FC2ブログ

ユチョンの歌詞 the CRY

202011191940265d3.jpeg

RE mind


歌詞
THE CRY (Feat. JAY) (Prod. HELLGATE) - 박유천

그래 깨웠던 사랑
날 재워준 사랑 날 죽였던 사랑
날 깨웠던 사람 날 재워준 사람
날 살려준 사람
간지러웠던 날개
물고 또 물리다 보니
새삼스럽게 내 것이
아니었단 걸 알게 된
다 쓸어 담지 못해
이미 재가 되어버린 존재
단 한 권의 Was a product
to make someone’s profit
욕이 섞인 담배
나 연기 따라 저 하늘에
몇 번을 죽었지만
아직 그대를 볼 순 없기에
나 아직 still singing instead
of 내 목을 hanging
때론 죽고 싶은 좀비
but I still want you to love me
모든 것이 다 시들어버린 뒤
남은 것은 다 먼지만 쌓인 집
정작 날 위한 사람들의 쓴 소리
약이 쓰다는 걸 알았지만
나란 독에 독을 섞어
바라는 척했지 해독이
도망치기 위해 시작했던 그 달리기
세상에 존재하는 것들의
의미가 날 스침이
잊고 지냈던 사랑 잊었던 사람
suppose to be
결국 시작이 다시 살고 싶게끔
일으켜 세웠어 So I
Cry
비 내리던 그 날도
I Cried
아무런 미련 없이
Cry I Cry I
아무런 미련 없이
또 비참하게 난
실수와 잘못의 사이
자신을 돌아보는 차이
존재가 죄로 변하는 삶이
죽음이 답이었던 날이 반쪽이 돼
반쪽이 된 나 역시
그 속에서 다시 반쪽이 돼
없어 남은 작은 것이
한쪽이 된 that’s a lame
걷지 못해 쓰러진다면
스스로의 약점이 된
불면과 나발을 불며
불같은 아픔이 반복이 된
허물이 나의 이불이 되어
시간 또한 바람이 되어
꿈인 듯했던 지난날이
지금 날 꿈꾸게 해
괴로움을 넘어서 새로움을 꿈꿨어
해로움을 이겨서 이로움을 얻었어
인정 속에 엷음
또는 두터움 따윈 버렸어
인연의 줄을 잡고
저 하늘 멀리멀리 날렸어
날아간 그 연 놓아버렸던
손이 결국 나였어
잡을 수 없지만
떠나간 그들을 위해 난 빌었어
마음이 아닌 덫으로
잡으려 했던 나의 잘못을
끝없는 속죄의 길을 위해
계속 살아 숨 쉼을 So I
Cry
비 내리던 그 날도
I Cried
아무런 미련 없이
Cry I Cry I
아무런 미련 없이
또 비참하게 난
Cry
이 비에 취해
So Cry
기억에 취해
So Cry
내 눈물에 취해
누구도 원망한 적 없네
미련없이
Cry I Cry I
아무런 미련 없이
또 비참하게 난



自動翻訳はかけ、修正してますが
韓国語はまだまだなので間違い多し!です。
よかったらみてください

THE CRY(Feat.JAY)(Prod.HELLGATE)-パク・ユチョン

そう起こした愛
私を寝かせてくれた愛
私を殺した愛
私を起こした人 泊めてくれた人
私を生かしてくれた人
かゆかった翼
噛んでまた、噛んでいるから…(社会的に殺される意味あり)
今更のように私のものが
なかったことがあったように
すべて掃いて入れられない
すでに灰になってしまった存在
たった一冊のWas a product
to make someone's(製品でした
誰かを作るために)
悪口を混ぜたタバコ
俺演技よってあの空に
何度死んだが
まだ君を見ることができないことに
私まだ
still singing instead(代わりにまだ歌っているの)
ofを僕の首にhanging
時には死にたいゾンビ
but I still want you to love me(でも私はあなたに私を愛して欲しい)
すべてがすっかり枯れてしまった後、
残ったのはほこりだけ積もった家
いざ私のための人たちの苦言
薬が苦いということを知っていたが、
私とは毒に毒を混ぜて
望むふりをした解毒が
逃げるために始めたその競走
この世に存在するものの
意味が自分に触れる
忘れていた愛忘れていた人
suppose to be
結局、開始がもう一度生きたいように
起こして立てたSo I
Cry
雨降っていたその日も
I Cried
何の未練なく
Cry I Cry I
何の未練なく
また、悲惨に出た
失敗と過ちの間
自分を振り返る差
存在が罪に変わる人生が
死が答えだった日が半分になって
げっそりこけた私やっぱり
その中で再び半分になって
ないて残った小さなものが
一方がなったthat's a lame
歩けなくて倒れたら
自らの弱点になった
不眠と言い触らして
火のような痛みが反復になった
過ちが私の布団になって
時間も風になって
夢のようだった過去が
今日夢見るようにして
苦しみを超えて新しさを夢見た
有害さを勝って有利さを得た
認定の中に希薄
または厚いことなどは捨てた
因縁のロープを握って
あの空遠く遠くに飛ばした
飛んでいったそれを手放してしまった
手が結局、僕だった
握ることができないが、
立ち去った彼らのために私は謝ったの
心がなく、わなに
捕まえようとした私の過ちを
果てしない贖罪の道のために
ずっと生きて息休息をSo I
Cry
雨降っていたその日も
I Cried
何の未練なく
Cry I Cry I
何の未練なく
また、悲惨に出た
Cry
この雨に酔って
So Cry
記憶に酔って
So Cry
私の涙に酔って
誰も恨むことはありません
未練なく
Cry I Cry I
何の未練なく
また、みじめに私は





修正が正しいのかどうか
意味がいまいちわかりませんが
適当に見てください


歌詞はメロンへ→クリックしてね

*画像はお借りしています

1日1曲ずつ訳を載せていきたいと思っています


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2020/11/19(木)20:25

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR