FC2ブログ

ユチョン「ヘム」について語る 続きは ユチョンファンサイトの寄付

JYJ ユチョン「『海霧』が観客の記憶に残る映画になってほしい」

OSEN |2014年06月29日14時07分

630-2.jpg

写真=C-JeSエンターテインメントアイドルグループJYJのユチョンが中国・上海ファンミーティングの記者会見で、自身の映画デビュー作となる映画「海霧」に対して「観客の記憶に残る映画になってほしい」と語った。

C-JeSエンターテインメントは28日、上海マリオットホテルで同日開かれたファンミーティングの記者会見でユチョンがそのように話したと明かし、「監督や俳優たちが一生懸命作った作品なので、ユチョンが映画でどんな演技をしたかよりも、皆でどんな作品を作ったかに注目してほしい。『海霧』が多くの観客に愛されればと思う。そして一緒に頑張った全ての人たちの情熱が伝わって欲しい」と期待を表した。「海霧」はユチョンの映画デビュー作であり、ポン・ジュノ監督が初めて制作に乗り出した作品だ。韓国で8月13日の公開が決まっている。同映画は満船の夢を抱いて出港した6人の乗組員が収拾の付かない事件に巻き込まれるストーリーを描いた映画だ。最近予告映像やポスターが公開され、話題となっている。

ユチョンは記者会見で、JYJとカムバック準備の真っ最中という近況を伝え、最近ミュジックビデオとアルバムジャケットの撮影を終えたと話した。
記者会見場にはTVBなどのテレビ局や新民晩報などの日刊紙、雑誌など約50の主要メディアが参席し、ユチョンのこれからの活動に注目した。

ユチョンは7月9日、横浜アリーナでドラマ「会いたい」のイベントで日本を訪れる予定だ。

630-1.jpg
元記事配信日時 : 2014年06月28日18時43分 記者 : イ・ヘリン



記者会見動画←クリックしてね
(翻訳はユキさんよりお借りしました)
1) 中国の食べ物が美味しくて好きです。でも、自由に外に出れなくて、食べれる機会も少ないです。特に中国の色々な地方の美味しい食べ物が好きです。今回のファンミーティングは用意していた部分はファンの皆さんとの交流です。言葉でコミュニケーションすることは一番大事だと思います。今回のファンミーティングの中心はコミュニケーションです。

2) 中国で仕事ができるならいいチャンスだと思います。今は韓国でアルバムの準備で忙しいです。いい作品があるなら、韓国でも中国でもいいと思います。どなたも関わらず、中国の俳優と共演できるなら光栄です。

3) 演技の選択は僕とメンバーとの選択は別々ですから、演技について深くに論議することはしませんが、視聴者の立場からそれについて話します。




ヘムについて動画ユチョン←クリックしてね
(翻訳はスナさんよりお借りしています)
ユチョン...
<俺の手をつかめー!>
初の映画でもあったし、シナリオが全体的に持っている(表している).
.本当に海霧の中に捕らわれている様なモウロウとした感覚にはまってしまった様なんです






ユチョン

撮影に没頭したってことですね

映画初出演

ぜひ、ヒットして欲しい




[日本語字幕] Triangle 第17話予告

[日本語字幕] Triangle 第17話予告 ←クリックしてね


ユチョン上海ファンミ歌
君のための空席
彼女と春を歩く
童話
クリックしてみてね~












にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

JYJ ユチョンの日本のファンクラブ、慈善団体に“愛のお弁当”を寄付

10asia |2014年06月30日14時45分

630-4.jpg

JYJのユチョンの日本ファンが“愛のお弁当”を寄付した。

非政府組織(NGO)の慈善団体であるワールド・ビジョン(会長:ヤン・ホスン)は30日、ユチョンの日本のファンクラブの会員たちがユチョンの誕生日に合わせて、約660万ウォン(約66万円)を寄付したと明かした。この寄付金は2222個の“愛のお弁当”を作るのに充てられるという。

ユチョンの日本のファンクラブ「6002ism(ユチョニズム)」は6月4日に誕生日を迎えたユチョンのため、日本で誕生日パーティー兼チャリティオークションイベント「HAPPY6002DAY」を開催した。ユチョンはこのイベントに自身の愛蔵品を寄贈し、ファンは自発的なオークションを行って計6,667,240ウォンを募金した。この収益の全額はユチョンの名前でワールド・ビジョンが実施している韓国の低所得家庭のための温かい“愛のお弁当”という事業に使われる予定だ。

ユチョンは2010年からワールド・ビジョンを通じてコンゴにいるマンヨンガさんを後援しており、他にもJYJの他のメンバー(ジェジュン、ジュンス)と一緒にショーケースの収益金3000万ウォン(約300万円)でコンゴの小学校の保健衛生事業を後援した。また、2011年には東日本大震災やタイの水害の復興支援に約8億ウォン(約8000万円)を、ファンと一緒に南スーダンのマンゴー植樹キャンペーンに2200万ウォン(約220万円)をそれぞれ寄付した。そして、2014年にはC-JeSエンターテインメント所属のアーティストと一緒にフィリピンの緊急救護事業場の子どもの夢を応援するため、約2万冊のノートを送った。
ワールド・ビジョンのヤン・ホスン会長は「ワールド・ビジョンを通じて着実に分かち合いを実践する後援者ユチョンのように、ファンも分かち合いに参加してくれたことに感謝している。夏休みに入ると一日一食も困難になる韓国の欠食児童に愛のお弁当を渡し、ファンの温かい心をしっかりと伝えられるようにしたい」と述べた。

ワールド・ビジョンは2000年から現在まで、ソウル、高陽(コヤン)、仁川(インチョン)、城南(ソンナム)、旌善(チョンソン)、東海(トンヘ)、堤川(チェチョン)、大田(テジョン)、井邑(チョンウプ)、光州(クァンジュ)、釜山(プサン)といった全国11地域で「愛のお弁当の分かち合いの家」を運営し、地域社会の欠食の危険が大きい貧困家庭の児童におかず3品以上の夕食を提供し、児童の栄養状態の改善に向けて努力している。
630-3.jpg
元記事配信日時 : 2014年06月30日10時09分 記者 : クォン・ソクジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン


ユチョンもファンも立派ですね

韓国の貧困家庭では夏休み欠食状態になるって

相当ひどい状態ですが

生活保護といった制度はないのかしら

貧富の格差が大きい国ですね


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/06/30(月)00:00

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR