FC2ブログ

JYJとユチョンが自由に活動できますように!



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


パク·ユチョン "'ヘム'で私は目に見えない事を...」

   
パク·ユチョン
"'ヘム'で私は目に見えない事を...」

2014-08-08 08:23
808-6.jpg
[ニュスピム=文ジャンジュヨン記者·写真ギムハクソン記者]
ブラウン管、スクリーンを問わず、現役アイドル出身の俳優たちが絶えず降り注ぐ。
舞台で歌ったこれら、ある日突然「学ぶもう一つの夢」と叫んでぎこちない演技をする。

もちろん、最初から俳優に劣らず素晴らしい演技を披露することもある。
しかし、「迷惑」という思いが先に浮かぶ、作品の質を落とすこれらより多いのは否めない。

このような状況を考慮したときに幸いなことに(?)JYJパク·ユチョン(28)は、前者に属する。

彼はドラマ「成均館スキャンダル」(2009)を皮切りに、「ミス·リプリー」(2011)、「屋根部屋の皇太子」(2012)、「会いたい」(2013)、「スリーデイズ」(2014)などを介して、ずっと安定した演技を披露した。
だから決して彼の演技力に批判を加えるつもりはない。

ただし(いくらよくてきたとしても)キム·ユンソク、ムン·ソングン、キム·サンホなど錚々たる演技派先輩俳優たちの間に置かれた場合、話は変わるだろうと思っていた。

映画「ヘム」がベールを脱いだ後に驚いたのもこのためだった。
配役に完全に溶け込んだ彼は弾くどころかかえって極の完成度にも力を足していた。

結果、蓋が開いて見なければ分かるだろうが、少なくとも今は「演技する」パク·ユチョンの前に歌手兼、あるいはJYJという札をつけないようにという思いがした。
もちろん、単に演技力だけでこのような判断を下したわけではない。

「ヘム」のプロモーションのインタビューに向き合っパク·ユチョンは自分に向かってスポットライトよりも作品を先に考えることを知っている「実質の俳優」であった。

「先輩たちと一緒に見て非常に緊張した状態で見ました。
さらにスクリーンに私を見たのは初めてじゃないでしょう。

ところで映画を見てびっくりしたのが、私は覚えているよりもはるかに多くのシーン撮りましたよ(笑)。
時間が過ぎてではなく、撮影時にあまりにもドンシクであって、撮影しているという事実を忘れてしまったのです。

なぜ私はパク·ユチョンに生きることによって、
普段の「私はパク·ユチョンは 'そう考えて、生きないでしょう。
そのような気持ちだったんです。
だから「私はあんなセリフをしたの?」と思うほど覚えていない部分がありました。 "
808-7.jpg

パク·ユチョンのスクリーンデビュー作「ヘム」は同名の戯曲を原作にした作品である。
映画は、満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができない海の霧の中で密航者を乗せて運ぶことながら広がる話を入れた。
パク·ユチョンは、素朴な末っ子船員ドンシクに「チョン·ジン号 'に上がった。

「まずはキャラクターの心惹かれるが、最も大きかった。
ドンシクの純朴と考えを行動に取り組む部分が良かった。
行動が正しい正しくないを離れて新鮮で羨ましかっよ。
もちろん、多くの先輩俳優と作業だから期待もしたんです。
普段の大先輩たちと一緒にやってみたいという気持ちが大きかったんですよ。容易なかったのよりみたかったんです。
完全に没入して演技したい気持ちだった。 "

彼の言葉通り、キム·ユンソク、ムン·ソングン、イ·ヒジュン、キム·サンホ、ユスンモクように底から小骨の太い俳優たちと作品で会うことができるということは明らか」栄光」である。
しかし、何も隠さず打ち解けて話して三(?)もとても強い俳優だ。
ところが、最初の映画から、これらの目をぎらつかせながら演技対決を広げなければならなんて、明らかに負担になるはずだった。

「事実、最初お会いするまでは、すごく緊張になりました。
最初のリーディング時は麗水の方言も完璧ではないなくて与えるようにしましたよ(笑)。

しかし、一緒に演技しながらそのような緊張感や負担が他の部分に行きました。
むしろ先輩たち直·間接的に支援も多く受けました。

特にお酒の席で映画の話、日常の話をしながら密接な協力関係が高くなりました。
閑静な撮影現場でもよい作用をしたんです。
そうしたら少し自然に最年少ドンシクの演技も出てくることができました」
808-9.jpg

インタビューをしながら、彼は「ドンシクがうらやましい」という話をしばしばした。
私の考えを先に行動に示すことができるという点であった。

もちろん何気なくだけ出てきたの末日することもできる。
しかし、2004年、満十八歳の時にデビューしてしばしば言われる「最も良い時代」をあまりにも忙しく、また大衆の視線に縛られて生きてきた彼だ。
だから行動が先に進むのドンシクが羨ましいのは多分当然のかも知らなかった。

「もちろん、専門的な影響も明らかにあったでしょう。
自分が考え、感じることを戻らずに直線的に依存していくことができるということは、私はいつも憧れている部分です。

もちろん演技しながらある程度振っこともして。
一種の代理満足と言えるか?(笑)
確かに、今回はそのような部分は私に元がなりましたよ。
特に紅梅との愛にあるからです。
生きてそのような愛を試みることができるかと思います。
機会が与えられてもいない愛じゃないですか。 "

休みなしに映画の話を続けていく彼に「ヘム」を使用してパク·ユチョンのいくつかの面を見て見たのかという質問を最後に投げた。
率直に言ってたら、「俳優として新しい面」という「そう」した答を期待して尋ねた質問だった。
ところが、いきなり自分が見えなければいいんだ。
彼が最も聞きたい評は、時間が経過した後「あら、そこにパク·ユチョンが出演したの?」という言葉。
それだけ映画に自然ににじみ出ることという願いである。

"前の映画とドラマが持つ力がとても巨大であると考えます。
もちろん音楽も同じよ。

実際にいくら平凡な瞬間もすべてが経験はないでしょう。
私たちは、どのような痛みと喜び、このような感情を人物として表現し、また、そのような歌詞を音楽に渡しましょう​​。
しかし、明らかにここには大きな力があります。
だから、この大きな力をよく触れて、本当に良い方にたくさん書く。
そのような作品の歌を歌ってたいよ。
懐疑感と安堵感、そのようないくつかの感情を感じさせてくれる作品をしたい。 「ヘム」のように(笑)。 "
808-10.jpg

「ハンイェリ、強さともろさをすべての俳優 "

今回の映画で観客、特に彼のファンたちの注目をひきつけるのは断然ドンシクと紅梅(ハンイェリ)のベッドシーンである。兄を見つけるために密航に上がった朝鮮族の処女と素朴な末っ子の船員は、極端な状況でお互いを頼ってながら愛を分かち合うことになる。

「誰かは私たちの愛が急であると考えることができるではなくじわじわ理由が説明とすれば楽しさがなかったでしょう。
あえて両方の愛に理由を探そうと、若い男女の燃え上り?(笑)実際にベッドシーンはシナリオ受けた時から撮影の前日まで悩みました。

このシーン、正しくない正しい決断を下すことができませんでした。
観客がどのように受け取られるかも心配されたしね。

しかし、その心配が映画の中の流れと、特定の事件に消えたのです。
あまりにも恐ろしく痛いとき紅梅はドンシクが唯一傾くことができる存在であったと思います。
同時にドンシクが生きていることを感じさせてくれる人物だよ。

紅梅を演じた(ハン)イェリさんもとてもユニークな、見つけるのは難しい俳優だと思います。
心もそのような声もそうあまりにも魅力のです。

本当に肌の色と同じくらいきれいで澄んでるよ。
それだけ輝いてする必要がありますか?
体力を​​離れても心が強い人であり、また同時にとてもヨリ祈りましょう。
ドンシクに紅梅が大きかったので、私も俳優ハンイェリの残像が心に長く残るようです。 "

[ニュスピムNewspim]投稿ジャンジュヨン記者(jjy333jjy@newspim.com)·写真ギムハクソン記者(yooksa@newspim.com)
元記事へ


たくさんのインタビュー記事を読んだけど

今回の分が一番よかった

「実質の俳優」と言う言葉が重く感じられる

共演者たちへの愛情が感じられる

いい記事や「えっ」と言う記事があって

日々忙しいのに

プリンターの電源が勝手に落ちた

それこそ「えっ

困るんですけど・・・

今日の報告書、まだ印刷できてない・・・

電源を抜いたりさしたりしても、ウンともスンとも言わない

仕方ないから、新しいプリンターを注文

こういうときネット注文は便利~!!!

日曜日には届くかな

パソコンとプリンターも、最近は無線ランでつなぐのね~

確かにプリンターの近くまで持っていくのが面倒だったけど

快適にできるようになるのかな

台風が関西に来ている

明日のお出かけはできるかな?

皆様も気をつけて~






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
呼べばならない名前JYJ、'ソルジョン」に出てきた?
記事入力2014.08.089:04

[オーマイニュースイ·ジョンヒ記者]
▲7日放送されたJTBC<ソルジョン>芸能審判コーナーでJYJの放送活動の制約について話した。
ⓒJTBC

グループJYJがテレビに出てきた。もちろん直接出てきたわけではない。 JTBC<ソルジョン>芸能審判コーナーでJYJを取り上げたものである。一体なグループを放送で扱ったことが無に大したことかって?なんと5年ぶりのことだ。放送番組、それも芸能プログラムでつけておいて、JYJを論じ、それらが、過去5年間の放送で見ることができなかった事案について遠慮なく話したこと。

しかし、<ソルジョン>だけだ。ホジウンはJYJが放送に姿を見せることができないように作成されたカルテルの主体である(JYJが東方神起として活動する当時の所属事務所)SMが(「ハリーポッター」シリーズの登場人物)ヴォルデモートのかと、なぜ言わないのかと反問したが、過去5年間そして今までもJYJは芸能界に存在するが、存在してはならない人のように心に抱くれてきた。そんな彼らに対して、初めて口をトン芸能審判、それだけでせっかく<ソルジョン>としての資格があるように見える。

この日の話題の扉を開いたのは、近頃の放送を介して示されているJYJのブランド広告であった​​。各種音楽、芸能番組が始まる前に「一つのためのすべて、すべてのための一つ」というキャッチプレイドゥを掲げたが、広告を介して、アーティストとしてのJYJの位置と能力を私に見えるという意図で作られた広告がお目見えした。

一体なぜJYJはイ·ユンソクが、大企業の広告費に匹敵すると舌を巻くほど天文学的な費用をかけて広告を披露したのだろうか?その理由はただ一つである。 7月29日3年ぶりに正規2集を持ってカムバックしたが、彼らの音楽を音楽プログラムを介してアクセスすることができない状況である。彼らは東方神起という名前で所属していたSMとの長くジリハン法廷闘争は終了したが、まだ放送関係者から自分たちの音楽を人に聞かせる舞台が、彼らには許されない。

そして<ソルジョン>は勇敢にこのような芸能界の慣行として定着してしまったJYJの放送封鎖を大事にした。もちろんJYJの問題を全面的に扱ったという事実に感泣したのとは異なり、対処方法の公正さは、首をかしげに値する。

JYJの活動封鎖、ただ「実践」の問題である。
808-11.jpg

▲7日放送されたJTBC<ソルジョン>の一場面。
ⓒJTBC

ただし、個人の活動に成果を見せたが、まだグループとして自分たちの音楽を放送を通じて聞かせることができないJYJのため、ホジウンが一線PDの意思を圧迫している上層部の圧力を明らかに明らかにした一方、キム·グラは、中国と台湾の例を含む便利な選択の問題で、あるいは実践的に予約してしまう。絹の音楽番組だけでなく、SM出身の芸人が多数布陣した芸能プログラムでの封鎖さえ避けられないものになってしまう。

そのような不公正が慣行や利便性に化けているのに対し、JYJ各メンバーが成し遂げた多方面の達成のために、あるいはその過程で得た収入で自分の放送禁止が相殺され、補償されるようなニュアンスまで漂わせている。彼らのために他のアイドルたちの契約期間と処遇を心配してみるきっかけが用意されたものなどは、そっくり置いてだ。まるで政界の紛争を簡単に両非論的に予約するように、放送は便利にJYJとSMの立場を伝達することにとどまっている。

さらに、東方神起を脱退しJYJとして行った過去5年間の活動に対するファンたちの熱烈な支持を「弾圧される私たちのお兄さんたちへの思いやり」と片付けられてしまう。そのいくつかのファン層よりも戦闘的にJYJの不当な取り組みを先駆けて発表し、彼のために投票にまで先導し、物心両面の支援を惜しまないファンたちの'だけさ」をただのアイドルファン層のファン心に限定させてしまったのだ。そもそもJYJとSMの対立を芸能界にあまたの利権の争い程度に限定させてしまうので、崖擦り切れファンの戦闘意志も長いファンの「義理」だけ残るのである。

そこで輪をすくって、MBCドラマ「トライアングル」に出演したキム·ジェジュンと彼の後継に帰ってきた<ヤギョンクンかも>のユンホの挨拶を紹介し、東方神起として舞台に立つ日を楽しみにして、JYJの話を終える。

ねてもいい。最近godのような過去の歌手たちが再び団結した舞台に立つことがトレンドとなる世界で東方神起を再び見ることができたらと願いは、素朴な風であることができる。しかし、JYJ三人を除いた残りの東方神起の二人が、現在の東方神起という名前を掲げて活動しており、彼らが所属しているところがまだSMの一であんな望みはJYJの放送出演を願って「JYJ ON TV」というキャンペーンを全国警備ゴクゴクで行っているファン、終わらないジリハン戦いを繰り広げながらも、アルバムを出すように手でどこかと、それだけで満足して多分少し痛ましい所感を披露するJYJに、言葉が好き挨拶でもう一回傷になることもあるだろう。

5年ぶりに苦労して、しかし、満足ではありませずテレビ芸能批評プログラムを使用してリリースしたJYJ。是非この試みがきっかけとなって、彼らはもはや名を呼んではいけないヴォルデモートではなく、自分の歌う舞台を享受することができる歌手になってほしい。 の中のJYJの音楽、非常に魅力的である。知ってみると、彼らはまだ歌の上手な歌手であった。
付け加える文|この記事は、イ·ジョンヒ市民記者の個人ブログ(http://5252-jh.tistory.com/

呆れて言う言葉がない

大切な才能を埋もれさせていいのか

そこに痛みは感じないのか

仕方ないで許されると思っているのか

そんなわけがない



JYJ 'BACK SEAT' M/V
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/521-30a4eddb
<< NEW | TOP | OLD>>