FC2ブログ

これからのJYJ

JYJニュース

JYJ、本物の春当たる...日の活動の制約解放され

スタートゥデイ原文記事転送2014-02-17 11:10

216-2.jpg
[毎日経済スタートゥデイジョオヨウン記者]グループJYJ(キム·ジェジュン·ユチョン·キム·ジュンス)が心地良い春の日を迎えることになるのか関心が集まっている。 SMエンターテイメントに続いて元日本マネージメント社エイベックス(AVEX)とも4年ぶりに法的紛争を終えてからだ。

JYJの所属事務所シジェスエンターテイメントは「日本のエイベックス側と、これまでに発生したすべての法的紛争を終了することで合意した」と16日明らかにした。シジェス(JYJ)とエイベックスは、今後の両者の活動には一切干渉しないという内容が骨子だ。
JYJメンバー3人は、前所属会社SMエンターテイメントと葛藤の後、2010年にエイベックスの一方的な契約解約で約4年間、国内と日本でしっかりとした活動を広げることができなかった。特にシジェス(JYJ)が日本の裁判所に出した活動妨害行為の禁止と損害賠償請求訴訟で勝訴したにもかかわらず、エイベックス側はこれを不服、控訴して争いが長くなった。

昨年1月、東京地方裁判所は、エイベックスのJYJの日本での独占的なマネジメント権を主張するなどの行為を禁止するように命令した。加えて、エイベックスはC-Jesに約6億6000万円(当時の為替レートで日本円で約78億ウォン)の損害賠償金を支払うように求める判決を下している。

シジェスペクチャンジュ代表は「日本の司法がJYJの日本活動を保証する内容の1審の判決と二審の合意を導いてくれたことに感謝する」とし、「今回の合意にJYJの日本活動が法的にも保障されているだけに、今後ファンをより頻繁に会うことを希望する」と述べた。

しかし、JYJが日本で正常な活動を続けていくことができるか、もう少し様子を見なければならないようだ。 JYJは昨年SMエンターテイメントと長い法的攻防を終えたにもかかわらず、まだ放送出演をできずにいる。エイベックスは日本屈指の大型企画会社だ。まだ「目に見えない制約」が存在する可能性も排除できない。

昨年春JYJは久しぶりに訪れた東京ドームコンサートでパク·ユチョンの自作曲「彼女と春を歩く」を15万日本現地ファンたちに聞かせた。 「くすぐったい風さえも私たちのため、息を殺した/し​​ていた手の間に愛が流れるよ/(中略)/ある春の日の夢のように近づいてきて寂しい私の心に発注をかけたんです/少しくぐもったような下で...」その間JYJを待ってくれたファンに捧げた贈り物だった。 JYJの心がそのまま溶け込んでいる曲だった。

そして、字幕が流れた。 2010年6月、東京ドーム。 JYJという名前で東京ドームに初めて立ったその時。私たちは幸せだった。ここであなたをもう一度会うまでそう長い時間がかかるだろうということを、当時は誰も知らなかった。東京ドームを去ったその日から、私たちには終わりを知ることができない暗闇の時間が流れ始めた。その流れは2万4552時間。その長い闇の時間で今JYJを取り出してカットする。 '

延々3時間以上行われたコンサートを終えたJYJは、泣きそうな声で「私たちの間に二度と「こんにちは」や「別れ」という言葉はない」とファンに挨拶を残した。一部のファンは、これらの言葉に目頭をブルヒョトた。 1年前の約束が守られたわけだ。 JYJの春が期待される。
fact@mk.co.kr]
元記事へ




KSTYLE NEWS

JYJ ユチョン主演「Three Days」100億ウォンが投じられた上半期の話題作、期待できる3つのポイントとは?

TVREPORT |2014年02月16日19時21分

217-3.jpg

写真=ゴールデンサムピクチャーズ
2014年上半期の話題作「Three Days」の期待できる3つのポイントが公開された。

SBS新水木ドラマ「Three Days」(脚本:キム・ウニ、演出:シン・ギョンス)への期待が高まっている。昨年12月にクランクインした「Three Days」は酷寒の中でも撮影を強行している。「Three Days」を待つ視聴者が多い理由は何だろうか?


1. “隙のない演技力”ソン・ヒョンジュとJYJのユチョンの完璧な呼吸
「Three Days」は暗殺の脅威に晒されている大統領(ソン・ヒョンジュ)と、大統領暗殺という濡れ衣を着せられて逃走する警護員(JYJ ユチョン)の物語を描く。正反対の立場となる二人だが、二人の完璧な調和があってこそドラマの完成度も高まる。

ソン・ヒョンジュは緻密に作品を分析して準備したように自然な台詞のトーンやキャラクターに溶け込んだ動きを披露し、生まれながらのカリスマ性とリーダーシップを持つ大統領イ・ドンフィ役を完璧に演じている。制作会社のゴールデンサムピクチャーズは「それぞれ新旧を代表する二人の俳優が出会った。二人が生み出す相乗効果は期待以上だ」と伝えた。


2. 100億ウォンが投じられた大作ドラマ…スケールが違う
「Three Days」は100億ウォン(約9億6千万円)を超える制作費が投じられた大作ドラマである。全16話であることを考えると、1話当たりの制作費が5億ウォン(約4千8百万円)を超える。今回のドラマのために制作陣は特殊なカメラまで用い、緊張感溢れるシーンを思う存分盛り込む予定だ。

ほとんどのシーンが韓国全土を回り、野外ロケで撮影される。濡れ衣を晴らし、大統領を助けるために動くハン・テギョン役を務めるユチョンは全国各地を回り、激しいアクションと共に一味違った風景をお茶の間に届ける。制作会社側は、「冬であるにもかかわらず、ほとんどの撮影が屋外で行われる。出演者やスタッフはいつもより苦労をせざるを得ないが、その分スケールの違う作品を届けたい」と伝え、期待を高めた。


3. 単純なジャンル物?愛も感動も盛り込むマルチジャンル
「Three Days」は「サイン」「ファントム」を執筆し、韓国型ジャンルドラマの第一人者とも呼ばれるキム・ウニ脚本家の新作だ。しかし、「Three Days」はジャンル特有の特性をそのまま活かしながらもラブストーリーや感動という要素も加えた。幅広い年齢層から指示を得るための腹案だ。

水木ドラマの最強者として君臨してきたSBSドラマの特徴はマルチジャンルだ。多彩なジャンルを一つの作品に盛り込むことで、多くの視聴者の視線を引きつけてきた。「Three Days」は「星から来たあなた」のヒットを引き継ぐ作品として挙げられている。韓国で来月5日に放送を開始する。
元記事配信日時 : 2014年02月12日16時45分 記者 : ムン・ジヨン



ユチョンの風邪は治ったのかな

寒い中、

屋外の撮影は辛いね

頑張ってほしいけど

体も心配

いつ見ても素敵過ぎるから

期待がどんどん膨らんできて

いつもいい状態がずっと続きますようにと

祈ってしまう





10ASIA NEWS

「スリーデイズ」パク·ハソン、キャラクター消化のためにアクションスクールで汗

Posted byザングソユンon 2014/02/17
217-1.jpg
パク·ハソン

SBS新しい水木ドラマ 'スリーデイズ」(脚本キム·ウンヒ演出シン·ガンス製作ゴールデンサム·ピクチャーズ)のパク·ハソンがアクションスクールで汗を流してキャラクターに没頭している。

「星から来た君」の後続で3月5日初放送される「スリーデイズ」は、三発の銃声と共に失踪した大統領を守ろうとする警備員の活躍を描いたミステリードラマで、パク·ハソンは婦人警官ボウォン役を演じる。子供の頃から当冷たいボウォンは後に警察がされた後、誠実に過ごして謎の事件に接した後、テギョン(パク·ユチョン)と一緒に事件の真実を暴く予定だ。

パク·ハソンは「今回引き受けたキャラクターは、アクションシーンが多くて頭も切った」とし「元の体を書くのが好きですが、このような役割をするようになって満足してもいい。最近の電柱から落ちたりして、山の中で転がる場面もあったが、とても楽しく撮影した "と伝えた。

続いて、 "一ヶ月間、一日6時間、週4回の間アクションスクールで訓練をしてきており、今も撮影がない日には、武術を身につけている」とし、「実際の警察署で勤務中の婦警をお目にかかっていろいろな話を聞いてみることもしたし、田舎ミルズも訪ね、そこの警察の方々と一緒にラウンドを回ったりもした」とキャラクターのための努力を驚か紹介した。

「スリーデイズ」は「サイン」と「幽霊」などを執筆したキム·ウンヒ作家と '根深い木'を演出したシン·ガンス監督がメガホンを取ったし、パク·ユチョン、ソン·ヒョンジュ、ユン·ジェムン、ソ·イヒョン、チャン·ヒョンソン、チェウォンヨウンなどが出演する。

書かれた。ザングソユンciel@tenasia.co.kr

元記事へ





JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/286-f14814ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)