FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



「海にかかる霧」インタビューでで父を語るユチョン記事


"つらい映画、つらい役に立ちます"

기사입력2014.08.07. 오후 7:05
최종수정2014.08.07. 오후 8:55

'ヘム'の最年少の乗組員の演技

2020031412522269e.jpeg


パク・ユチョン

幼い頃船たくさん乗って

撮影に役立つ



全羅道(チョルラド)の人捕まえて、方言身につけて

"幼い頃お父さんが大きなタンカーの料理士として働いて

私も船にたくさん乗りました。

タンカーは遠い距離を運航したため、

父とともに一度乗ると、

3ヶ月ほど船で暮らしました。

そのためか、

船で1日10時間以上撮影しながら

不慣れではなかったです。

大変なことをたくさん聞きました。"


一寸先も見分けられない、ヘムいっぱいの大海原で起こったのでは残酷な実話を描いた映画<ヘム>としてスクリーンにデビューしたパク・ユチョン(28)は、映画の中の雰囲気と違い、きれいに笑った。

彼は今度の映画では、まだ海生活に慣れていないの最年少の乗組員の'東食'役割を務めた。ドラマの中では貴重に貴重な皇太子や成均館の滑らかなユセン、大統領府を守る警護員など素晴らしいの役割をした。そんな彼が今度の映画では、くたびれたジャンパーに顔に油の汚れをつけて'香ばしい'麗水の方言を生み出した。

"私は鍾路ハンイルグヮンのそばで生まれました。方言とは書いてみたことがない負担感がとても大きかったですね。全羅道の背景の映画は全て探してみて、周辺で全羅道(チョンラド)が故郷の人を捕まえて対話して…。映画撮影開始前に一ヵ月間、普段にもわざわざ方言を使いました。"そのためだろうか。映画の中で、にやけた顔で方言を駆使する彼の姿はまったく気まずさがなかった。

彼が映画のために放棄したのはまだある。体を動かす船員役であるに5キロ以上体重を増やし、体重管理を放棄したのだ。"もともと食べるのをとても好き、気持ち良く食べたり飲んだりしながら体重を増やした"はその、これは減らさなければならない時だが、年齢がいってそううまく減らないと冗談を言った。

映画の中'ドンシク"は立ち込めたヘムに隠された海のように、各自の欲望に盲目、人間性を放棄した他の乗組員たちと違って、最後まで純粋さを守ろうと努力する人物だ。そしてそんなドンシクの心は密入国船に乗った'ホンメ"に向けた恋情を表現した。数十万人のファンを抱えた'アイドル'として初めてベッドシーンなどに負担感も感じたはずだ。しかし、彼は"アイドルだと自ら'バリケード'をしたくはない"、"むしろホンメに対するドンシクの感情を自然に表現するのに全力を尽くした"と答えた。

話が出たついでに彼は'大韓民国の芸能人'で生きるという困難も吐露した。"いつも善良、正しく行動しなければならない、さっぱりしなければならず、…。すごく退屈じゃないですか。海外スターたちのように自分自身を表現するのにもう少し自由たら駄目でしょうか。私が確かに勇気がなくて、誰かがそのようなスタートを乱してくれたらいいけど"大衆に映し出されるすべてのものが慎重、エスエンエス(SNS)を止めて3年が超えたとし、彼は残念がった。最近はグループジェイワイジェイ(JYJ)のメンバーで新しいアルバムを出して、コンサートの準備作業が真っ最中の彼女。"忙しいスケジュールのせいに新シナリオは読んだこともできずにいるが、全てのことを抜いておいて選択したい'突き刺さる'作品を待つ"とした。そしてその作品は"つらい映画、つらい役割"であることを望んでいる。初の映画に対する良い評価に自信がついたように、彼は早くから新たな冒険と挑戦を夢見ていた。

文ユ・ソンヒ選手記者、写真リュウジョン記者wjryu@hani.co.kr


元記事へ←クリックしてね


今日はユチョンお父さんの命日だそうですね

お父さんが亡くなった時

ユチョンが悲壮な表情で

アメリカから戻ってきた時を思い出します

この記事は初めて読みました

ユチョンは本当に大変なことを

たくさん経験したことを

改めて感じます。

今日家族と共に祭事をするのですね


頑張れ‼️ユチョン‼️


これからも応援するよ‼️


*画像はお借りしています




あなたのお財布にはいくつの愛がありますか←クリックしてね

字幕付きをお借りしてきました。

*動画もお借りしています


この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

QR