FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

DATVマガジン

DATVで大人気放送中のポゴシッタ!韓流ライター高橋尚子さんが「ポゴシッタ(原題)」の魅力と萌えポイントについて語る、コラムメルマガ!ポゴシッタが100倍楽しめちゃいます♪
DNTV.jpg


「脱ぎ萌え」とは、こういうことを言う!
と、激しく主張したい『ポゴシッタ(原題)』11話。
いきなり、軽い話からですみません。
まずは11話の復習です。

あろうことか、掃除のおばさんに捕まってしまったジョンウ。
彼が行方不明であることを知ったスヨンの動揺が、
第1のキュンポイントでしょう。
15の時と変わらず、ジョンウの姿が見えなくなると、
途端に心配で仕方なくなる、いてもたってもいられなくなる。
ウネちゃんの顔が、完全にスヨンです。NO化粧、NOジョイ。

病院に運ばれたジョンウを見舞うスヨン。
おそるおそる病室に入っていったら、
おっと!お着替え中のジョンウ君に遭遇で、きゃ~!!!
脱ぎといっても、服を半分まで着た状態の軽いもの。
でも、これくらいの脱ぎの方がリアルで「きゃ~」となるもので。

互いに慌てるジョンウとスヨン、
そこにやってきて、構わずジョンウに抱きつくチュ刑事、
思わず笑ってしまうスヨン、それを見て嬉しくなるジョンウ…
すべてが愛らしい、萌え苦しいのです。

シリアスな内容ですが、そういう軽さや明るさが
織り込まれているところが、このドラマの個人的ツボ。
つらい状況のなかで、落ち込んだり恨んだりするのと、
一生懸命明るさに転換するのとでは、
後者のほうが、ずっとずっとエネルギーが要ります。
そういうエネルギーを内から奮い出して、
生きている感じがとてもとても好き。

しかし10話もそうでしたが、
スヨンが自然に笑うようになっている。
その自然な変化に、こちらまで嬉しくなったり。

一方で、ハリーがジョンウに語ったセリフで
、 はっとさせられた言葉がありました。
「母に捨てられたので、捨てられる恐怖と痛みは分かっている。
母が戻ってきても、許さない」
……つまり、ハリーは自分が母を許せないように、
スヨンもジョンウを許せないと信じているわけで。
そんなハリーも、母を本当に憎んでいるのか。
それは恋しさじゃないのか。
後半になると、そこが明らかになっていきます。

長くなってしまったので、もうひとつだけ
個人的にものすごく心震えたジョンウのセリフを。
「思い出して、俺を憎めばいい。
でも、そのつらい記憶は俺が作った。俺が責任を取る」
涙だーっ。

記憶を抱えることは、時にとてもつらいことです。
でも、それを全部背負う覚悟をジョンウは持っている。
自分、スヨンのママ、そしてスヨンの記憶も。
「責任を取る」とは、「記憶を全部引き受ける」(高橋的翻訳)なのです。
悪い記憶を消すジョンウの魔法(おまじない)は、
彼がその記憶を引き受けることで、効果を発揮しているのかもしれません。
そう考えると、余計に泣ける……ううぅ(´;ω;`)

で、今日の12話のポイントは、“前髪ジョンウ!”、
掃除のおばさんとジョンウのやり取り、
スヨンとスヨンママの・やり取り、
ラストのジョンウの無防備寝顔(13話に続く最強の萌え)、などなど。
毎回長くて、すみません。12話のおさらい解説はまた来週に。では!



⇒ DATVスタッフ「きのっちげ」の書く「ポゴシッタ(原題)」公式ブログもよろしくお願いします☆
ポゴシッタ応援ブログ←クリックしてください



この時、涙・涙・涙だったね~~
ユチョンいい演技している
地上波プリーズ

JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。







スポーツソウルJAPAN

▼続きを読む▼

【高橋さんすごいです(≧∇≦)】
かめさん、こんばんわ♡
メルマガ、みゅうさんのブログで教えていただいて、私も購読してますよ~
この方、本当にユチョンのことが好きですよね。(〃∇〃)
読んでいて
「そうそう!そうなのよ~!」って嬉しくなっちゃう。
この11話の解説で、北風と太陽ってなるほどなあ、と思いました。
ポゴのユチョン、やっぱり男らしくて良い役でした♪
【魔法のおまじない】
かめさん、おはようございます!

「俺を思い出して憎めばいい。辛い記憶は俺が作った。俺が責任を取る」
(>_<) すごいセリフです。
そして、それは 辛い記憶を全部引き受けるってこと・・・
魔法のおまじないに それが繫がってくるなんて、深いです。
やっぱりジョンウ、ただ者じゃない!
憎みきれない愛すべきジョンウですね~。
だから、みんなジョンウに心を開いていくんですね。

高橋さんの解説で、ますますボゴシッタを面白く感じました。
かめさん、のせてくれて、ありがとうございます。
【ボゴ】
高橋さん、「すべてが愛らしい、萌え苦しいのです。 」って、ほんとユチョペンですよね(*^_^*)
屋根部屋は、リアルタイムの変な日本語字幕で見たんですが、ポゴシッタは、リアルタイムでは、あまりに、バグったり、旦那が帰ってくる時間と重なったりするので、翌日以降あがってくる、動画と、あらすじ書いてくださるブログ読みながら見ました。
だから私は、セリフとか、ハッキリわかってないままだったなぁと思って…^_^;
日本語字幕のついたポゴシッタ楽しみですね。
【とよこさま】
> この方、本当にユチョンのことが好きですよね。(〃∇〃)嬉しくなっちゃう
これ読んでみてくれると嬉しいですね~~
ユチョンについて気持ちを書いてくれていて
いい視聴者だと思います。
> この11話の解説で、北風と太陽ってなるほどなあ、と思いました。
> ポゴのユチョン、やっぱり男らしくて良い役でした♪
最初はきつい物語だと思ったけど
いい役ですね~
ユチョンがどんどん役者として
成長していくのを見られる私たちは
幸せ者ですね~~

【cookieyutyonさま】
> 「俺を思い出して憎めばいい。辛い記憶は俺が作った。俺が責任を取る
キャーッですね
わたしたちを虜にした責任も取ってほしい~~

> 魔法のおまじないに それが繫がってくる、深いです。ただ者じゃない!> 憎みきれない愛すべきジョンウ
ジョンウもユチョンも可愛いです
「アイ~~ン、会いたかったよ~」って
LINEでいいから、言って欲しい
声が聴きたい~~
【cocoさま】
> 高橋さん、「すべてが愛らしい、萌え苦しいのです。 」って、ほんとユチョペンですよね(*^_^*)
私も、パソコン前で萌え萌えしながらみてたよ~
TWITTERで訳してくれる人を何人か探して・・・
忙しかった
翌日は全訳してくれている人のブログで内容を確認
忙しい毎日でしたね~~

> 日本語字幕のついたポゴシッタ楽しみですね。
早く発売して欲しいけど
有料放送後だもんね~~
次はWOWOWかな~~???
地上波に早く乗ってほしいと
切実に思う
放送されたら、
ユチョペンがう~~んと増えるのに~~~
この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR