FC2ブログ

THREE DAYS 16話 動画、 続きからは、ドラマが残したもの

THREE DAYS 16話 動画

"Three Days" 쓰리데이즈 Episode 16 (Chinese Subs... 投稿者 vichellelicious
翻訳は韓国あらすじ団さんへ



JYJ ユチョン「Three Days」放送終了の感想を語る
“セウォル号事故の悲しみを共にします”

MYDAILY |2014年05月02日12時49分
52-1.jpg

写真=マイデイリー DB
JYJのユチョンが「Three Days」の放送終了に対する思いを語った。

2日、ユチョンは所属事務所を通じて、韓国で1日に最終話が放送されたSBS水木ドラマ「Three Days」(脚本:キム・ウニ、演出:シン・ギョンス)に出演した感想を伝えた。ユチョンは「大統領と国家、そして信念と正義を守るために奮闘したハン・テギョンに昨年の夏に出会い、昨日まで本当に感謝の気持ちに溢れた日々でした」と伝えた。

続いて「監督さん、脚本家さん、そしてソン・ヒョンジュ大統領やチャン・ヒョンソン警護室長をはじめとする先輩方と共演しながら、目で深い心を語る方法を学び、温かく良い話を聞かせていただいたことに感謝しています。忘れずに生きていきます」とし、共演した俳優たちに感謝の言葉を伝えた。

またユチョンは「今日も自分のことよりも皆のために、信念のために努力なさっている方々に尊敬の意を表します」としながら、「セウォル号沈没事故の悲しみや苦しみを共にします。大切な人を失った方々に心より哀悼の意を表し、慰めの言葉をお伝えしたいと思います。ありがとうございました」としっかりと締めくくった。

「Three Days」最終話(第16話)の放送末尾では、旅客船セウォル号の沈没事故により家族を失った遺族に「元気を出してください」という希望のメッセージを伝えた。
元記事配信日時 : 2014年05月02日10時44分 記者 : シン・ソウォン





「Three Days」JYJ ユチョン&パク・ハソン、二人の愛の結末は?
TVREPORT |2014年05月02日13時30分
※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
52-2.jpg

写真=「Three Days」スクリーンショット
ハン・テギョン(JYJ ユチョン)とユン・ボウォン(パク・ハソン)が結ばれ、ハッピーエンドを迎えた。

韓国で1日に放送されたSBS「Three Days」の最終話ではハン・テギョンとユン・ボウォンの恋愛模様が急進展する内容が描かれた。

この日の放送ではヤンジンリでテギョンがイ・ドンフィ大統領(ソン・ヒョンジュ)を助け、再び警護官として一生懸命働く姿が公開された。テギョンは復職に成功し、ソウルで働くことになったボウォンが友人と仲良く会話をする姿に嫉妬を隠せなかった。そしてその友人に課長が探していると嘘を言い、ボウォンと二人きりになった。

テギョンは「ソウルに来たら、住むところは見つけたのか」と質問し「うちはダメだから」と強調した。ボウォンは困惑し「そこに行くとは言っていないんですけど」と答えた。

するとテギョンは「もう大変かなと思ってね。守ってあげるの」と伝え、ボウォンへのときめきが隠せなかった。そして恥ずかしそうに「行きましょう、僕も働かないと」と立ち上がった。また「家を見つけたら連絡してほしい。他の男に笑顔を見せないで……」と付け加え、嫉妬の気持ちを表した。テギョンの気持ちに気付いたボウォンは幸せそうな笑顔を見せた。

一方、この日の放送ではテギョンとドンフィがヤンジンリ事件を解決した後、日常に戻ることに成功した。悪人キム・ドジン(チェ・ウォニョン)は結局命までかけて彼を罰しようとしたイ・ドンフィの決断で死を迎えた。
元記事配信日時 : 2014年05月02日01時33分 記者 : ハ・スナ







JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


放映終了 'スリーデイズ」が残したもの...俳優、ジャンル物の進化、そしてメッセージ
最終編集:2014-05-02 12:26:12
画像[SBS funE |ガンソンエ記者]
52-3.jpg

SBS水木ドラマ「スリーデイズ」(脚本キム·ウンヒ、演出シン·ガンス)が1日放送された16回を最後に放映終了した。 「スリーデイズ」は、「サイン」、「幽霊」を執筆した「韓国型ジャンル物の対価」キム·ウンヒ作家と'根深い木」などを作っシン·ガンスPDの組み合わせは、ここに俳優ソン·ヒョンジュ、パク·ユチョン、チェウォンヨウン、パク·ハソン、ソ·イヒョン、ユン·ジェムン、チャン·ヒョンソン、アンギルガンなどの出演で放送前から視聴者の関心を集めた作品です。
過去3ヶ月間「スリーデイズ」は、水木ドラマで放映されてどっしりとした重量感で視聴者の心を捕らえた。大詰めの幕を下ろした「スリーデイズ」はどんな作品だったのか、もう一度振り返ってみた。#逆転の楽しさとアクションの快感、韓国型ジャンル物とはこういうもの 」スリーデイズ」は序盤からキム·ドジン(チェウォンヨウン分)が「絶対悪」として李東輝(ソン·ヒョンジュ)とハンテギョン(パク·ユチョン)と対立する立場にあった。善と悪が最初に明確に描かれて陽極の対決が予想された。
しかし、これよりも手に汗を握るように作成された楽しみはキム·ドジンの方に誰よりあるのかということだ。キム·ドジンを支援する李東輝をなくそうとする「内部の敵」が誰であるかを追跡する過程は、視聴者が主人公ハンテギョンに没頭して作ったし、ハンテギョン推理に一緒にして、より大きな楽しみを催した。
この過程でハムボンス(チャン·ヒョンソン分)、ファンユンジェ(キム·ミンジェ分)、シンギュジン(ユン·ジェムン分)などがキム·ドジン編だった展開は爽快な逆転をプレゼントした。
また、これらの両方のキム·ドジンに属したし、最終的には残酷な死を迎えたという事実は残念な気持ちさえようにした。 また、「スリーデイズ」は、ブラウン管のアクションの質をした尺より高めた。果敢な投資と俳優たちの保身を図らない熱演でお茶の間を動かすようにするアクションシーンが完成した。
パク·ユチョンは「列車のアクション」をはじめ、「窓ガラスアクション」、「エレベーターアクション」、「廊下アクション」など、様々なアクションシーンを消化し ​​出し、回を重ねるごとに、映画よりも映画のようなアクション演技で好評を引き出した
2億ウォンの製作費を投入したカーチェイスのシーンも圧巻だった。#俳優たちの好演、助演を問わない名演技の饗宴 「スリーデイズ」の大統領李東輝役を引き受けたソン·ヒョンジュは、彼の名にふさわしい名品演技でドラマの重みを取った。
16年前に両真理で犠牲になった人々と自分自身を保護しようとして死んだ人々のため申し訳や罪悪感、キム·ドジンの悪行への怒り、明色の社長なのに絶対悪の前で力を使うことがない自分の弱い姿の息苦しさなどをストップリアルな演技力で表現した。
涙を浮かべた目つき、震える表情、時々変わるセリフのトーンで実現したソン·ヒョンジュ表李東輝大統領は、お茶の間の視聴者たちを戦慄させた。
ハンテギョン役ユチョンもブレのない演技で大作のタイトルロールを安定感あるように消化し ​​た。
科していない感情表現はハンテギョンキャラクターの心境をさらに真に伝達し、接する人物に依存している行動と表情は複雑な人物関係の中心に立っているハンテギョンを適切に描き出した。

特にパク·ユチョンは肩の負傷にもかかわらず、様々なアクションシーンを見事に消化し ​​て名品アクション俳優に生まれ変わった
この他にも「スリーデイズ」は、名前の一覧を表示したりしないほど多くの俳優たちがそれぞれの場所で自分の役割を適切に消化し ​​た。
絶対悪として狂人の残酷さを愕然と表現したキム·ドジン役チェウォンヨウン、正義感あふれる熱血警察官ユンボウォン役ハッカ、警護室、法務部に所属し、理知的な魅力のイチャヨウン役ソ·イヒョン、劣等感に裏切らが死と恩返ししシンギュジン役ユン·ジェムン、最も頼もしい表外観とは異なり、大統領狙撃犯に死んでいったハムボンス役チャン·ヒョンソン、最後まで大統領の命と信念を守ろうとしていたキム·サンヒ役アンギルガン、正義と真実を明らかにするために行われているチェジフン役イ·ジェヨンなど数多くの俳優たちが「スリーデイズ」の中に溶け込んでいる。

# 'スリーデイズ」が投げたメッセージ、正義と信念の重さ 数々の名場面を作った「スリーデイズ」。この作品が言いたいことが今、最高の名場面は、最後の16回に登場した。
最後まで信念を守り、正義を実現しようとしていた李東輝大統領の姿は、私たちが本当に望む大統領賞を描き出した。 ヤンジンリが火の海になる前に安全な場所に避けるというハンテギョンと李東輝は言う。
「大統領は国民を守る人です。国民が危機に陥ったのに、私は一人で生きていく逃げることはできない"と言う。
これは、セウォル号の惨事にこれまで以上に政府の無能さに失望している国民に深い響きをもたらした。

劇中李東輝は、自分の命を捨てようとしながらも、絶対悪に立ち向かい、最終的には国民を守った。
これは、「真実というのは、その価値と利益とするとしても、国民を人質にべきではない」という李東輝の信念と「国民が国家を必要としている」は、責任感による行動だった。
また、ドラマは最後の李東輝とハンテギョン会話の中で伝えたいメッセージを直接表わした。
李東輝は、「私のためではなく、死んでいった人々のために、何をしようがどこかに、私は一生懸命生きていくでしょう。
それは私がその人に与えることができる最小限の礼儀ですからね"と言いながら"私を守ってくれたように、あなたの信念のために戦って出てください。私はあなたに恥ずかしくないように、私の席で戦ってまいります
」と念を押している。
「スリーデイズ」が言いたいメッセージ、まさにこのことだった。
一方、「スリーデイズ」の後続で来る7日からはイ·スンギ、チャ·スンウォン、コ·アラ、オ·ユナ、アン·ジェヒョン、パク·ジョンミン、ソン·ジルなどが出演する青春捜査ロマンス捜査ドラマ「君たちは包囲された」が放送される。
ガンソンエ記者sakang@sbs.co.kr



[昨日のTV]終映'スリーデイズ」が渡した一言が、それでも希望はある

ニュース
入力14.05.02 07:16
[ニュースエンイナレ記者]
'スリーデイズ」の結末は、どんなに苦しくても希望はある。100億大作SBS「スリーデイズ」(脚本キム·ウンヒ/演出シン·ガンス)が5月1日16回放送を最後に放映終了した。
もしかしたら、多少ポンヘ見ることができるハッピーエンドだったので、よりジーンとして意味のある結末だった評価だ。
「スリーデイズ」は、国民を守るために大統領になった一人の男李東輝(ソン·ヒョンジュ)と李東輝を守るために命まで掲げた大統領府警護管ハンテギョン(パク·ユチョン)、この二人を取り囲んで起る大統領暗殺未遂事件とその背後にある悪の群れの話を扱った。多少非現実的に見えることができるものすごい話だが、キム·ウンヒ作家は現実の中に必ず存在するだけのような財閥家の無限の貪欲、国際関係で存在している非人間的な利害関係に話を解いて出して、ドラマのリアリティーを高めた。
52-4.jpg

16回を走ってくる間、「スリーデイズ」が描いた大韓民国は暗鬱だった。。
財閥キム·ドジン(チェウォンヨウン分)は、自分の欲を満たすために大統領を勝手に変えた。
また、自分に反旗を持ち上げる大統領を殺そうとする試みまでしたのはもちろん、量真理事件を起こして、一般国民の命まで奪った。文字通り人々の命をパリぐらいに思っていたのだ。
ここに国の主要機関のあちこちに存在している非良心的人間。韓国を金儲けの手段として考えている米国ファルコン社まで。
文字通り暗鬱で惨めだった。
その結果、5月1日に放送された16回で絶対悪キム·ドジンは死亡した。
李東輝は、第2の量真理事件を防ぐために直接爆弾を積んでキム·ドジンと向き合った。
李東輝が爆弾を持ってきたことを知らないキム·ドジンは、李東輝の言葉に怒りを我慢できずに自分で爆弾起爆装置を押してしまった。
結局キム·ドジンはその場で死亡した李東輝は、自分自身を、さらに大韓民国国民を守るために命を捨てた人々を思い出させて生きてきた。
結局絶対悪キム·ドジンが死亡した。これで事件は終わったように見える。
しかし、キム·ドジンと手を握った、あるいはキム·ドジンのことしていた人々は皆、悲観的な話で大韓民国を嘲笑した。事件の捜査過程でキム·ドジンのほくろで活動して特検にあった弁護士オヨウンミン(ミンソンウク分)は「定義。使命感。
そんなことで何ができるのか?家な彩度用意していないような定義。私には必要なかった」と述べた。
また、キム·ドジンを支援する政府の情報を取り出していた幹部も「財神のために働いたことがない。
一生国家のために働いた。国が何と思うか?今これが国のために最善だと思いますか?私はジェシンのために働かなかった国家のために働いたのだ」と言って強引に微笑んだ。
キム·ドジンの手下(ジンソンギュ分)も「キム·ドジン会長が死んでいたすべてが終わったと思いますか?ではない。何も終わらなかった。
ファルコンも同じだ。キム·ドジン会長のような人はもう現れ、ファルコンもまた、大韓民国を利用しようとするだろう」と述べた。
しかし、これらの捜査を担当した検査は言った。
「大丈夫です。私はすべてキャッチすることだ。そう、私は疲れたといっても、別の誰かが私の空席を埋めるだろう。お金がない正義を守る人がまだ多い。
我々はそのような人を希望だという。それでも希望は続いている」と。
この時代の残りの希望を言った。それでも希望はある。「スリーデイズ」が描いた大韓民国が金と権力に踊らされるのは、極めて暗いところであっても希望はあった。
「スリーデイズ」が、16回の間の言いたかったことはまさにこれである。それでもまだ希望と定義が残っているということだ。

(写真= SBS水木ドラマ「スリーデイズ」のキャプチャ)イナレnalea @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com Copyrightⓒニュース


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/05/02(金)21:43

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR