FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ユチョン「ヘム」 ショーケース


7月15日<ヘム>ショーケース、Daum独占生中継のご案内

釜山映画の殿堂で国内初の最大規模で開かれる<ヘム>ショーケースをDaumで独占生中継します。一時も目を離すことができない強烈なドラマと爽快な緊張感を生々しく感じてください。

DAUMへ←ここをクリックしてください

日程:7月15日(火)午後8時
参加者:シムソンボ監督、キム·ユンソク、パク·ユチョン、ハンイェリ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモク
生中継のページ:Daum芸能(▶ショートカット)
715-10.jpg

満の夢を抱いた六人の船員、船を守るために「人」を乗せて運ぶ!
今年の夏最も熱い期待作<ヘム>本予告編&ポスター初公開!

国内で初めて披露したキャラクターのモーションポスターで爆発的な反応を呼んで集めた今年の夏最も熱い期待作<ヘム>が予告編とポスターを公開して本格的に実体を現わした。今回公開された「ヘム」のこのポスターは実際の船乗りを彷彿とさせるリアルなビジュアルで破格変身したキム·ユンソク、パク·ユチョン、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモクが引き受けた六船員の出港前の姿を捉えた。古いアンガンマン漁船「チョン·ジンホ」のデッキの上で満船の夢を抱いて浮かれている人の姿とともに「六人の船員、満の夢そしてヘム」というコピーが加わり、これらに果たしてどんなことが起きるか気がかりなことを刺激する。

711-6.jpg

大海の上満の夢を抱いて出発した六船員たちのいつもと変わらない平凡な日常で始まる<ヘム>の予告編は、船を守るために「肉」ではなく「人」を載せるようにしたこれらの緊迫した状況を盛り出した。命をかけて海を渡ってきた多くの密航者たち、そして彼らと運命の船に乗られた六人の乗組員は一時も緊張を緩めることができない息詰まる展開と一緒に極限の緊張感をプレゼントする。特に、自分が守った朝鮮族の娘「紅梅」を見て一目惚れした純朴な末っ子船員「リムーバブル」(パク·ユチョン)の姿は、これらの間で咲き切ない感情を予告して期待感を増幅させる。貫​​禄の俳優からスクリーンの期待の星まで大韓民国最高の俳優たちが総出動して完璧なアンサンブルを誇る映画「ヘム」は、本予告篇だけでも映画の最初から最後までを埋めるための圧倒的な存在感を誇示する俳優たちの名演はもちろん、極限の状況下で広がる強烈なドラマと爽快な緊張感を期待させる。

映画「ヘム」は、満船の夢を抱いて出発した6人の乗組員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる物語を扱った作品。今まで経験できなかったスケールを圧倒するスペクタクルなドラマで、来る8月13日、観客をひきつけるだろう。
[special]
元記事へ






海のスペクタクル:<鳴梁> <海賊> <ヘム>


霧の中の欲望<ヘム>の特殊撮影と特殊効果
文イファジョン、<シネ21>記者

満の夢を抱いて出発した漁船が密航者を乗せて運びながら、霧に包まれる。 <ヘム>は真冬ロケで本物の海を撮って、特効会社「デモリション」のノウハウを集約して、巨大な水槽に2つのジンバルを入れて密航シーンを撮った。波を起こすために別の波の発電機を製作して霧を作るためにドライフォーウェット技法(ドライフォーウェット - 特殊スモッグで地上のセット場を満たした上で、特殊なカメラで撮影して水中のような効果を出す技法)も使用した。

ヘム-6
715-6.jpg

真冬遠い南の海

「海の映画は今よりない投票する」<台風>(2005)の苦労の後ホン·ギョンピョ撮影監督が持つ誓いは「ヘム」のシナリオの前で崩れた。撮影監督として欲を出さざるを得ないもう一つの海が待っていた。 <台風>以来8年ぶりの海。その間忠武路(チュンムロ)の特撮技術もそれほど発展したし、ホン·ギョンピョ監督は、再びスクリーンに「本物の」海を再現する重大な任務に飛び込んだ。イントロ約10分を除いて映画の全量が海のシーン。大海の、漂流している六人の船員たち。 <ヘム>の海は、拉致された船員たちの心理の底までをヘつまむ装置であり、また他の映画の人物だった。アクション映画の轟音の海とは、その属性が違う、船乗りたちの心理戦を表わす背景に忠実に役割を果たしてくれる海必要がありました。 「リアリティがカギだった。演技する俳優たちにほぼ実際と同じ環境を構築してくれれば、両者の間に明確な相乗効果があると判断した。 "<ヘム>は後半CG依存を徹底的に排除し、代わりにできる限り実際の海で撮影することを原則とした。事件が起る甲板の上をいつ​​も影のように付きまとう海、ホン·ギョンピョ撮影監督は、その海をCGなく、ほぼすべての実写撮影に耐えこなす。 「水と火はCG表現力において、最も要求の厳しい領域である。様々な色味、風量、世紀の洗練された差をCGですべて作って出すというのは不可能である。下手に観客の目を欺いず、徹底的に、実際の姿だけ見せてやろうと思った。

<ヘム>は、海の中でも、水の流れは、この世紀に評判の海だけを選んで撮影した。 「実際の船乗りたちが肉をとる荒波が起こる場所を捜してみたらロケ地として南の端に位置する巨済海より深くまで入った海を見つけることだった。「特に海上撮影は地平線に日が昇る姿とも関連があって、角度や複数かを考慮して、巨済島、馬山、釜山、麗水沖などさまざまな場所で撮影を進行した。 「グリーンとブルーが混じっている深い海の色味は、実際のではなくては演出できない領域である。 "<ヘム>のデッキのシーンはすべてそう見つけたロケ地を元に、船の上で撮影した。 「ほぼすべてがアナログ方式で行われた。そのおかげで俳優たちが寒い冬、船酔いを経験して撮るなど苦労が並大抵ではなかった」ホン·ギョンピョ撮影監督は、それでもこの点だけはあきらめることができなかったと言う。 「こだわりなら頑固であることがありますが、よりリアルな画面を演出するためには仕方ない選択だった。それのための「乗り物酔い」の程度は参考耐えなければならないと考えた」テスト撮影が数回繰り返し、去年の冬極寒の寒さを突き抜け<ヘム>の海は、その画面上に捕捉された。

水槽セットに挿入し二つのジンバル

もちろん海で撮影することができなかった部分もあった。すぐに船員の密航の場面演出であった。船が接岸する場​​面は、実際に撮影をすることはほとんど不可能だった。船員がサイズが異なる二重の間を移る場面を敢行していては、ややもする、その間俳優が落ちる大きな事故につながる危険性があった。だから、お腹が揺れて傾くのを演出することができるジンバルを利用した特殊撮影を進行した。 <ヘム>の製作陣は、ジンバル場面だけ撮って、背景の海はすべてCG作業にするのではなく、高揚アクアスタジオの水槽セットの中に二つのジンバルを設置し、その上に重二隻を置いて撮影をした。ジンバルの高さがなんと30メートル、大きさが6メートルに規模と技術力の面で一層アップグレードされた方式である。

「デモリション」のパク·ギョンス特殊効果監督は「特殊効果会社のデモリションが<台風>と<赤壁の戦い>の製作を経て積んだ、ジンバルのすべてのノウハウが<ヘム>のジンバル入っている」と話す。今回の映画のために開発された「対面ジンバル」は、「水に沈められた漁船の沈没を実装するために「フリープロダクションの段階から数回技術会議を経て製作された新技術である。 「元々は地上用、水中用ジンバルを別に作るつもりだったが、いくつかの製作条件を勘案してみると、むしろ地上と水中の両方の使用が可能な、対面ジンバルを開発することになった」というのがパク·ギョンス特効監督の言葉だ。漁船二隻がつく神多いの大規模なジンバルと小ジンバルを並べたとする試みをしたという点も注目に値する。 「それぞれの荷物稼ぎどのように動くのか角度を計算した後、撮影チームとの緊密な協力を得て、数回のシミュレーションを試してみた後、配列に成功した」とパク·ギョンス監督は言う。

一方、ホン·ギョンピョ撮影監督は、「巨大なジンバルを水槽セットの中に入れること自体が国内初の試みであり、冒険だった」と言う。 "<雪国列車>(2013)は、雪原で撮ることができなかったので、すべてのジンバルが利用している場合(<雪国列車>は、最後の列車が脱線する場面がオーストリアで撮影して、残りはすべてジンバル場面である)、<ヘム>は、可能な本物の水を活用することにした。 CGで作られた海を少しでも減らすために水槽に海と同じような環境を作ってくれるのだ。「ホン·ギョンピョ撮影監督は、この方法を先に<台風>の時も使ったことがある。波が迫ってくる場面を演出する時、室内で水を注ぎながら撮影された経験を<ヘム>の撮影に発展させたものである。船が沈没する場面も水槽セットの中で行われたが、これも十分な高さが伴っていなくては不可能な作業であった。主演俳優のパク·ユチョンは、ジンバルの上での作業ですが、実際の海に落ちるようなめくるめく経験をすべきだった。
715-7.jpg

ヘム5

波と霧を作る技術

海が主な舞台である「ヘム」のもう一つの観戦ポイントは波の実装で​​す。実写撮影が多い映画だけに「波発生器」の必要性が切実た製作陣は言う。パク·ギョンス特殊効果監督は「高揚アクアスタジオの水槽サイズに合わせた「波発生器の一台を「ヘム」の制作環境にふさわしく、独自に開発した。この波発生器は、「一般的なウォーターパークの波を生成させる原理ではなく、シリンダーを水中に漬け取り出す方法で "簡単に、すぐに波を起こすという点で差別化される。また、波の大きさと速度の調節が可能な「ヘム」の波ジェネレータは、「水槽の方が大きい場合ヅソノ台を一緒に使用することができ、はるかに多様な形態と速度を持つ波を生成することができるものと見られる」と話している。

一寸先も見通すことができない海の霧、「ヘム」の表現も製作陣には重要だった。明け方の海の水平線を覆ったヘムは美しく見えるが、時によっては、前が見えないほど過酷な属性を表わし恐ろしく怖いことができる存在だ。ホン·ギョンピョ撮影監督は、このように多彩なヘムの属性を撮影で露出する。 「ポン·ジュノ監督(製作)がそうだったよ。私じゃないと人がいない。その言葉に移った。(笑)浅く濃いヘムの濃度を表わすこと自体が撮影監督として、この映画の映像を作るの魅力だった。「映画の40%がヘムに包まれた海。実際の海のヘムを撮影して、メインのソースとして活用した。本格的なヘム演出は<幽霊>(1999)のスモッグ、(2007)の霧のシーン、そして<雪国列車>のサウナルームスモッグ演出する時に使用した「ドライフォーウェット(Dry for Wet)」技法を使用した、今度は海の両方を覆うほどの大きさに拡大したという点で、全く新しい試みだ(ドライフォーウェット - 特殊スモッグで地上のセット場を満たした上で、特殊なカメラで撮影して水中のような効果を出す手法)。船を釜山セット場に運んできてスモッグを満たし、濃度とライティングを調節してヘムを表現した。ホン·ギョンピョ撮影監督は、これまで映画界の技術的な表現力が、海外と比べても遜色がないと言う。 「技術が完璧という言葉は、結局観客が技術的な違和感を感じずに完全にドラマに沈んでできるようにするものである。まさに<ヘム>を操作しながら、念頭に置いた最も重要な技術であった。 "
715-8.jpg
元記事へ




ロッテシネマにも
715-9.jpg

715-15.jpg
(画像はすべてお借りしています)
ミッキーBaiduBarに登録のファンのNOSが7.1millionに3.9から上昇してきた

ハッピーキャンプの影響かな

映画で更にファンが増えるかな





JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR