FC2ブログ

「ヘム」を楽しむための観戦ポイントが公開


ヘム'緊張感 - 熱演 - リアリティ興行3要素すべて備えている

2014-08-1108:27:48


映画「ヘム」を楽しむための観戦ポイントが公開された。

今年の夏の暑さを吹き飛ばすスリラー映画で注目されている「ヘム」(監督シムソンボ/製作ヘム)が来る8月13日封切りを控えて次元が他の観戦ポイントを紹介する。

#1。強烈でまた強い。手に汗握る極限の緊張感

極端な煙雨舞台の30周年記念作で同名の戯曲「ヘム」を原作としたしっかりとしたストーリーを誇る映画「ヘム」は試み目を離すことができない強烈なドラマと手に汗を握る緊張感で観客を魅了させる。
811-1.jpg

特に映画の後半、予期せぬ出来事により、「チョン·ジン号'の六船員たちの本性が爆発し、展開されている緊迫した状況は、視聴者に圧倒的没入感をプレゼントして今まで経験できなかった特別な映画的体験を提供する。

今年の夏唯一のスリラージャンルである「ヘム」は観客に暑さも忘れさせてする極限のスリルを満喫することが期待される。

#2。大韓民国最高の俳優たちが繰り広げる鳥肌名演

貫禄の俳優からスクリーン期待の主まで大韓民国最高の俳優たちが繰り広げる7人7色、究極の熱演を見守ることも「ヘム」観戦ポイントだ。実際の船乗りを彷彿とさせるリアルな船員たちの姿に破格変身したキム·ユンソク、パク·ユチョン、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモクをはじめ、朝鮮族娘と勘違いするほど完璧な演技をしたハンイェリまで画面をいっぱいに埋め尽くす俳優たちの強烈な存在感で映画の豊かな見どころをプレゼントする。

#3。まるで船に一緒に乗っているように鮮やかな体験

前公開された「鳴梁」「海賊」「島」は、朝鮮時代を背景にした時代劇物であるのに対し唯一の現代劇である「ヘム」はIMF直後の時代背景に設定した。 「ヘム」の演出を引き受けたシムソンボ監督は「1998年は私たちがあなたたちよりもよく生きる幻が崩れ始める時だ。映画の中の乗組員、そして命をかけて密航に出た人すべてがすさまじく生きるしかなかった時代の状況を見せたかった」と説明した。

だけでなく、「ヘム」は70%に迫っている海上撮影を敢行して、実際の鮟鱇網漁船を空輸するなど、撮影、美術、編集、扮装、音楽に至るまで、大韓民国映画界の中心に立った最高の製作陣がリアリティに死活をかけて誕生された作品である。

次元が違うリアリティをプレゼントする「ヘム」は観客たちにとって、まるで大海の上、チョン·ジン号'に一緒に乗っているような体験はもちろん、視覚だけでなく聴覚、嗅覚、触覚まで五感を刺激する映画的快感をプレゼントする。

今年の夏、最もホットな話題作「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品で来る8月13日封切りする。(写真= NEW提供)
[ニュースエンイソ塀記者]
イソ塀sodamss@

元記事へ


高校野球が始まった

なんとなく見てしまう

「ヘム」がもうすぐ上映開始

「視覚、聴覚、嗅覚、触覚まで五感を刺激する映画的快感をプレゼント」

どんな感じ

ものすごく期待できそう

見たい

たくさんの人にも見て欲しい




今朝出かけるとき、

自転車をこぎ始めたときに、口紅を塗っていないのに気づく

あら、どこで塗るべき?

信号で止まったときでは目立ちすぎる

駅についてからでは電車に乗り遅れる

到着駅で塗ることにして電車に乗った・・・

はい、ご想像通り、塗るのを忘れたまま、お仕事・・・

家に帰る途中で気づく、(後の祭り

帰ってから塗ったけど、もう塗る必要もない

こんなことがよくあるこの頃(←かめ大丈夫か






このMV再生回数がSBS出演のきっかけになるかもしれない・・・
本当に実現するかどうかは分からない
今まで、言い訳のように基準をずいぶん変えられたから
今回も・・・かも知れないけど
できることはしようと・・・
時間があったら再生してね

JYJ 'BACK SEAT' M/V

(動画はCJESJYJからお借りしています)




[ROMANTIC SKY 7th Anniversary 5th Love Letter"ユチョンブック5"] 予約案内
ROMANTIC SKY 案内←クリックしてね
ユチョンサポートのための写真集の案内です
いつもステキな写真挙げてくれます
ROMANTIC SKY photo←クリックすると写真が見れます

*ご自分で判断して購入してね




JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



씨네21


[パク·ユチョン]考えと期待、それ以上

:イ·ジュヒョン|写真:オギェオク| 2014-08-11
<ヘム>パク·ユチョン
806-1.jpg

「ワンショルダーというのは知っていたが、実際に見ると肩がとても広い。 ""肩にシリコン入れた。 X線撮影すると、シリコン出てくる。ウハハハ。「彼がそう不真面目な冗談を楽しむ人なのか知らなかった。パク·ユチョンもアイドル出身なので、所属事務所の「詰め込み」インタビュー教育の影響が少しではないかと思った。 「最善を尽くして頑張りました」と要約されているインタビューだ。パク·ユチョンは異なっていた。主観がはっきりしており、その主観を明らかにすることよどみなく、雰囲気を操る能力も卓越している。東方神起としてデビューしてから初めて十年ぶりに映画<ヘム>を撮影したパク·ユチョンに会った。演技上手は音を好んで聞いていた「アイドル」パク·ユチョンではなく、「俳優」パク·ユチョンがスタジオに歩いて入ってきた。




「ドンヒや、明日何時?/うーん、整理して伝えます/おい、言ってくれたら私は今日飲むのに./軽く飲むでしょう、兄さん?/お^いいね、。焼酎。」7月29日発売されたJYJの正規2集「JUST US "に収録されたパク·ユチョンの自作曲<三十>の歌詞の一部だ。ここでドンヒはパク·ユチョンのマネージャー。来年には三十になるパク·ユチョンが「私の日常を収めた平凡な歌」とインタビューの最後<三十>の話を簡潔に取り出した。その後拾い読み<三十>の歌詞は三十を控えた、軍入隊を控えた、焼酎の苦味を理解十分に社会生活を経験したどの平凡な青年の話だった。 2004年東方神起でデビュー、10年目のスターにそびえ立っているパク·ユチョンが、彼は普通に生きようとする普通の人であった。それは多分私生活を探しれてきたアイドルとしては当然の夢かも知れない。




ただし、パク·ユチョンから特別な感じを受けたのは、彼がその風を実現し住んでいたからである。最初の映画の経験について話していた彼は、多くの場合テーマを脱し打ち上げ会の話を持ち出した。同じ所属事務所であるチェ·ミンシク、「ヘム」に一緒に出演したキム·ユンソクが酒の席でどんな話を聞かせてくれたのかパク·ユチョンは、声帯模写までして伝えた。 「たくさん学んだ」、「とても良かった」、「素晴らしかった」という言葉は、飲み会のエピソードの後に​​ピリオドのように追いついた。パク·ユチョンは、映画の現場の自由と激しくすることは完全に魅了されたように見えた。ポン·ジュノ監督、シムソンボ監督、ホンギョンピョ撮影監督など多くの人々にも、パク·ユチョンに "映画が似合う"、 "これから映画にして欲しい」と映画を勧めた。シムソンボ監督は語った。 「映画にとてものどが渇いているのが見えた。映画は、ひとつの台詞を待っても、長い時間を心配することができる環境が与えられないか。そう心配して一緒に話をすることができるためにユチョンさんが幸せだった。 "
806-3.jpg

ポン·ジュノ監督が制作しシムソンボ監督が演出した「ヘム」は密航仕事をしてされたチョン·ジン号船員が一寸先も見通すことができないヘムはめた大海でひたすら生きるために第存在の下側を持ち上げ見えることだ。パク·ユチョンが演技したドンシクはチョン·ジン号の末っ子で、密航者紅梅と恋に落ちるキャラクターだ。 「クランクイン前には明るくなく静か静かな純情キャラクターに思いましたが、いざ撮影に入ってから純情だが必ず明るさがないことはないようなので、純粋な青年だが、強引で大胆な姿も大事にされた文字で描こうとした。「最後まで守ってあげたい女性の前でドンシクは照れて、頼もしく、かわいい、心強い人になる。 <ヘム>円パク·ユチョンのおなじみの顔もありますが、見慣れない見知らぬ顔もある。堅く、生真面目な両班儒生(<成均館スキャンダル>)、素晴らしい人格まで備えたリゾートの後継者(<ミスリプリー>)、時を、越え、屈辱を受ける皇太子(<屋根裏部屋皇太子>)、初恋のために胸燃え尽きてしまった孤独な刑事(<見たい>)、推力一つはまともなこだわりの大統領警護官(<スリーデイズ>)。これまでドラマでパク·ユチョンは不足なく育った白馬に乗った王子の服を主に着たのに、<ヘム>ではそのような非現実的であり、面倒なイメージを完全に脱いだ。もちろん、その明るい顔だ。どこ行くのかしまう。




「歌手で俳優に転向する人々の中、時代劇で演技始めた人は、私が最初だ。 (<成均館スキャンダル>が当時)の演技ができなくて悪口を言われるかと思ってすごく心配したが時期をうまくとり、運良かった。 "ほぼ唯一の演技力論議から自由アイドルらしい言葉に帰ってきた答えである。演技するパク·ユチョンを見ていると、水に会った魚という言葉が自然に浮かんでくる。 <ヘム>を見るの間にもそうだった。 「Life is more than ever you think。 "<三十>のサビの歌詞のように、今から会うパク·ユチョンは、あなたが思ったこと、それ以上を聞かせて示す。

806-2.jpg

- <スリーデイズ>終わって二、三カ月以内時間的余裕があった何をして過ごした。

= <スリーデイズ>終わっや何したの?まあっけ?一度アルバムの準備した。その他はっきりしたものはない。普通に、大人しく家にいた。オレTV見て、友人らと飲むし。




- <ヘム>詰めの撮影と<スリーデイズ>序盤の撮影が重なったところ、<ヘム>でたまま抜け出す時間もありませんでしつもり。

= <スリーデイズ>先輩たちは、最初に撮影に入っておられたので、遅く合流することになったことに対して申し訳ない気持ちが大きかった。ドンシクこの文字を脱いでハンテギョ​​ンキャラクターをすぐに身に着けるのに着る速度も少し遅いようで。急いで早く早く撮って見たらドラマ序盤には逃したものがいくつかあって残念だ。同様に映画も詰めの撮影が真っ最中なのに、ドラマのために釜山とソウルを続けてきた行ったする必要がありました。申し訳ありませんした。本当にありがとうございましたのは、キム·ユンソク先輩もそう監督もそう「ユチョンが早く早く撮って送信される「ながら撮影カットの順序にも配慮してくださったということだ。




- 膨大な配慮だ。今、映画公開まで一ヶ月余り残った。緊張が少しなるのか。

=待ちが長くなるほどドキドキ、イライラ、不安感が大きくなるようだ。ドラマもフィードバックが速く、アルバムも準備しておいて8ヶ月待っていた発売はしないや。フィードバックがその場ですぐに来ることを主にしてから映画をするので、一日一日の緊張感が高まっている。今はすべてを入れてしまった状態というか。公開前から会う人ごとに「ヘム>への期待がどのように大きい続け話していた。 NEWで完全押す映画と。みんなの期待が大きく、自信が少し消えるようだ。




- 最初の映画というのが意外だ。これまでの映画出演の機会があったはずだと思う。

=シナリオが入って手に入れた。映画の欲も大きかった。しかし、まだ映画の時期ではないと考えていた。私の年齢帯に見ることができている様子をドラマで見せるのが正しいと思っていた。映画は軍隊行って来ても遅くないように見えた。そうして<ヘム>に会った。心配することもなく、したかった。会社の立場では、私は、これまで取得した画像というのがあるから、<ヘム>をするのが個人的にどのように役立つかの時間を持って検討をしてみようよ。軍入隊を控えて最後の作品になるかも分からなかった、またロマンチックコメディでもなくメロもなかったから。本当の田舎者の船乗りに出てくる。それでも<ヘム>をすることになったのはずっと見たとき、私の演技人生に確かに役立つそうだったからである。




- シムソンボ監督がそうしたよ。通常のアイドルなら<ヘム>のような映画は、しようとかからなかったと思います。ほやほやでもないばかりか、たやすくもない作品だから。しかし、ユチョンさんはこの映画に対する熱意と情熱がすごいたよ。

=シナリオが良ければそこにすっかり移る方だ。 <ヘム>もそんな作品だった。監督との最初のミーティングの時は緊張して適切に言葉もなかったが、映画が初めてなので、すべてが新しく見慣れたものだ。ドラマの方が洗練された感じだと、映画のほうは香ばしい感じ?とにかく緊張が少し解けたときに最初にいったと思うが、キャスティングいただき、ありがとうございます」であった。その時だったよ。先輩たちとみんなでリーディング終え会食をしたところ、歌謡どうすればなるのかを分からないのだ。ユンジェムン先輩おられ、キム·ユンソク先輩おられ、ポン·ジュノ監督おられ...。 (笑)お酒はまた昼間から飲む。試験過ごす時もビールを箱目持ってきておいて飲んだ。しかし、それはとても良かった。




- 触れるにくい人との会食の席難関はどのように突破したのか。

=お酒。ただお酒と会話であった。映画とは全く関係ない話なのにそんなことがあった。私たちが他の俳優たちに比べて隠してなければならないことが多いと思いながら今まで活動してきた。




- 私たちなら?

=私たち三人(JYJメンバー)。来年三十だまだタバコ吸ってはならず、お酒を飲む姿見せてはだめになる。しかし、映画界の先輩たちみるととてもフリーである。そんなことが良かった。最初は現場でタバコ吸うとき外に出て一人で吸った、ホンギョンピョ撮影監督が「映画界ではそんな例はない。ここで吸って〜」 して以来した、。 (笑)それと共に自然にあるがままの自分の姿を見せてられたようだ。その姿をまた可愛がってくださった。




- シムソンボ監督はユチョンさんに「本性が善良な人 "、"周りの人に善を伝えるエネルギーがある人」と言っていた。そのイメージがドンシクともよく合って。

=私にも似たような話をされました。何の行動をしなくても善良そのものから出てくる力があり、その力がドンシクのにも重なったらいいなと言われた。




- ドンシクとチョルジュ(キム·ユンソク)は、映画の中で、それぞれ善と悪の一軸を担当している。二つのキャラクターの強さのバランスが重要な映画なのに、そのような点で、相手俳優がキム·ユンソクということが負担ではなかったか。

=負担はあったが、それをこのように変えて考えていた。劇中でキム·ユンソク先輩はキャプテンであり、私は末っ子。末っ子が船長なのにむやみに行うことができないじゃない。どうせドンシクに船長は難しい人物だ。ドンシク これにより、圧力たのユチョンがとして緊張していなかった。




- まるで誰がより多くのゾーンに思いや競合するように見える他の乗組員に比べてドンシクはいくつかの慣習的な姿である。

=これは末っ子だから。船乗りを最も少なくしたため、肌の色も少し明るくなくなった。実質黒くなってたかった塗ってされたかったドンシクはその後ならないと乾燥した。しかし、当初から人たちにどのように見えるかについては心配しなかった。私は船乗りでなければし、従って船乗りとなり、船に乗り住んでいた。行動、歩行、表情。わざわざゾーンに見せようとしたのは一つもない。撮影が終わってんだから、初めて「人が船乗りに見てみませんか?」、「船乗りに見てもらいたい」という思いがす​​る。これまで作ってきたイメージの壁を自ら越えなければどうしようと心配がかかる。しかし、本当に撮影中に「仕事をする、撮影している」という考えはほとんどないだったようだ。




-ADR天才の音を聞くだけアフレコでも優れた能力を初公開たよ。

=(笑)僕、私の演技をもう一度見るのがぎこちなかった。当時どのように演技したのか覚えていないた。人は最初の映画だから、すべての日が細かく記憶に残るだろうと推測するそうでなかった。このようなことだ。私は今、パク·ユチョンに生きている。昨日何食べたのか、多くの場合か食べる。それが現実だ。同様に撮影する間、私はドンシクであった。 「ドンシクこの様に生きなければならない」ではなく、私はドンシクであったため、当時のことが思い出せないのだ。アフレコするとき、それ不慣れぎこちなくて、当時の感覚を見つけるために少し時間がかかった。




- 水中シーンの撮影当時の苦労話もものすごい言っていた。

=とんでもなく水が冷たかった。重い服を着込んで人工波をかき分けて泳ぐ必要がありました。一度瞬間的に恐怖が襲ってきた。恐怖心に手足が麻痺されたし、息もできなかったよ。最終的には人が私を引き出した。表情は気にする間もなかった。 「紅梅(ハンイェリ)をすぐに救って私がここに行くことができ、この撮影も終わる」という考えだけだった。




- 水泳は得意なほうなのか。シムソンボ監督はユチョンさんが元水泳をあまりできないのに演技したようで、より申し訳なかったよ。

=監督には水泳ができないと述べた。水泳多くさせるかと思って。 (笑)もともとは水泳が好きだ。水に入ると出てくる嫌がらない程度。




- どのインタビューで「以前は現場で礼儀正しい姿を見せようと努力をたくさんしたが、今は現場があまりにも楽になった」という話をした。現場が楽になったきっかけがあるのか​​。

=わからない。いつからやった。礼を整えることは、いつも基本的に持って行かなければなら態度であるようだ。しかし、昔は人が難しくてコンパに行っても言えず、じっと座っているだけあった。緊張をたくさんするから打ち上げ終わって帰宅したとき、あまりにも大変で疲れ。最近はそんなことなく、楽で楽しい。 <ヘム>が与えた影響が大きいようだ。




- パク·ユチョンの人生で最も大切なことは何ですか。

=一緒に働いた人は分かるだろうが、本当に欲がない。たくさんのお金をもうけたいと思う?広告、より撮りたい?人気をより上げたい?欲がない。ひたすら欲が一つあればもっと演技上手たいこと!私大切なものはとても平凡なものである。良い日に入ると楽しく働いて、そこに感謝する。アルバムを出すことができる機会が来れば」それでも、私たちが今まではアルバムを出すことができる場所にあるんだ」したくて気持ちがいい。性格上、人前に出るのはもあまり好きではない。会社にできるならフォーマルな場は作らないでくれと話す。最近は先輩たち(チェ·ミンシク、ソル·ギョング、イ·ジョンジェなどが同じ所属事務所である)が多く入り、どうしようもありません。試写会も行くし。 (笑)人も私を普通に見て欲しい。ユチョンが、このような作品をしたが演技すぎ上手だったよ、それは十分である。ささいなことの大切さを悟って生きていれば、後は他の人よりも重要なことより多くの人がされているようだ。以前に(チェ)ミンシク兄さんが焼酎を飲みながらそんな話をされました。 「千万ウォンを千億ウォンすごく儲けて、有名かそうでないか、人は屋台で会う。焼酎飲みながら会う。とらわれないでください。些細なことを気にしないで生きる。「とてもかっこいいじゃないか。そう生きたい。

投稿:イ·ジュヒョン|写真:オギェオク

元記事へ
自動翻訳機を少し修正しました。間違っていたらごめんなさい。


ユチョンの話は

いつ聞いても楽しい

味がある

ユーモアがある

生の声で聞いてみたいな

何回同じような事を話していても聞き入ってしまう


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2014/08/11(月)14:31

コメント

こんばんわ~

ご贔屓!って、だからじゃなくて、、、
ゆちょの、言葉も、読みながら、ドキドキします。。。

病気の、部類に入っちゃってるかも。。。v-12

海霧。。。
観ながら、、、船酔い!、、、心配になってきました、、、。

今日は、サイン会ですね 。。。
笑ってない、ゆちょが、、、正直だなぁ=って、、、
疲れてるでしょうから、、、ね。。。

でも、そこ!に、たどり着いた、幸運な、ペンの皆さんの為に
頑張って! ゆちょなぁ= !(^^)! (笑)

2014/08/11(月)20:12| URL | ron385 #DZ0044Co [ 編集]

ronさま

> ご贔屓!って、だからじゃなくて、、、
> ゆちょの、言葉も、読みながら、ドキドキします。。。
> 病気の、部類に入っちゃってるかも。。。v-12

同病です・・・
かなり深刻なゆちょ思い病!!!
治りそうもない、治りたくもない病気!!!

> 海霧。。。
> 観ながら、、、船酔い!、、、心配になってきました、、、。

ゆれるんでしょうか~
海の匂いありそうですね~
少し霧なんか出てくるんでしょうか?
色々想像してみる・・・
USJみたいな、TDKみたいな・・・映画館・・・
日本じゃどこにあるのかな?

> 今日は、サイン会ですね 。。。
> 笑ってない、ゆちょが、、、正直だなぁ=って、、、
> 疲れてるでしょうから、、、ね。。。
> でも、そこ!に、たどり着いた、幸運な、ペンの皆さんの為に
> 頑張って! ゆちょなぁ= !(^^)! (笑)

かなり、いつになく疲れたユチョン

最近は笑顔全開だったのに・・・どうしたの?

コンサートで出し切っちゃったのかな?

笑顔はないし、メガネだし・・・

3人とも疲れている感じが・・・

仕方ないね・・・

コンサートは疲れるから・・・

最後までに笑顔は出るかな???

やっぱり、笑顔が見たいね~

コメントありがとうございます

2014/08/11(月)20:35| URL | かめ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR