FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

729-3-7.jpg

729-3-2.jpg
729-3-1.jpg
729-3-3.jpg
729-3-4.jpg
729-3-5.jpg
(画像はすべてお借りしています)

]「ヘム」が作り上げたモンスターの恐ろしい二つの顔 729-1-2.jpg

「海の上にはめる霧」のように、映画「ヘム」(海雾)は一寸先も見るのが難しい極限の状況の中で、私追い込まれた人間がどのように変化するかを示す「残酷」と「冷静」なほど無関心な「視線」に傍点を撮る。そのため、「ヘム」は、湿った海の上の湿った霧の中で雨風が吹き荒れる嵐した中でありながらも、感情の湿度があまりにも乾燥している。人間の本性の端の底がどこまで落ちるか、また、その感情の終わりがどの瞬間に床をさらされるか、そのきっかけが、最終的に環境が作成されたモンスターのもう一つの場合はと言う点で「ヘム」は、強烈さを超えた何かが存在する。目に見えないで、より恐ろしく、その裏を知ることができない「ヘム」は、深さを知ることができない人間の欲望とぴったり接している。だから、乾燥して、瞬く間に変わり、その温度も知らない。
7129-1-3.jpg

大韓民国最高の興行パワーを誇るポン·ジュノ監督が初の企画を担当して「殺人の追憶」の脚本を書いたシムソンボ監督の初の商業デビュー作という点で、まず「ヘム」は、注目を集めるしかない。 「ヘムが群がって来る瞬間、すべてが変わった」は、コピーのように「ヘム」は、ストーリーの変曲点が、瞬く間に観客に伝達される。そこで、「ヘム」の全体的な感じが乾燥したトーンで一貫性のある可能性がある。観客たちに同情を感じる時間を与えない。しかし、心配する必要はない。クイック感情のトーンの変化が没入感を低下させません。ポン·ジュノの企画とシナリオは、彼の長年の映画的同志シムソンボ監督のパートナーシップが「ヘム」の完成度を十分に確保する。ここに俳優キム·ユンソク·ソングンキム·サンホイ·ヒジュンユスンモクハンイェリなど、「演技派」の総出動、アイドル出身だが、十分に演技派に分類されるパク·ユチョンの初めてのスクリーンデビュー作という点では「ヘム」の重みを加える。
729-1-4.jpg

映画は2001年に全羅南道麗水であった中国人密入国しようと中に電源が死亡した第7号太倉号事件をモチーフにしている。かつては麗水の海を牛耳ったチョルジン号は、今しっかりとした漁すらない充填船に転落した。ついには政府のガムチョク事業対象者に転落する。最後のチャンスだと思っていた船長ポンツーン(キム·ユンソク)は、乗組員と一緒にお肉以外のものを乗せて運ぶために出発を決意する。
729-1-5.jpg

大海の沖で人を乗せて運んだチョン·ジン号は一瞬疑いと反目そして欲望が入り混じった餓鬼地獄へと変貌し始めている。体だけを信じて密航を試みた朝鮮族は船員を信じられず、船員たちは密航という単語を「権力」と勘違いしながら、映画のトーンは急激に広がっていく。ポンツーンは、自分に逆らう船員の一人を海に投げながら、残りの密航者たちに脅し上げる。 "私はこの船では、大統領であり、あなたたちの父である」と。
7129-1-6.jpg

実際には「ヘム」は、先に述べたように、人間の目に見えない未知の欲望のための別の名前のように深い印象も強い。のいずれかをとると別のものを取って別のものをとると、残りの一つさえ欲を出す船員たちの姿は、生死の瞬間でも発現される。その中で、最終的に人間性を維持するために自動式(パク·ユチョン)も、実際には同じ感情の底を表わしながら見舞われた群れの中の一人だった。最終的にはすべての欲望に駆られた悪魔であり、欲望に振り回され、感情の奴隷だったの点で、「ヘム」は、ポン·ジュノ - シムソンボ監督のコンビが言った「終わりを知ることができない」という表現を正確にいう。そこで、「ヘム」の気運があまりにも残酷で、また密度あるように、今後のようでもある。開始もまた終わり未知のオーラは"恐怖"のそれと正確に接している。

映画の最後のドンシクの視線が向けところあった彼の欲望が、最終的に、つかの間の夢だったかのように哀れに感じられるのが音もなく現れたが、瞬く間に姿を消す」ヘム」とそっくりに見える。
729-1-7.jpg

同名の戯曲が原作である「ヘム」は、演劇俳優出身であるキム·ユンソク·ソングンキム·サンホユスンモクイ·ヒジュンによってさらに力を受けて存続した。特にキム·ユンソクは、感情の起伏の変化が激しい船長ポンツーンのキャラクターを粒立ち生かして'やはり'という賛辞をもたらす。目を引くの俳優イ·ヒジュンです。無関心なように視線を回しながら、自分だけの欲望だけを考えている船員'·チャンウク」を作ったイ·ヒジュンの演技力は「ヘム」の最後分からない恐怖感をプレゼントするのに最適な動力を醸し出す。

しかし、本当の賞賛を受ける学習パク·ユチョンの努力である。アイドル出身で、TVドラマでとびきり私は演技力を披露した彼はデビュー初スクリーン作品を「ヘム」を選択する超強気を置いた。演劇原作演劇の基本を置いた先輩たちとの共演は、ややもすると「自爆」に近い挑戦だった。しかし、無理がなく、フローに沿って行く呼吸とさらに出演キャラクターの中で最も感情の幅が大きい配役を消化しながらも、自然さを維持したのは、彼のスクリーンの成功の可能性を確実に保証する。
映画「ヘム」、欲望と怪物が作り出した餓鬼地獄の終わり時が繰り広げられる。非凡な監督と俳優の豪華な晩餐とその地獄が、いかにも期待感を醸し出す。今年の夏封切りする韓国映画「ビッグ4」の中で最も感情の振幅が大きい。開封は来月13日。
ジェボム記者cine517@
元記事へ

VIP試写会に来てくれた人
729-4-5.jpg
729-4-1.jpg
729-4-3.jpg
729-4-4.jpg
729-4-2.jpg
(画像はすべてお借りしています)
ジュンスくん・ハンジミンさん・パクチヨンさん、チョンソクウォンさん・カンヘジョンさん・イビョンホンさん





[OBS경인TV] 박유천 "사투리 연기, 잘 해낼지 불안감 컸다"('해무') パク·ユチョン"なまり演技、うまくいって不安感大きかった」(「ヘム」)

(動画は朴有天Taiwan Only Yuchunさんよりお借りしています)


[SSTV] ‘해무’ VIP시사회, 김윤석-박유천-한예리 등 팬들과 특급 만남! [SSTV] 'ヘム' VIP試写会、キム·ユンソク - パク·ユチョン - ハンイェリなどファンと特急の出会い!

(動画はSSTVnewsさんよりお借りしています)


JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR