FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

202005120137509ec.jpeg


ユチョンインタビュー

스타뉴스
'風聞ショー'パク・ユチョン、涙で謝罪。

。"真面目に生きてみます
"[

夜TView]
기사입력2020.05.12. 오전 12:17
최종수정2020.05.12. 오전 12:18


SNS 보내기
[スターニュース李京浩(イ・ギョンホ)記者

202005120124441a0.jpeg



歌手パク・ユチョンが同じミスを繰り返さないとしながら、自分の過ちに謝罪をした。

11日午後放送されたチャンネルA'風の便りに聞いオッショ'(以下'風聞ショー')では引退宣言1年後、パク・ユチョンやインタビューをした。

パク・ユチョンは、昨年4月に麻薬投薬疑惑が浮上すると、記者会見を開き、"麻薬をしたら芸能界から引退する"て潔白を主張した。しかし、同年7月に麻薬投薬の疑いで裁判に持ち込まれて1審で懲役10ヵ月執行猶予2年を言い渡された。パク・ユチョンは、当時、拘置所を出て、"これから社会に奉仕しながら一生懸命に生きるつもりだ"しながら涙を流して謝罪したりもした。

引退を宣言したパク・ユチョンは、この1月、タイ・バンコクでファンミーティングを開催、カムバックに乗り出した。以来、公式インスタグラムの開設、公式ファンサイトの開設ニュースを知らせるなど、引退を覆して活動再開で非難を受けたりもした。

パク・ユチョンは、'風聞ショー'を通じて引退後1年、近況を伝えた。また、"大衆に必ず一度申し訳ない、そのような謝罪あるいは許しを請うのは時間を持ってたいとしていた"、'風聞ショー'とインタビューを進めた理由を説明した。

特にパク・ユチョンは、今回'風聞ショー'出演で昨年4月の記者会見を開き、"麻薬をしたら芸能界から引退する"とした理由についても説明した。

彼は"極端な決定だったし、その当時に私がどんな考えでこのような決定を下してどんな考えでこんな話をしたのかするほど混乱していたし、状況判断ができない状況だった"と話した。

さらに、"私が何かこんな数を置いて、考えてしたのではなく、そんな余裕が本当になかった。その当時はとても怖かったようだ。過去の事件によって多くの非難があり、その非難によって私が自暴自棄に陥った時期もあったし、そんな時期がもう一回繰り返されるだろうという考えに他の考えをすることができている混乱していた。結論的に私の過ちだった。当時に認めて正直に話して、罪を認めたら本当によかった等、考えをたくさんしている。この部分を最もたくさん後悔する。口が十個でも言いようがないのです"と話した。

これしか経った3月議論になった有料の写真集、ファンクラブ年会費などについては"私によって出てくる話だ。私がすべて過ちしましたと言うのが正しいようだ"と話した。そして、"今でも私を応援してくださる方々がいらっしゃって進行できる部分だった。17年時間を過ごしながらたくさんの愛を受けたが、私ができる最大限報いることができるものだと思った。ないとする方々が多数だが。近況を気にしている姿を映して見ようとした。その方たちに対する礼儀だとした"と話した。

芸能界復帰計画について否定的な視線があると言うと、パク・ユチョンは、"あまりに当然なようだ。私が負担しなければならない部分だ。世論を転化することにどれだけ時間がかかるかもしれない。時間が過ぎたとして帰って来るかもしれない。そんなに申し上げること羞恥心のないようだ"と答えた。

だけでなく、芸能人として暮らしてきたことについて"その瞬間(事件当時)にも漠然として誰が解決してくださると思っていたらしい。隠れて、怖い、避けた。変わったことがあるなら、、私が私の人生を生きることを知ることになりました。どんな非難であれ私が全部耐えて、そのような面で私の人生が変わったようです。たくさん学んだようです"と話した。

パク・ユチョンは、今後の計画に"私という人を応援するという理由で、私のミスで、過ちで(ファンが)私と一緒に非難を受けているが、その方たちのためにもそのまま'これをします、あれをします'より'本当に私の人生本当に一生懸命生きてみます'は心を持っている。未来をあきらめず、誠実に、真面目に生きていればそんな機会がたとえ遠い後日、いつか来ないだろうか。希望はとても大きいが、そのような希望を持っている"と明らかにした。

彼は"本当に、多くすみません"、"謝罪が全てのようです。そして自分自身に対する約束でもあるが、二度と同じ失敗を二度繰り返さないというお話を必ず申し上げたい、そうなるし。一生懸命、真面目に生きてみます"、インタビューを終えた。

自分の過ちを認め、謝罪したパク・ユチョン。執行猶予期間に活動を再開しただけに、大衆が彼の今回の謝罪をどう受け入れるようになるか、帰すうが注目されている。

李京浩(イ・ギョンホ)記者sky@mtstarnews.com

元記事へ


ユチョンの誠実な人柄が
現れたインタビューでした

どんな内容になるか
とても心配してたけど
ホッとしました。

いい風が吹くといいね〜🌻🌻🌻😊😊😊


#画像はお借りしました





この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

QR