FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

20190510231903e60.jpeg

パクユチョンが嘘の自白をした理由③

60.ムルポン被害者が多いが、
※ 물뽕 - ムルポン
(GHB、欧米ではデートレイプドラッグと呼ばれ、一種の媚薬、違法ドラッグ)
(”水”と”필로폰”の造語「ちなみに필로폰は覚せい剤"각성제"の意味で一般化」)

彼らも、検査をすれば、
陽性出るので全部自分の意志で食べた、麻薬犯でしょうね?

しかし警察は,濡れ衣を着せられた人々の事例は排除し,
悔しいという人を追い込んで拘束までさせます。

"主犯に供給者と決め付け,刑は高いと脅しながら追い込んでいます。
こんな場合なら,
自暴自棄で偽りの自白でもするしかない状況になります。

61.ファンハナは2015年度にも他人に罪を着せて一人だけ出ました。
ところで一世一代で最悪の窮地に追い込まれ,

刑務所行きになったファン·ハナが,今回の事件の時は,
ただ見ているだけでしょうか。

62.ファンハナに麻薬に濡れ衣被害を被った被害者たちが

同じ手口でやられたと
インスタ暴露アカウントに情報提供してきています。

こんなのに彼らは本物で朴ユチョンだけ偽物でしょうか

いつもファンハナパターンは一貫して
反復的だということが分かります。

63.ファンハナがパク・ユチョンにそんなに脅迫したとします。

"裸の写真をばらまく"から"自殺脅迫"まで···


あんな脅迫をただパク·ユチョンだけにやられたのではないそうです。

脅迫するだけでなく
脅迫してお金まで騙し取ったそうです。

それも取り替えたと本人が自慢して通います。
犯罪が日常で犯罪を自ら
騒ぎ立てる人間が
朴ユチョンに犯罪をかぶせるのが大数でしょうか。

64.ギャグメン イサンヘ氏も麻薬をしていないことにも
うその自白をしたことがある"と述べた。

相手の麻薬事犯が刑を減らそうと,
あれほど切なく頼んだという。

このように麻薬事犯は共犯を作って
"他人髪の毛"をつかもうと必死だというのだ。
ですから,
他の人を髪の毛で拾うのは事もないだろう。


66.別れたファンハナが
パク・ユチョンの家に突然訪れたとします。
ファンハナが訪ねてこなかったら
麻薬事件に関わることもなかったでしょう。

その後,ファン·ハナはパク·ユチョンがいない時も
パク·ユチョンの家に立ち寄って一人で遊ぶ写真や,
友達と肉パーティーなどをする写真を
インスタに載せ,出します。

そして,裸体写真をばらまくと脅迫も続きました。

このような朴ユチョンの家で,
汁物料理をして食べている途中,

ヒロポンを投薬したかどうか,
足の毛を抜いて麻薬の成分が埋められたまま,
車に投げ捨てたかもしれません。


このようにファン·ハナがパク·ユチョンの家を
ばたばた歩き回ったにもかかわらず,

パク·ユチョンが
ファン·ハナ家だけが出入りしていたように
記事化したのは
見つけた麻薬物品はパク·ユチョンの家ではなかった。

ファンハナの家にだけあったからです。

品物が朴ユチョンのものではないので,
ファンハナの家に持ってきてくれたのは当然で,

こんなお願い事でない限り,

ユチョンが別に

ファンハナに会う意思はなかった

と思われます。

67.パク・ユチョンが偽りの記者会見を開いて
小細工をした人だったら

すでに2016年の事件で
数十回ものオンプルとも残ったでしょう

(*オンプルの意味は、マスコミプレー)←かめの注釈

毎日マスコミ各位
'偽記事',
'悪性記事'で議論を巻き起こし,

狂ったように矢継ぎ早に打ち出したが,
その時は強力犯がすべてでした。

"虚偽·告訴女ら,
誣告·証拠があふれ出たのだから,
オンプルをするにはいくらでもありました。

パク・ユチョンが1次女を
先に警察に通報したことが明らかにされ、
1次女が
用足しにトイレに行ったパク・ユチョン、
その後を追って
先にズボンの脱がされて
飛びかかっていたことが
明るみになったにもかかわらず
オンプル一つもしませんでした。

1次女が、単に性的暴行ないので、

実刑を受けたのではなく、

罪質は非常に悪くて実刑を受けた
のです

2次女が知人に性的暴行ないと認めた
通話記録を検察が入手したが、

このために刑務所行き
嘘八百の偽りの屏風の記者会見を開き、

パク・ユチョン、性的暴行を集めオンプル時も
絶対に強力部のこのすべてでした

(2次女弁護士イウンウィは依頼人救出のため
相手加害者に人格殺人攻撃し、
オンプルし常習犯で有名です。
依頼人と示し合わせて偽証を出したことがばれて,
依頼人が偽証教師罪で処罰されたことがあります。
"李啓徳(イ·ゲドク)元記者(元記者)が李銀義(イ·ウンウィ)を
弁護士違反法で告発までしたでしょうか。

イ·ウンウィがパク·ユチョン 誣告して通ってたので
パク·ユチョンがまた自殺しようとしたんです)

前回の事件は敏感な事案で
女性が弱者である事件だったし,
またその時は朴ユチョンが
罪を被る状況ではなかったが,
今回は朴ユチョンが刑を受けることになる状況なので,
また違うんですね。

68.ファンハナが本人携帯テレグラム麻薬取引ばれるや

"パク・ユチョンがしました"と
(罪を)着せていることを見ても

一人で抜け出そうと
強引に押し付けることが分かるにもかかわらず,
警察"荒野無稽な供述に信憑性がある"と
愚痴をこぼした盲目的な肩書きで,
パク·ユチョンを駆り立てるの
片手落ち捜査だけを見ても,
この事件がどれほど釈然としないかがわかります。

69.ファンハナが、
警察からの呼び出しに逃走したにもかかわらず、


*(→精神病院の重病病棟に入院していたが、
退院した人に通報された)かめの注釈

警察"ファンハナが捜査に協力的だ
そよそよと嘘吹く"、
盲目的な盾をつけます。

70.警察は
ファンハナが日付の場所を正確に覚えていると
言いながら

ファンハナを絶対に庇うが,答えを決めた捜査です。

麻薬を勧めてしたという女性が
日付を正確に覚えていますか。

計画的に意図し,
広げたことなので,
それを証拠として
警察に情報提供し,
独りで逃げようとする手口で推測できます。

71.情報提供者"ファンハナは麻薬だけしたのではなく、
麻薬に人は馬鹿作って人の人生をめちゃくちゃにしました"

←そのまま誘われてしたらどうもないでしょう。

パク·ユチョン

"どうしてヒロポンが私の体に入ったのかわからない

"米国へ性交渉したり交流したりすれば,
麻薬が移されるか依頼までしたほどです。

私は頼まれてやったことしかありません"

という言葉と関連がある
んです。

しかし,犬の豚たちは,朴ユチョンの主張をおかしく受け入れます。

パク·ユチョンは馬鹿ではないのに,
濡れ衣を着せれば可能な状況です。

そして犬の豚たちは頭が悪くて
いちいち説明してくれないんです。

"人を馬鹿にする"という情報提供者の陳述を
そのままその断面だけ見ることができるから
関連付けて全然考えられません。

72.ファンハナ知人いたが、大喧嘩して駄目になった

パワーブロガー"タルペ"が
ファン·ハナは知人たちに名誉毀損

たくさん告訴されたと暴露したことがあります。
それだけ口をすべらすという音です。

薬が切れたんですから,
勧めでして,無理やりして,
パクユチョンを供給者にするのも
この延長線だと思います。

73.、今年初め2月頃に
ファンハナに被災したという多くの被害者たちが

インスタ暴露アカウントを通じて
公開謝罪を要求したことがあります。

公開謝罪をすれば
容赦をしてくれてそうでなければ
刑務所に行くという内容でした。

暴露した情報提供者は
全員ファンか知人でした.

ところで
全部敵に回りました。

なぜ芸能人でもないのに
そんなに敵が多かったのか理解が簡単です。


74.ファンハナは
悪質な書き込みをけしかけ、
復讐劇戦績があります

今回江南パッチで

公開されたカカオトークも
パクユチョンに復讐するという内容です。


●復讐劇が趣味か

(罪)被せるのは事もないことです。

このようにファン·ハナは

同じパターン犯行を反復してきたこと
が分かります。

75.パク・ユチョンが狂ってない人の弱点握り、
脅しを日常である人と一緒に麻薬をしますか.

弱点を握られる事をしないでしょう。
どこに飛ぶかわからない時限爆弾と
狂ったからといって麻薬を飲みますか。

ファンハナが長いヒロポン中毒者で主犯の供給者という
証拠はあまりにも多く、

ファンハナの話にならない荒唐無稽で
変な供述も多く、

ファンハナとバーニング・サンのつながりも多く、

ファンハナが過去にも(罪)着せて
一人だけ出てきた戦績がいて、

明るみに出た嘘も多い状況でも、
警察はファンハナを売っていず、

ファンハナ疑心も全くない、
まるでファンハナの言葉が絶対法のよう

ファンハナの言葉だけを聞き、
パク・ユチョンを激しく責め立てます。

ファン·ハナの状態と戦跡を見ると,
パク·ユチョンが悔しいという主張が
おかしいわけでもないのに,

パク·ユチョンが最後まで
潔白を主張することはありましたか。

麻薬をしなかった証拠を探そうとする試みどころか

,黙殺して無条件に麻薬犯に追い込むのです。

だから自白して
警察署で大きな声で
泣いたのではないでしょうか。

76.警察が刑、長いよねと
脅してmbc訴訟かけたと

mbcは

パクユチョン最大15年の刑を受けるよねと

露骨に与えたふりをして

でたらめな声で追い込む
が、

うその自白でもしないで耐えられるか

あんなに朴ユチョンを駆って行くこと自体が
今度の事件は釈然としない


77.、麻薬をしたなら、
本人の過ちなのに、

自分の過ちについて罪の対価とすると
あまり悔しくないだろう

しかし,朴ユチョンは親戚の前で
壁の上に頭をぶつけ,

家族と所属事務所の前で会見文を書いて,

"私が死ななければ,潔白は認めてくれないのか"と


言って泣き,

警察署で自白した日,

大きな声で

"すすり泣きして悔しい
"と

胸を撫で下ろしている様子がありありだ。

男が悔しいからと言って,

あんなにまで泣くのは本当に悔しい上,

自分を罪人に追い立てる証拠と

"ファン·ハナ""言葉が証拠"と
責め立てるときに,

本人の潔白の主張が通じるのが難しく,
もどかしい時はあの方法しかないだろう。

少なくとも,
朴裕千の要求どおり,
正当な手続きどおり
"公平に"捜査をしたのかもわからない。

(罪を)被されたのも
悔しいのに,
その被された事を訴え最小限の試みも
黙殺されるのだから,
本人はもっと悔しいだろう。

2016年の事件以降にマスコミ ゴミ記者の
人格を殺害、めった切りを
麻薬なく、体で粘った本人が
悔しいと思うかも知れない、

むしろこうなると分かった麻薬をして
苦痛を減らしたのにと
後悔も入るかも知れない

心配なのはパク·ユチョンが
今回の麻薬偽物を手にし,
苦しみから本当に麻薬をすることにならないか怖い。


78.そのまま共犯として嘘をつくのも、
裏切り者だが、
パク・ユチョンを主犯供給者に

薬をやめていたが、
勧誘でした、 無理やりした"と
露骨に嘘を平気で言う。

他のことはさておいて,
骨髄までヒロポン中毒者が

無理やりするというのは

厚かましい嘘だ


あえて、うそをついているが,
敢えて比較してみることもないのだ。

露骨に(罪を)かぶせようとするのが見える
パク·ユチョンが悔しがっているのが
全然おかしくない 」





*は、かめの勝手な注釈です
分かりやすくするためにつけました

*今回はここまで

色々、韓国語の勉強になります
普段使わないヒロポン中毒
ゴミ記者、ヒロポン中毒者、マスコミプレーなど、、、

意外に、辞書で調べても出てこなくても
ネットで韓国語を検索したら
出てきたりします

今回の事件について
用語解説をしているところまであります



それにしても刑期が長くなる😨
自白しないと15年なんて言われると
それは、自白に傾くのは仕方ないですね〜

とりあえず、
取調室を出てからの戦いをしないといけないですね

取調室の中では、
嘘の情報に振り回されていたようです

新しい弁護士は
取調室には
入らないのでしょうか?

ユチョンの健康を祈るばかりです

無事に、出てきてほしいです


201905020726412ff.jpeg


この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR