FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

パク·ユチョン
「「ヘム」のシナリオ読んで暗黒面にひかれた」


イヒェイン記者hyein@kyunghyang.com

ドラマ<成均館スキャンダル>のハンサム令イ·ソンジュンも、スーツがよく似合う<スリーデイズ>の用心棒ハンテ硬さはなかった。

映画<ヘム>でパク·ユチョンは、海の上の日差しにガムジャプジャプに焼けた肌とオボンに見える日前髪の末っ子船員ドンシクだった。
ゆっくり熱狂して全羅道の方言を駆使して兄の意地悪な冗談ににやにや笑うドンシクの姿で貴公子のようなパク·ユチョンの姿を見つけることは困難であった。
最近の映画の撮影を終えたパク·ユチョンを鍾路区近隣のカフェで会った。

- 最初の映画だ。ドンシク役割はどのようにして引き受けることになったか。

「キャラクターが誰と聞く前にシナリオから受けた。
シナリオを読んでいた全体的なトーンが暗かった。
そのような場合に多く引き付けられた。
読み終え「私ドンシク役これか」と思った。
快適な愛ではなく、大きな事件の中で愛が行われていろいろなことが起こることに引き付けられた。
船員との間の関係も魅力的だった。 "

- 船員の生活を理解するために俳優たちがドキュメンタリー番組を見て話をたくさん交わした。準備しながら、どのような考えをしたのか。

「船乗りたちの生活を見て、彼らがどのような心を持って仕事をするのかを感じようなようだ。
船乗りたちは、波の音を突き抜けてコミュニケーションをする必要がありして、陸にいる人よりも声が大きい。

船乗りたちは、純粋な面があると考えた。
夫婦が一緒に操業をして刺身を運営する内容のドキュメンタリーを見た。毎日のようについていたよ。
操業は心がよく合わなければできることでない気がした。 「簡単なことではないんだ」という気がした。 "
809-15.jpg
映画「ヘム」の主演を引き受けた俳優パク·ユチョン。写真·シジェスエンターテイメント提供

- 映画の中で紅梅(ハンイェリ)とほぼ最初の目に惚れる。あまりにも早い時間内に恋に落ちるキャラクターをどのように理解したか。

「それは考え次第ですが...人に愛の基準が違うと思います。
さまざまな愛の形がありますが、ぜひ長い間会わなければ愛が行われるわけではない。

ドンシクの紅梅の心は短い時間内に起こる。ドンシクそれを愛と信じたかった気持ちもあったようだ。
ように、自分が購入することができていることもある。
誰かを守るために始まった心の意志の力が強くなる部分もある。

ドンシクがどんなキャラクターなのか分析したり、「こんな面を見せてくれなくちゃ」と思ったことはない。
ただ船員のに、純粋な末っ子と、素朴な面を多く見せる人。そう理解した。 "

- もしドンシクではなく、パク·ユチョンがその場にいたら、どう行動したと思いますか。

「(乗組員との間の葛藤の中で女性を守らなければなら)そのような状況が来たら、私はいくつかの他の方法を選択したようだ。
船長や船員たちに私紅梅に対して、このような心を抱いていることを十分に認知させ、良い方向に行くことができるようコミュニケーションをしたようだ。 "

- 映画は暗い直線である。船員たちの欲望と暗い面をつけておいて露出する。

「なぜ人はこのような欲求を持つようになったのか説明を際立たせている場合、とても退屈したようだ。
また、基本的には船乗りと陸で働いている人の考えは違いがある。

船乗りたちは、海の上で生死をかけて仕事をする。生存と接続されたので、決断力が早くてして、対処も早い。
映画でも船員たちが心配をして相談するよりも頭を高速回転する取り組みである。だから欲求も著しく現れるようだ。 "

809-16.jpg

映画「ヘム」の主演を引き受けた俳優パク·ユチョン。写真·シジェスエンターテイメント提供

- 最初の映画だ。上映後にどのような感じが聞いた。

「とても緊張しながら見た。マスコミ試写会の時初めて見たとても愚か表示に見た。
VIP試写会の時、二回目見て、それは全体的に見れたしちょっと耳が詰まった。

人が住んで表現できるものの抑圧や制限にもたくさん考えたし、人の本能や性質についても考えた。
船出港するときに自動式のがおばあちゃんに手を振るシーンが最も気に入った。
とても短く過ぎ去った部分であり、カメラも遠くからのシーンをキャッチ。
しかし、その別れと同時に物語の始まりであることを知らせる信号弾のような感じがあった。 "

- 撮影しながら一番苦労したシーンは何ですか。

「最初に紅梅が水に落ちて救うために全自動式が飛び込んだ場面である。
水がとても差たし、服をたくさん重ね着体が重かった。
水のために瞬間的に感じられる恐れがあった。
朝鮮族密航するシーンを水槽セットで撮った、そのシーンだけ半月ほど撮った。 "

- 最初の映画を介して得られたことは何だと考えるか。

「事実の質問をしてくださるな​​んて考えるようになるのだ。
しかし、私は何を得たと具体的に考えているスタイルではない。
良い思い出がたくさんできたし、良い仕事をしてから、暖かい心がたくさん残っている程度。 "

- 演技するときに頭をたくさん使いながら戦略的にするスタイルではないようだ。

「台本が初めて読んだときくれる感じをたくさん沿っていこうとする。
以前にドラマ最初のときには「ここではそうすべきだ」と考えをすることがあった。

ところが今は、私の作品の中、その人物になって出てくる感じをより重要視している。
ドンシクこのを例にとると、ドンシクこのがどもるか、正しくないと言っても、それが間違ったのではなく、むしろ、より新鮮で楽しいこともある。

人物に完全に適応になってなければならないセリフが、その人物の印象にする必要があり、セリフもある。むしろ、あまりにも私のセリフをたくさん練習していけば枠組みの中で抜け出せないようでもある。 "

- 毎作品ごとに良い評価を受けたにもまだアイドル出身という偏見を持って見ている人がいる。

「あまり気にしない。
<成均館大スキャンダル>時からいつもそのような言葉があった。演技力への懸念があった。
しかし、そのような懸念のために、あえてより良いことだとの考えをしないだろう。
他人の視線を意識して、そこだけに焦点を合わせる時間自体がもったいない。
元の誹謗中傷を気にもせず、よく読んでない。 "

- JYJ三人がそれぞれの領域で、最近定着している感じである。お互いの仕事の意見を交わすほうなのか。

「私達の評価が良い時もあり、ない場合もある。
だから可能な限り指定された日の中で感謝しながらしようとする。

メンバー同士の自己することについてあまり深くフィードバックをしたり、分析ではありません。
ただ、視聴者の立場からするほどだ。それでも放送は満員見る。

ジェジュン兄さんが出てきた<トライアングル>も序盤は本邦死守していた。
映画のために忙しくなった後も、再放送を必ず見た。

(今回の映画を見て、メンバーたちが賞賛をしてくれや?)ジェジュン兄さんはまだない見てない、
ジュンスだけ映画を見た。 「誇らしかった」という言葉をくれた...面映かった。
お互いがどのような心なのかは言わなくてもよく分かる。

元記事へ

白がよく似合うユチョン!!!

いい顔をしている

暖かい3人の関係がよくわかるね

安心できる3人だけのもの

ずっと一緒にがんばってね





JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

▼続きを読む▼

【】
かめさん
今日のコンサートどんなのかなあ

会場広~い グッズも沢山あるね

JJとユチョンのダンスひっさしぶりだから・・

セクシーダンスも楽しみ~

3人のわちゃわちゃした会話も楽しいよね

彼らはいいステージを見せてくれると

信じてる うんv-218 

日本のコンサートも日程早く発表してくれないかなあ

あると言われてても・・ちょっと心配 



 
【ekoyonさま】
> 今日のコンサートどんなのかなあ

今、たぬきで(yy.com)で聞いてます

盛り上がっているのは確か~!!!

今、JJが歌っている、時々歓声が凄過ぎて聞こえない

しかもプツって切れるときがある・・・

まあ、聞けないよりはましと・・・聞いています


> 会場広~い グッズも沢山あるね>
> JJとユチョンのダンスひっさしぶりだから・・>
> セクシーダンスも楽しみ~

ショーケースもセクシーだったよ~
すごい腰の動きだから~
ユチョンもJJも頑張って~踊ってるよ~

> 3人のわちゃわちゃした会話も楽しいよね

楽しい、3人揃うとなんであんなに可愛くなるんだろう・・・

心許せる友達っていいね!!!、

あの厳しい世界だから余計に絆が強いんでしょうね
(苦労も一緒にして支えあってきたしね)

> 彼らはいいステージを見せてくれると
> 信じてる うんv-218 

きっと、すばらしいね~!!!

> 日本のコンサートも日程早く発表してくれないかなあ
> あると言われてても・・ちょっと心配 

ホント、早くにお願いしたい・・・
兵役があるんだから、後ろが決まっているんだから
早く発表して欲しい

待っているイルボンペンを忘れないで欲しい~

どんなことをしても、頑張ってきてほしいね~

待っている~~!!!

首を長~~くして待っている~~!!!

ね~~!!!!!



きてくれてコメントありがとうございます  
この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR