FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

20190510231903e60.jpeg


パクユチョン、嘘の自白をした理由④

79.ファンハナ、江南パッチの録取録

"心臓を賭けてチョコの子犬をかけ,
母にかけて麻薬を絶対やらなかった"と
露骨に嘘をつく。

◆笑わせるのは,

他では露骨に"麻薬犯"と騒いで,
騙されるべきところでは絶対否認する。

これだから、
ファンハナ10年に、

知人の言葉のように
パク・ユチョンがファンハナの麻薬を知らなかった以上
することもない

あんなに大っぴらに嘘をついて,
大っぴらに嘘をつくのはおかしいし,

嘘をついた証拠も漏らしていた女が,
麻薬を強制的にしたと
露骨に荒唐無稽に言うのはおかしい。

80.ヒロポン中毒者が嘘つきでも

すでに明らかになったファンハナの言葉は信じてくれて、

パク・ユチョン、言葉は絶対信じてくれない警


ファンハナ"今年初め2~3月には、
麻薬3回しかしませんでした
パク·ユチョンが投薬したのを見守ってました。



警察

"ファンハナが強く否定したので

3回だけ投薬したことで検察に渡します"


←、麻薬中毒者のファンハナの言葉は堅く信じている警察。

朴ユチョンが強く否定すれば"不敬罪"

ファン·ハナが否定すれば,捜査終了




81.情報提供者
"ファンハナは麻薬をとても好きでした。

クラブなど住居と"ハウスパーティー"を開き,

初犯にヒロポンを食べさせました。

82.国科捜の標準試験法していない
https://m.dcinside.com/board/pyc/446213


83.パク・ユチョンの唇に唾塗ること

以前から
朴ユチョンの癖でファンに知られた事実。
youtubeをみればわかる.

麻薬結果をもって合わせるというのは
本人がヤブ医者であることを認めるようなものだ

84.パク・ユチョンが眉を落としたか。

もともとは眉毛は半分だ


85.警察大学教授が記者会見は本物だとしていた。

●麻薬の結果が出る前に評価は、本当ではない




86.2017年のパク・ユチョン、足がメスバグだと?

"メスバーグ"と追い込み,
笑いを誘うのは本気でなく,
悪玉は悪魔!

メスバーグは爪で掻いた傷で,

朴ユチョンは息が出来ないほど

生死に関わる残酷な苦痛による

残酷なストレスによる皮膚病だ。



大衆は2016年のパク・ユチョン事件を
リアルタイムで鑑賞した。

2017年まで息もできない位

パク・ユチョン、事件関連の
虚偽の記事悪性記事が狂ったように殺到して

少なくないネットユーザーらは,
"朴ユチョンを引裂き,ばらばらに切り裂き,
人格殺人、めった斬りをした"と憤慨した。

人間は手に負えないひどい乱暴を働いた

パク·ユチョンが生きているのが

奇跡だとまで言った。


ところが,マスコミ各紙は
"まるで何も知らない"と言わんばかりに
朴ユチョンの足を麻薬と関連付ける。

マスコミ ゴミ記者らは2016年の事件

この後に議論に議論を作って、
毎日のポータル記事
メインに浮かべて魔女狩り扇動いけ、
まぐまぐかむ癖があった。

それで朴ユチョンは

自殺しようとしたが
,

生き残りをかけて
悪いのを見ないまま
ファンハナだけ見たので

ファンハナと急速に近くなり,
朴ユチョンは命が助かって
話題の転換をしようと

"本当に生きるために"
結婚で身を隠そうとしている。

しかし,マスコミ各紙は絶えず

"朴裕天のコピー"を毎日,大騒ぎした。

この中に2017年5月15日に

(2次女公判前日)、
smにしてjyjパク・ユチョンアンチとして
活動中のディスパッチが
2次女裁判に影響を与えようと言ったか

パク·ユチョンが
ファンのプレゼントを捨てるよう命じたという

'”ドク”のサイトで広められた映像捏造+口形
の小説を事実確認もせず単独報道し,

その後はコピーを取る記事が殺到し,
パク·ユチョンを魔女狩りで
やたらに人格を殺した。

(今回の朴裕天の脚,
メスバーグの説も”ドク”から出た。

“ドク”は社会から取り残された
"·イルベ悪質サイト"だ

ところで,
マスコミ ゴミ記者は
朴ユチョンの担当でもないのに,

方々の専門家もどきたちが
麻薬と断定することを
何の事実も確認せずに

そのままコピーを貼って,広げていく。

風邪を引いて直接医師と対面しても,
その原因が分からないのが病気だが,

マスコミの"ゴミ記者"悪質コメントは,
写真だけを見て診断してしまう。

大きい病院とか行っても
どんな病院では癌とか
どんな病院では癌じゃなくって
直接会っても
医者が病名を知らないのが普通だけど

極度のストレスで
全身ともに腐った珍しい事例を,
方々の専門家もどきたちはどうしてだろう。

もっとサイトが問題サイトだったら

管理者も

その深刻さを悟り,

一昨日暫定閉鎖の決定を下した。


確認できないデマまき,
片方だけ聞いて追いかけ,
狂い,極度の非難などを
スポーツみたいに楽しむ"とし

,"いくら自制させようと努力したが,
改善の余地が見えない"と幻滅を感じ,

暫定閉鎖を知らせた。

とにかく5月15日、ディスパッチ記事以降、
狂ったようにめった切りに記事が殺到した後

6月初めくらいにパク・ユチョン、
サセンが江南区役所の近くで撮った写真を見たら
足が完全に腐っていた。

当時,朴裕天事件を共にし,

メディアへの"ゴミ記者"記事などを注視し,

一緒に接してきた人々は,

ストレスが結局起きて,

全身が腐ってしまったことに,

自然と共感することができた。



●ファンはもう朴ユチョンが
ぞっとするようなマスコミ叩きに
全身が腐っているのを知っていた.

ところが

これが急に麻薬に化けるなんてあきれたことだ

人間はストレスを受けると全身が腐ってしまうことがある
しかし,
朴ユチョンのように
あんなに残忍な人格殺害の難易度を
長く受けた人がほとんどいないようなので,
あのような症状を見て
メスバーグと関連付けるのだ。

その後,
ファン·ハナがインスタとして引き続き
議論されると,

"悪質コメントが噛み付き,
ストレスでパク·ユチョンが体中が腐った"と
吐くような言葉で恨んだ。

その年の秋ごろ,
パク·ユチョンがインスタの手紙で
"嘘の記事,いちいち訂正できなかった"と
遠まわしに言った

"ポータル記事が怖い"と言い,
今回も弟に"マスコミが怖い"と言う。

しかし,朴ユチョンが強調する言葉は聞き流す。

虚構で聞く
本人たちが偽記事,悪性記事など出したことへの
反省はまったくない。

知人たちがパク·ユチョンをかみちぎって
それでできた傷を
パク・ユチョン、間違いだと2次的加害する。

自分が鳥の羽の毛を全部抜いてしまって
なぜ鶏の毛が全部抜かれたのかと,

麻薬のせいだと決め付けるのだ。

パク・ユチョンが
すでに2017年に麻薬中毒者ならファンハナと
よりによって麻薬中毒者同士が出会ったわけではないか。

ところが,

朴ユチョンは麻薬目撃者や通報者が一人もいない

その時,ファン·ハナと一緒にしても話にならないことが
真摯に
結婚する間に麻薬を勧め,

最後のカップルを自ら買って出るというのは話にならない。

パク·ユチョンは新しいスタートを切望し,
結婚を選んだ。

自殺をしようとしたが"
うまくいくはずよ,うまくいくだろう"
という思いで耐えたという。


パク·ユチョンは、酷な人格殺人,

めった斬りに苦しまれたのは
彼が書いた"茨の薮"という歌にもそのまま聞こえてくる。

歌に悲惨な苦しみをそのまま込めた。
とても率直な気持ちなので残念だ。

歌が歌というよりは
残酷な苦痛の吟味は重い詩のようだ。

朴ユチョンが麻薬に頼っていたら,
そのような体にならなかっただろう。
体ですべて取り出してそんなに腐ったのだ

毎日毎日,家族に会えなくて一人で部屋に行って
あんなに大泣きしたという..
あまり泣いたそうだ

でも共感できない犬の豚は
パクユチョンの召集解除の時

顔が腫れたとか光が出ないとか
正気になってる犬の声ばかり言っていた
本人たちが,休まずに噛み砕いていながら,
朴ユチョンの顔から狂いが出るのを願うのだ。

今も状況は同じだ。
朴ユチョンはストレスで眠れないのに,
うつ病の治療まで受けていたが,
目に生気がないといって,
麻薬に追い込んでいる。

メスバーグ症状も爪で全身を掻いてできた傷だ。
ところで
朴ユチョンは皮膚が陥没するか
目立った症状だ。

パク·ユチョンの手の皮膚病も
爪で掻いたメスバーグとは違う。


また,

メスバーグ患者は,

"顔も崩れ,爪の傷があるが,

朴ユチョンはきれいだ



ところが、パクユチョンを
証拠なしに追い立てるのがひどい

しないことをしたと責めるのは
とても悔しいことだ。

事実確認された事実だけをよく突き詰めても,
本人は大変つらいことだろうに,

事実確認なしに追い詰めることは
残忍な悪魔と区別がつかない。

私も皮膚病で病院に行った時,
医者が病名知らないと言った

まず,薬を飲んで経過してみよう,
という一般的な病院診断の風景だ。
病院に行くたびに医者も名前を知らないという

でも朴ユチョンは自分で診断もしないし,
メスバーグって知ってんの?

そして私も皮膚病で苦しんだ時に
手で掻いたからメスバーグか。

洗わない皮膚病もあるかな。

"非常にメスバーグとつながろうとあがく。

"ファン·ハナ"の言葉ですでに
メスバーグにかかるべき麻薬中毒者だ。

麻薬中毒者は
目が不思議だったり行動がおかしいとか

何かこのような異常行動が
第3者目に見せるものだが、

パク·ユチョンは,
"そんなものはない"
,

"メスバーグになるほど中毒だったら,
もうそういうことがなければならない。

大麻を吸ったトップについて,
グァンヒが"目がおかしい"と指摘したことがある。


パク·ユチョンがヒロポン中毒者だったなら,
もう何か変な感じが出るだろう

パク·ユチョンと同じ時期に
ひどい目にあったキム·ヒョンジュンも
ひどい皮膚病にかかった。


明けても暮れても、二人が縛りつけられる日数だった。

二人とも実際に
自殺しようとしていたキム・ヒョンジュンが
パク・ユチョンより深刻ではないが、

とにかく二人ともひどい皮膚病だから
二人ともメスバグということか?

●加害者たちが朴ユチョンの体に犯罪を犯して

本人たちが行った犯罪ということを
まったく知らないほど
共感する能力がないので,

朴ユチョンが感情も考えもない事物であるのを,
ペンで暇つぶしにピーナッツで休まず噛み砕くのだ。


パク·ユチョンの手の調子を見て
日本食堂のオーナーが
なぜそうなのかと尋ねると

"ストレス"と答えたというエピソードもある。

すでに2年間、
マスコミ ゴミ記者に
無惨に踏まれている人を

ディスパッチが完全に起きないように
踏んでいるのを見てしまったというのは

既にファンたちは
みんな知っている事実だった。

そのため,すでに全身腐ったものと
ディスパッチ魔女狩りと結びつき,
YouTubeにも関連映像がアップロードされている。

https://youtu.be/yHKpn8FRwP4.

https://youtu.be/LEtvQiPPLBI

この他にも今回の事件で釈然としないことがあまりにも多い事実です。

パク·ユチョンにつっけんどんに(罪を)かぶせて

正当で標準的な手続きは経ずに得た
結果物を証拠として出し,
陽性両性が出た。

"いきなり耳と目を塞ぎ,
麻薬事犯に追い込んで
拘束までさせれば,
容疑を認めない人はいないでしょう"

自分が容疑を認めざるを得ない状況だけを聞いて,
記者会見の嘘に追い込むことは
コメディではないでしょう。

"知人たちが'朴ユチョンの足'に傷つけて,
なぜ麻薬をしてそんな状況を作ったのかと
問い詰める状況と同じです。

騒がしいからと言って真実ではありません。

悪い事ほど伝播速度が早いです。

言論のゴミ記者と悪質コメントは
刺激的で悪いもの,

魔女狩りだけを探して歩き,
それに積極的だからです。

警察もファン·ハナの疑問点は,

全く暴き出さず


"朴ユチョンだけが
一方的に追い込む内容だけを
マスコミに流します。

パク·ユチョンに有利な記事はなく,

不利な記事だけを出したら

パク·ユチョンが

意図的に証拠隠滅を図った

麻薬事犯になってしまったんです。

こうだから,

マスコミが恐ろしいのです。



以上ですべてです。






ここまで、

詳しく書いてくれて

周りの理解も進むのではないでしょうか


よく見たら、51〜59が抜けていますね

記事が消されることがあるそうです

dcinsideに出たと見たので

すぐに行って保存したつもりでしたが

消された後だったのかもしれないです


時々、意味不明なところがあるかもしれません

語学力の無さを

つくづく、感じます



ではまた、

ユチョンの無事を祈って🌻🌻🌻


201905020726412ff.jpeg

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR