FC2ブログ

JYJとユチョンが自由に活動できますように!



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


JYJ MEMBERSHIP WEEK ①

   
KSTYLE NEWS

JYJ「MEMBERSHIP WEEK」本日終幕!

“100億ウォンの経済効果”

OSEN |2013年06月30日17時45分
2-2.jpg

超大型ファンフェスティバル「2013 JYJ MEMBERSHIP WEEK」が本日(30日)幕を閉じる。

27日から4日間ソウル市大峙洞(テチドン)ハギョウル駅SETECで開催されたこのイベントは、日韓の計1万7000人余りのメンバーシップ会員が訪れた。
2-3.jpg



3000坪のハギョウルSETECで開かれたこの博覧会は、JYJの音楽を楽しめる大型の噴水や、無料ドリンクが提供されるカフェテリアなどがある「Mediafacade Square館」(第2館)、JYJが作った様々な美術品やその制作過程を映像で見ることができるだけでなく、ファンも体験できるスペースまで完備した「JYJ ART GALLERY」、4月に東京ドームで行われたJYJコンサートを無料観覧できる「CONCERT HALL」が設けられており、ファンたちの五感を満足させた。

あちこちにJYJと一緒に写真を撮ることができる大型フォトゾーンもあり、第2館では10台のプリクラ機が設けられており、特別な思い出を写真で残せるようになっている。

2-4.jpg


商業性が排除されたこのイベントでは、参加したメンバーシップ会員にうちわやドリンクなどが無料で提供され、ファンミーティングやコンサートホールの観覧ももちろん無料だった。

関係者は「今回のイベントを通じてファンたちにより身近に感じてもらおうというJYJの企画通り、美術作品を通じて共感する場を設け、満足度を高めた。去年はフォトゾーンが多く、写真を撮って思い出を残す部分が多かったが、今回はJYJが自ら聴かせるメッセージを作品を通じて持って帰ることになる」と話した。

C-JeSエンターテインメントのパク・チャンジュ代表は「『JYJ MEMBERSHIP WEEK』を通じて商業性を排除し、アーティストとファンだけが共存する場を作った。今年で2度目だが、最初の企画段階から持続的なイベントとして定着させようとしていたため、JYJとファンたちが共感できる場を設けるために努めた。ファンたちが選んだオークションを介して収益金全額を寄付する予定だ」と明かした。
2-5.jpg

29~30日には、事前に抽選で選ばれた会員限定でJYJのファンミーティングも行われた。JYJは2日間、約4000人のファンとトークやゲームを楽しんだ。JYJはゲーム、クイズ、トークなど全てのプログラムに情熱を注ぎ、ファンたちに幸せな思い出をプレゼントした。2時間が超えるファンミーティングで、JYJのステージとそれぞれのソロステージを披露し、熱い歓声を浴びた。

JYJは「去年に続き、今年も皆さんに楽しんでもらい、思い出になるフェスティバルができて嬉しい。これからも良い活動でお応えしたい。僕たちもファンの皆さんの愛を感じているため、ファンの皆さんにも僕たちの心を感じてもらうきっかけになればと思う」という感想を明かした。

このイベントに参加するために、27日から仁川(インチョン)空港や金浦(キンポ)空港を通じて約4000人の日本人が韓国を訪れた。C-JeSの関係者は「最近、円安が続いているうえ、北朝鮮と関係が悪化し、日本人観光客が大幅減っていた。そんな中、JYJに会うために4000人の日本人のファンが韓国を訪れたということは、観光業界としても驚くべきことであり、喜ばしいことだ。ファンの皆さんが支出する金額を計算すると、100億ウォン(約8.7億円)を超える経済効果を期待することができるため、JYJが持つ価値は、非常に強いパワーがある」と分析した。
元記事配信日時 : 2013年06月30日14時58分 記者 : イ・ヘリン
(記事と写真はお借りしています)



博覧会のお土産

お土産博覧会
このお土産の中の
・海外旅行用の変圧器
 嬉しかった
・うちわ2パターン
・ランチョンマット(かな?自信ない・・・)
・マウスパッド
・携帯の電磁波よけ3枚
・画伯の絵葉書3枚

チケットは6枚
・フォトステッカ―利用券(プリクラ)
・プレゼント交換券(上の写真)
・コンサートホール入場券
・アートギャラリー観覧券(とても充実していた、時間が足りなかった)
・アイスアメリカ―ノ交換券
・ファンミーテイング観覧券

CーJES大盤振る舞い
アートギャラリーにあった画伯3人の絵
ユチョンのコメントは
「僕の絵の面白さが分からない人は・・」

いつも上から目線
はいついていきますとも

ユチョンはきれい
余裕のあるナムジャ
めっちゃ、かっこよかった
半パンから見える脚
ふくらはぎが締まってきれい~
足首、細っ
(私の足首の半分?)

また明日、できたら続き・・
旅のドタバタを・・・






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。






続きはポゴシッタ

DATVマガジン
号外

DNTV.jpg

DATVで大人気放送中のポゴシッタ!韓流ライター高橋尚子さんが「ポゴシッタ(原題)」の魅力と萌えポイントについて語る、コラムメルマガ!ポゴシッタが100倍楽しめちゃいます♪


いきなりですが、今回は日本が誇る名脚本家、
向田邦子が残した一文からいきます。

「男が泣くというのは、女にとっては心をそそられるものだ。
男が一番色っぽく見える瞬間でもある。」

あぁ、激しく同意。
そして、この文章を読むたび何人かの俳優が浮かぶのですが、
その1人がパク・ユチョンだったりします。

先週の『ポゴシッタ(原題)』12話、そして今日放送の13話でも、
ジョンウ泣きに不謹慎にもそそられてしまい。
涙の裏側の、悲しみや怒り、もどかしさや悔しさ、
その人が抱える感情が透けて見えるような、
そこにそそられるのだと思います。

で、12話、掃除のおばさんとの取調室のやり取りです。
おばさんは亡き娘ボラを、自分はスヨンを、
「もう忘れよう」と話しながらジョンウの頬を伝う涙…。
スヨンのためにも、自分のためにも忘れよう、という切ない選択、
自分自身への言い聞かせがあり。
そして同様にハリーの涙も増えていき。物語が進むにつれ、
ハリー@ユ・スンホの涙にそそられる人も増えていくことでしょう。

そして、ジョンウがスヨンを「忘れる、手放す」という選択をした
12話のポイントは、なんといっても前髪ジョンウ!
以前「ミス・リプリー」でも中盤に髪型をがつっと変えてきたユチョンですが
今回も序盤の前髪あげ、このタイミングでの前髪おろしは
ユチョン自身が考えた役作りのひとつです。

心情の変化を髪型で表していることからもわかるように、
この回が『ポゴシッタ』というドラマの大きな転換地点になります。
ジョンウが変わり、スヨンが変わり、ハリーが変わり、
様々な状況が変わっていくポイントになっていく。

それと、スヨンとスヨン母の会話。
「憎んでいた時のほうが楽だった」というスヨンですが、
それはそのままハリーにも言えることで。
ハリーも憎むことで、精神のバランスを取っているんだろうなと思ったり。
「私はね、ジョンウが誰よりも好き」というスヨン母の言葉に、
なぜか救われるような気持ちになったり。
だって、ほら、ジョンウは愛されていてほしいから。
しかし、この母娘、言動に血の繋がりを感ぜざるを得ません。
「私はジョンウが好き」って、2人とも同じこと言ってるよ…。

それと、ジョンウやスヨンの口癖に
「今日はここまで(オヌルン ヨギ カジ)」というものがあります。
焦らず急がず、ゆっくりと近づき、心取り戻していくために、必要な言葉。
これについては、私ももう少し論が固まったら、語りたいと思います。

最後に、今日の13話のポイントを。
これはもう、無防備寝顔からの美し涙と2度目の…(見てのお楽しみ♪)
スヨンが初めて作ったドレスの話の真意、
ずれていくハリーとスヨン、でしょうか。
とにかく、私が夜な夜なリピった最強の萌えシーンが13話にあります。
ご堪能あれ!



⇒ DATVスタッフ「きのっちげ」の書く「ポゴシッタ(原題)」公式ブログもよろしくお願いします☆

ポゴシッタブログ←クリックしてください。きのっちげさんのブログに飛びます。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/49-db68fb8b
<< NEW | TOP | OLD>>