FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「ヘム」試写会
729-1-1.jpg
729-7.jpg
729-5.jpg
729-4.jpg
729-14.jpg
729-12.jpg
729-13.jpg
(画像はすべてお借りしています)

「海霧」ユチョン、
初挑戦した濡れ場は「僕にとって最も胸を打たれたシーン」


スポーツ ソウルドットコム | 2014/07/28 17:40
729-1.jpg

映画「海霧」で銀幕デビューを果たしたユチョンが、劇中挑んだベッドシーンに対する感想を打ち明けた。|イ・ヒョギュン記者

銀幕デビュー作映画「海霧」で、女優ハン・イェリと果敢なベッドシーンを敢行したユチョン(28・JYJ)が、感想を述べた。

28日午後、ソウル・城東区(ソンドング)にあるCGV往十里店で、映画「海霧」(監督:シム・ソンボ、制作:ポン・ジュノ)のマスコミ試写会が行われた。
会見でユチョンは、「悲しく描かれるベッドシーンについて、監督と直前まで相談していました。(観客らに)どのように納得してもらえるかとたくさん悩んだんですが、いざ撮影に入ると理解できるようになりました。そのシーンは一寸先も見られない、死ぬかもしれない状況の中で、自分たちが生きていることを感じさせる場面でありました」と述べつつ「撮影中はとても悲しい気分が続いていて、今日映画を観ても、自分にとってすごく胸を打たれる場面でした」と回想した。

これに相手役のハン・イェリは、「あのシーンでの状況はとても切迫なものでした。当時彼女が信じられる人はドンシク(ユチョン)しかいなかったと思いたいのですが、これが合っているかどうかは分からないです。ただ彼女は、その瞬間が最期だと考えて、生きることが感じられる何かに集中したんだと思います」と説明した。
映画でユチョンとハン・イェリは、それぞれドンシクとホンメに扮し、映画の中盤で果敢なベッドシーンを披露する。

映画「海霧」は、満船の夢をみながら出航した6人の船人たちが、海霧の中で密航者らを運ぶことになり、引き返せない事件に巻き込まれる物語を描いた作品。
映画「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」「母なる証明」「スノーピアサー」など、韓国を代表する鬼才ポン・ジュノ監督が初めて企画と制作を務め、「殺人の追憶」の脚本を務めたシム・ソンボ監督がメガフォンをとった。
実力派俳優のキム・ユンソク、ユチョン、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、キム・サンホ、ユ・スンモクらが主役を演じており、来る8月13日に韓国で全国公開される。
THE FACT|キム・ガヨン記者
元記事へ




「海霧」JYJ ユチョン、
ハン・イェリとのベッドシーンについて“映画の状況なら理解できる”


MYDAILY |2014年07月28日17時46分
729-6.jpg


JYJ ユチョンとハン・イェリが、映画「海霧」でのベッドシーンについて言及した。

本日(28日)午後、ソウル城東(ソンドン)区往十里(ワンシムニ)CGVにて行われた「海霧」(監督:シム・ソンボ、配給:NEW)マスコミ試写会および懇談会には、シム・ソンボ監督をはじめキム・ユンソク、ムン・ソングン、ユチョン、ハン・イェリなどが出席した。

この席でハン・イェリは「ホンメは非常に切迫していた。すぐに死ぬ可能性もある。信じられる人が同席していると考えたかったが、それが正しいのかも分からず、何も考えられなかっただろう。その瞬間が終わるかもしれないという考えで、生きている何かを感じてみたかったという感情に集中しながら撮影した」と話した。

また、ユチョンは「監督とベッドシーンについて話し合いをたくさんした。この部分がどうしたら納得できるかついて話をたくさん交わした。実際に撮影に入ったら、自分自身がとても理解できた。一寸先も分からない状況で、死ぬかもしれない状況で生きていることを感じる唯一の人で、それを感じることができた。撮影した時、すごく悲しかった。見ても胸が痛かった」と話した。

「海霧」は満船の夢を抱いて出航した6人の船員たちが一寸先も見えない海霧の中、密航者を運ぶことになり、収拾のつかない事件に巻き込まれるストーリーを描いた作品で、来月13日に韓国で公開される予定だ。
元記事配信日時 : 2014年07月28日16時42分 記者 : イ・ウンジ、写真 : ソン・イルソプ





「6002ismさんより翻訳をお借りしています」
記者会見でのユチョンさん所感①~⑤

「初めての映画なので反応が気になる。
ポスターを見ると胸が詰まって切ない気がする。
全ての船員の気持ちに理解が出来てやるせなくて胸が詰まる。
魚庫でホンメにまた会って家に行きたいという場面で、
見ていてとても切なかった。」
ベッドシーンに対して
「監督と序盤からたくさん悩んだ。
実際に撮影に入るとすごく理解できた。
死ぬかもしれない状況で生きている人を感じたい、
そんな気持ちが共存していたようだ。
撮影しながらもすごく悲しくて、
今日見ても胸がとてもチクチクする」
「今日初めて映画をちゃんと見たが、
負担が大きかったようだ。
比重に対する負担ではなく瞬間瞬間どのように上手く溶け込めるか、
共に上手くやっていけるかという負担だった。
時間が経つにつれより多くのことが浮かび上がってくるようだ。」
「天気も寒くて泳ぎもして大変だったが、
後半に行くほど苦しめられたのはドンシクの決断だった。
船員みんなが心を分かってみれば純朴な青年だが、
後半に行くほど自分の決断が正しいのかどうかのジレンマがあった。
それが個人的に撮影していて悩みになった」
「なまりがとても心配だった。
上手くやれるのかとても悩んで、
ドキュメンタリーを見ながら練習もして、
録音もして聞いてみながら地道に練習した。
上手くやりたい欲があって最大限努力した」



ユチョンの表情が微妙に悲しげなのは

目が潤んで見えるのは

映画を見ての気持ちだったのね

本当に没頭した映画

いい評価がでるといいね








JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR