FC2ブログ

事件のすり替え❗️

201904172257547f6.jpeg


ファン·ハナ事件も

パク·ユチョン事件に変質するか



2019.04.19


ケー·ホン·グムピョ記者

朴ユチョンが麻薬をやったかに対する真実攻防が真っ最中だ。

そして,ファン·ハナ事件

そのものに対する関心がなくなり,

ファン·ハナ事件の核心が

"朴ユチョン攻防"に変わる。

バーニングサン事態以後,

スンリと芸能人が浮上し,

"バーニングサン事態"の核心が

スンリ攻防に変わったのと

同じ構図になったの
だ。


バーニング・サンとの連結の輪も明らかにしなければならない。 黄氏が、バーニング・森MDのチョ某さんの知り合いであるだけでなく、

2015年に

ファン氏とともに麻薬をした


という女性たちは、

バーニング・サンこの某共同代表と密接な関係であることが報道された。 彼らが麻薬で編まれたのか,もしそうだとすれば,また別のバーニング·サンVIPが結びついた可能性も明らかにしなければならない。

(中略)

ファン氏と警察,検察の癒着疑惑についても当然明らかにしなければならない。

2015年にファン氏が調査も受けず、

嫌疑なしとなったのは、

あまりにも荒唐無稽だ。



2015年当時、ファン氏が女子大生のチョ氏に"節約して、したくない。 今日1gずつライオン"、"釜山(プサン)お兄さんに言ってすぐ受ける"と麻薬購入について述べたメッセージが公開された。

ここで30回の投薬が可能な1グラムをライオンは言葉では常習投薬を疑うことができて、'


(中略)

これまで述べたように,このように

明らかにしなければならない事案が多く,

警察の捜査過程にも

大きな関心を傾けて

監視しなければならない事件だ。

ところが,

このすべての問題が

"朴裕天の津波"に押されているのだ。


スンリ、鄭�ラ永(チョン·ジュンヨン),

津波がバーニングサンVIP逸脱と

公権力癒着問題を押し出したように。

パク·ユチョン疑惑ももちろん重要だが,

ファン·ハナ事件の核心も逃してはならない

文/河在根(ハ·ジェグン)文化評論家


元記事へ→クリックしてね



かの国の闇の癒着問題が

よくわかる構図です

まるで、ドラマみたいな話が

現実の世界で起きている


そこにユチョンが巻き込まれたのが二度目‼️

腹立たしい❗️






そして、

昨日の悲惨な池袋の交通事故❗️

高齢の運転者の名前だけが出ないと思っていたら

次は「さん」付けだった

なぜ?⁉️

今まで交通事故で被疑者が

名前が出なかったことはないのに

おかしいと思っていたら

肩書きがすごかった

日本でも「忖度❓」あるね‼️

意図的な報道⁉️かな?



信じてみているこちらが

馬鹿馬鹿しいのだけれど




本当に

我が身の近くに起きてみないと

分からないけど

ユチョンが

ファンハナにはめられたのが

悲しい‼️し

悔しい‼️

早く、検査結果が出て欲しい!



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/2026-0fcc0a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)