく、すまない心の繰り返しだった。 無条件の愛を受けて幸せだ。 大変な瞬間に皆さんのおかげで、耐えることができた"と明らかにした。

さらに、"その間、心配しましたでしょう。 すみません"と付け加え、様々な事件と話題に取り上げられたことについて謝罪したりもした。

パク・ユチョンは、過去の東方神起として活動した時代に発表した'天気雨'と昨年の2016年に発表したソロ・アルバム収録曲'巻かない心'を熱唱し、舞台に上がった。 この時、パク・ユチョンは、感情がこみ上げたように涙を流した。

パク・ユチョンは、"以前のように胸いっぱいの緊張感はない。 心配になった"、久しぶりに国内で公式行事を進行する感想を打ち明けた。 ファンたちは固くなっているパク・ユチョンを向けて熱い歓声と拍手を送った。



また、"もともと演技をしたり、舞台に上がる前は食事をしない。 消化がうまくできないためだ。 さらに、今日も朝に食べたシリアルをすべて吐き戻した"と言って同日、ファンミーティングを控えて緊張したことを知らせた。



関連記事

2018060513190806c.jpeg


同日、パク・ユチョンは、過去の自分の映像を見ながら思い出を召喚する時間を持った。 彼は"しばらく前、映画'ヘム'を再び見たけど、惜しい点が多かった。

今は感情の幅が広くなって違うように見えることがあった。 もう上の欲はないが、再び、かつてのような日が来てほしい。 これで着々と進みたい"、今後、俳優活動に対する欲心を現わした。

特に"実は、かつてファンの愛を当然のことと考える時があった。 傲慢になったこともある。 それが一番胸の痛い。 これは最大限のファンを友達のようについている。 待ってくれて感謝する"と告白した。

パク・ユチョンは、ファンたちの要請により、東方神起'MIROTIC'(オーダリング)、'THE WAY YOU ARE'ダンスを披露しながら、思い出に陥りもした。 彼は"ダンス曲をしたいことはある。 しかし、今は時がない"と話し、ファンらに次を約束した。

また、パク・ユチョンは、直接作った新曲をファンの前で直接聞かせた。 自分の心境を代弁した曲だった。 パク・ユチョンは、"ややもすればこのような場(ファンミーティング)がないかもしれた。

しかし、今はいい話しか聞かない。 ファンの皆さんに渡しの忠告が私のためということを知っている。 皆さんは私が再び息を休むことができるように生命を吹き込んだと言っても過言ではない"とし、改めて感謝することを強調した。


20180605131910176.jpeg



最後にパク・ユチョンは、ファンに"よく見てほしい"とし、活発な活動に対する風を示した。 ファンも久しぶりに勇気を出したパク・ユチョンに応援と歓声で応えた。

一方、昨年8月召集解除されたパク・ユチョンは、最近、中国、日本などで慎重に活動を開始した。 パク・ユチョンは、今回のファンミーティングを皮切りに、国内活動も少しずつ再開する見通しだ。

won@xportsnews.com/写真=JYJ、フェイスブック、エックススポーツニュースDB



-Copyrightsⓒのエックススポーツニュース(http://www.xportsnews.com)

元記事へ

(翻訳機使用、少し編集)

韓国でも好意的な記事が上がって来ていますね

このまま良い方向に進んで欲しいものです。

※画像はお借りしていますね



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/1764-85d6db51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)