FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ユチョン、インタビューで新しい一面

パク·ユチョン、ああ、あなたに驚きました(インタビュー)

テンアジア
入力14.08.1508:19

パク·ユチョンとのインタビューを通して、予期せぬ逆転映画一方を見る気がした。
決められた答えを語る人と同じだと思ったが、どうして。

せっかく本音を隠そうとも、優しく見せようとイメージを洗濯も、視線を意識して優しい言葉だけを均等にもなかった。
石直球!率直!しっかりした自分の主観!これは、想像していたパク·ユチョンとはあまりにも違うんじゃない!

一方では申し訳ありませんし、一方では、うれしいという気がした。

申し訳ありませんというのは、ただのアイドル出身という先入観に閉じ込められて、早合点したという事実からであり、よかったと感じたのは、他人の視線がどうであれ、その中で自分自身を非表示にしていないパク·ユチョン特有の決断を発見した。

このような表現がどのように聞こえるかわからない、「肯定的な意味で「彼はとぼけたやつだった。そして古だぬきのような姿が、彼の前途にとても大きな資産なるという事実を信じて疑わなかった。

予想と異なっていたパク·ユチョンにがっかりしたかと問われれば、
まさか!このような俳優、珍しい。

815-1.jpg

Q.薄暗い雨降ってきて、まるでヘムが来るような天気だ。

パク·ユチョン:
このような天気がとても好きである。しかし、目の前に迫ったコンサートの心配のために十分に吟味していない。
これまでのメンバー三人が一緒に集まって練習する時間が足りなかった。

ジェジュンがドラマ「トライアングル」をしばらく前にする必要があり終え、私は「ヘム」で、ジュンスは「ドラキュラ」でお互いに忙しかった。
土曜日(8月9日)が公演なのに準備するものはたくさんあって、それに対する圧迫感がある。

Q. JYJユチョンではなく、俳優パク·ユチョンに惚れてコンサートを探したファンもかなりないかと思う。
パク·ユチョン:
演技活動をしながら、新たになった方がいる。前のファンと感じが妙に異なっている。年齢も少し違う、姉が多い。そういえば、歌手の方のファンの方にも十分時間が流れて20代後半30代前半ではある。

たまに「ファンになって、8〜9年になりました!"する友達に会えば不思議だ。
「その長い時間をどのようにすごした?と思ったりして(笑)
子供を連れてきた友人、「結婚して元気に暮らしています」という友人...
そのようなファンたちを見れば訳もなくしてくれたことなく満たされる。
815-2.jpg

Q.人は相手の年齢に基づいて行動が多く変わるが、姉のファンの前でのパク·ユチョンは異なっている。

パク·ユチョン:
年齢プラス場に応じて異なります。しかし、私は男女問わず年上の方がいい。
大人といるとき、より便利である。子供の頃からそうだった。

中学校の時から仕事をしてみると、周りの人がほとんどヒョンやおじさんたちだった。
一緒に作業しているおじさんたちと仕事終わったら焼酎一杯、マッコリボール共有たりした。(笑)
そう大きいのか、大人の気兼ねが同年代に比べて少ない方です。

Q.親しく過ごしたヒョンの年齢になっていくのはどんな感じなのか。

パク·ユチョン:
多くのことをしておこうとしたが、何も成し遂げたことのない感じ?

Q.いや、なぜ。あまりにも多くのことをしなかったか。

パク·ユチョン:
だから正確に言えば、自分自身のためにしたことがたくさん不足しているようだ。
いつも誰かのためにしたほうが大きかった。それは私が生きる理由だと信じて育った。

ところがある瞬間、そのようなものが少し手に負えなくなってきた。
当時はあまりにも当たり前のように思っていたものが後になって混乱した。
私は私のために少しより多くの投資していれば、幸せになれる方法を少し知っていたはずなのに、という物足りなさがした。

Q何がパク·ユチョンを責任を持って、大きな人間に生きるたのか。

パク·ユチョン:
難しい時、環境がそうだった。家長もみたいな感じでした。 (ヘク)チャンジャヒョンがした会社あった時も、いつも従業員の給料を与えなければならないという気持ちで働いていた。

今は幸いなことに、会社に複数の先輩たち(チェ·ミンシク、ソル·ギョング、イ·ジョンジェなど)が入り、心理的に多くの余裕ましたが、以前は、誰かに与えて生かさなければならないという責任感を常に持っていた。

Q.環境的に早熟せざるをえない状況だったようだ。
 早熟した友人はよく成長するが、ある日突然、本当に突然、突然の中の中にあったいくつかの鬱憤が後で飛び出してきたよ。


パク·ユチョン:
正しい。本当にひどく飛び出し上がっ少ない父が亡くなったとき。それは完全に理性を失った。
なんか、支えていた多くのひもが一瞬消えたって感じかな。

古い山ではないが、それなり私の生き方が正解だと思って住んでいた。
そこに確信があまりにもしっかりと立っていた。
そうするうちに、その確信が間違っている可能性がある疑いを受けた。

その瞬間、私の中のすべてのものががらがら崩れ落ちた。想像以上に崩れて筋道を釘とったようだ。

Q.その時間をどのように耐えた。そしてどのように戻って来た。

パク·ユチョン:
演技が多くの助けを与えた。それがドラマ「屋根部屋の皇太子」をする時だった、
不安な気持ちをよく慰められることのない状態で演技をしながら、むしろ多くの慰めを得た。

その作品をしながら心が少し気楽てたかもしれない。
「屋根部屋の皇太子」は、私に演技の楽しさを与え、自信を与えた作品である。

Q.もし過去に戻っていけば、自分のためにどのようにしますか。

パク·ユチョン:
とても細かい違いですが、誰かの幸せを見るのが私の幸せだと固く信じていたならば、それを回して、このすべてのものが私は幸せでいるだろうと考えているようだ。

Q.今の演技は、自分のためにすると思いますか。

パク·ユチョン:
「ヘム」が私にはそのような悩みを多く抱かせた作品である。
「ヘム」をする前に何かの意欲、挑戦、容易ではない演技表現...このようなものへの憧れがあった。

「ヘム」を通過しながら演技というのが課題の領域ではないことを分かった。
本当に大きな心をもたなければならないことが演技だ。

キム·ユンソク先輩、ムン·ソングン先輩など、多くの先輩たちを見ながら、今後の方向性について多くの悩みをし、多くのことを新たに感じていた。

815-3.jpg

Qシムソンボ監督が「パク·ユチョンに良い印象を受けた」とした。
 自分の印象がどうだと感じるか。
 個人的に人は生きてきた人生に基づいて、顔が変わると思うんだけど。


パク·ユチョン:
正しい。以前より確実にゆったり、楽になった。昔の私はたやすく近づくのが難しい人だったようだ。
当社広報室長も「初めてユチョンを見た時、たやすく言葉をかけることはできなかった」と言っていた。(笑)

ところで演技をしながら自分で楽にみると、印象も性格も変わった。
以前には、どのような仕事を同時多発的に不足している場合は、今ではするとしても正しくするのがいい上に変わった。

Q.以前のあなたは、他人の視線をたくさん意識する方だったのか。

パク·ユチョン:
意識した。しかしまた、意識しながら行うことはすべてした。ハハハ。
シーズン中のファンが多いときは、お酒を飲みに行くとサセンというファンの方々が屋台の前に150人以上でいたりした。ファンの目の前でお酒を飲むので、不便よね。しかしながらすることはすべてした。飲むことも飲み干し。ハハハ。

Q.ハハハ。実際に今の話をしながら、多く驚く。
 あなたのイメージが予想していたと多くの違う。
 本音隠し、一言も慎重ところな答えしかできないと思ったこれはもう。ハハハ


パク·ユチョン:
あー、全然。だから私にはこのような方(所属事務所広報チーム。ユチョンが止められない発言をするたびに心配する広報の姿がかなり新鮮だった)が必要だろうし。ハハハ。

Q.「ヘム」で複数の演技派先輩たちと一緒にした。集まれば何の話をしたのか。

パク·ユチョン:
意外に演技の話はしなかった。とても個人的な話をした。恋愛相談でも、男性と女性の違いとか。ハハハ。
時折、社会問題について、女性アイドルについて話した。

した先輩が、「最近、このピンクの歌いい」というと、(金)サンホヒョンが「このピンクを知っている?"こう。
それではまた「なぜ知らない!"こうしにくく。そのような日常的な話がとても良かった。

Q.「ヘム」のシナリオを受けて、「したい気持ちとすることができる心の間で悩んだ」と聞いた

パク·ユチョン:
容易ではないと考えて知っていたので心配していた。
そして周りにあまりにも懸念をするから、不本意ながら私もそのような上気になった。

最初は自信満々に「一度ぶつかってみよう」このようなことだったが、多くの人が「ユチョンがこの映画を?だから余計不安になった。果たして私の選択が正しいだろだったのか、と思うこともあった。
幸いなことに、撮影しながらはそんな悩みを振り払うしまった。ドンシクとの生存に忙しかったから。

Q.今は?作品がすべて終わった今は、どのように感じるか。

パク·ユチョン:
今一度、「ヘム」を抜け出すにする考えが...まだ「ヘム」の残響が深く残っている。懐かしい香り。

815-4.jpg

Q.ドンシクを動かした最大の力は何と思いますか。

パク·ユチョン:
愛...より率直に言えば、生命。生命のように大きかったようだ。
ドンシクが心を与えたのは、紅梅(ハンイェリ)であったが、それがもし命に関係していないとすれば、果たしてそこまで紅梅を守ろうとしましたのだろうと思う。

ドンシクやはり表現をしないなだけであって、生きたいという意志がとても強い人物である。
それ紅梅を借りて表現したと思う。

Q.ドンシクの住みたい本能のため、より強くなった人物だと思いますか?
 それともその逆だと思うか。


パク·ユチョン:
とても弱いので、むしろ強くなったんじゃないかと思う。
どのようにもドンシクは最も現実的ではない人であることができる。

現実的ではない人で人に必要な要素を持っているという考えもした。
おそらく、自分も知らなかった自分の中のどのような姿を初めて接し、自らが多く驚いたのだろうと思う。
そのようなものを表現しようとした。

Q.言ったように生きていれば私も知らなかった私を発見する瞬間がある。
 実際のパク·ユチョンは、いつそのようなことを感じるか。


パク·ユチョン:
今年たくさん感じるようだ。 「ヘム」の撮影終わって宿所に行ってビール一杯飲みながら深い思考に陥っていた。
そうすれば、最終的に睡眠を寝られないので、次の日に疲れて。

以前にも考えは多かったが、今回はとても違う感じだった。
それとともに気づいていない、両者の私の新しい性質を知ることになった。

Q.どのような性格なのか。

パク·ユチョン:
以前の私は「目を見る人」だったようだ。それよく話をすると、状況把握をよくするだろうし人をよく見るという意味なのですが、とにかく顔色を見たというのは変わらない事実である。
以前はそのような私の性格について途方もなく良い方に見ていたなら、今は考えが少し変わった。
他人を見る目で私を見てみる必要があると思う。

Q、いつが一番幸せか。

パク·ユチョン:
最近幸せである。幸せというより、心が平和であるというのが、より正しい言葉だ。
私のことをたくさん後にして、多くを放棄していくところである。

Q.放棄とは?

パク·ユチョン:
いくつかありますが、いつも模範になるべきでありながら、やりたいことはすべてした感じがある。
ハハハ。そのようなもののために放棄?あまりにも自由とした欲を少しずつおろしているところである。

Q.疑問が持ち上がるのが、それはなぜしまおうか。
 韓国芸能人は他人の視線のためにあまりにも自分自身を隠そうとする傾向がある。
 そのような出版物の中でも、自由であれば、むしろ健康的なんじゃないか。


パク·ユチョン:
もちろんそうだ。仕事をしながら自由にできるということは良いことなのですが、仕事とは無関係に自由たいのは誰かはとても寂しさを与えることであるような気がした。

家族だろうが、会社の人だろうが、誰かに寂しさを与えてまでの自由を追う価値があるかという質問が投げられたのだ。
今倉庫は広いため、整理ができなくて入る隙がない感じである。
対人関係とかそんないろいろなものの整理が必要な時期ではないかと思う。
815-5.jpg

Q.関係には、結論が確実なほうなのか。

パク·ユチョン:
そうできなかった。そうしようとしても、訳もなく申し訳ありませんし、そうでないつもりじゃない。
逃げたい、と思う私の顔があまりにも多くてそうだった。
これからだんだん好きにされるだろう。早急に考えないようにする。

Q.「成均館スキャンダル」で演技を始めた後、演技論議はほとんどなかった。
 映画も「ヘム」を使用して正常に無事に到着し感じで。試写会の後、あなたの演技に対する反応がいい。


パク·ユチョン:
実際には、よく分からない。そのような言葉が届かない。
果たしてそう絶賛するほどの演技だったのかと思う。

私は一瞬たりとも欠かさずドンシクに買ったものなのに、そのような賞賛をしてくれるから、急にドンシクとして生きてきたその時間が足りなく感じられる。

Qそれは、最高ではないか?気持ちイイという言葉は決してないのに、自分が引き受けた役割に陥って、その人物に完全に住んでいたと言うことができる俳優が多くはない。

パク·ユチョン:
その...そうなのか?多...当たり前じゃないか?これはかなり基本的なと思いをしました。

Q基本なのにないような場合が多いから。
 とにかく自分が引き受けたキャラクターに完全に没入したと自信を持って言うことができる状況だから、 その部分につきましては誇りに思ってもそうだ。


パク·ユチョン:
その後、それはしたようだ!ハハハ。それに対する信頼はある。

Q.とにかく、賞賛の言葉を点検する癖があるのか​​?
 かつて評価に囲まれて生きて来そうなのか、甘い言葉に目を光らせているような感じがする。


パク·ユチョン:
率直に言ってそうだ。警戒する。

Qあなたは、だまされやすいほうなのか?

パク·ユチョン:
(横にある所属会社に)や、だまされやすいと思いますか?
(断固として)いや!おそらく私を欺くのは難しいことだ。
騙されてやるふりはして与えることができる。そぶりも一つもしないよう。

Q.古だぬきのような面がある。

パク·ユチョン:
そのような面が明らかにある。
年齢とればもっとずうずうしくなるだろう、今よりも何倍もずうずうしくなったらどうだろうかと思うもある。

Q.フィルムを見ると、印象的なのが、「成均館スキャンダル」「ミス·リプリー」「屋根部屋の皇太子」「会いたい」「スリーデイズ」「ヘム」など、ジャンルが違う。

パク·ユチョン:
意図したわけではない。突き刺さる作品を見たら、そうなった。
そして何かをした後、以前とは異なる一風変わったことを見せてあげたい気持ちが自然にかかる。

815-6.jpg

Q.一味違ったものを求めているわりには、毛染めはしないね?(笑)あなたの髪の色の話が多かったよ。なぜ黒を維持するのか、意見だ。

パク·ユチョン:
これも染色を軽くしたのだ。とても久しぶり。私は外見的に何かを変えたいと思わない。
現状のままがいい。ニキビ跡も良く、眉毛がないのもいい。
みんな眉毛の入れ墨をするように、それだけで起こったように生きたい。
以前にもよくしていていて、今はしたくない気持ちもある。
カラフルなのはそのような場のみとなりそうだ。

<span style="color:#0000ff">Q.どのような人、どのような先輩に魅力を感じるか。

パク·ユチョン:
ユスンモク先輩のような方。スンモク兄はとても男っぽく、とても狂ったように演技して、とても思いやりのある娘の父であられる。とても素晴らしい。ところが「ヘム」の中のすべての先輩たちがそうだった。
男性ながらも柔らかく、家庭的な方だった。

Q.そのような生活をあなたも夢をみます。

パク·ユチョン:
正しい。私もそう生きたい。仕事より家が先にあったらいいな。
それがいかに難しいことかを知っているから家に長く滞在し、家族と一緒にしたいと思う。

Q.良い父親のロマンが大きいようだ。

パク·ユチョン:
ある。良い親のロマン。

Q.どのような息子だったと思いますか?

パク·ユチョン:
は...すごく親不孝だった。
今の仕事をしながらお金を稼ぐ、良い家をしていても、相手がないのにそれが何を意味するのかと思ったりする。

だから母にはできるだけよくして差し上げようとする。
同時に母親の人生と私の人生を適当に分離することが、母のためになるんではないかと考えたりもする。

Q.インタビューが終わったらスタジオに行ってコンサートの準備をする。歌手と俳優を行き来する生活、このようなギャップはどうなのか。

パク·ユチョン:
自然だ。いつもしてきただろうし、何よりもその二つのことに私は喜びを感じるので、大きな負担はない。

Q.俳優パク·ユチョンと歌手パク·ユチョンの間には、他の無数のユチョンが存在すると思いますか。

パク·ユチョン:

いいえ。歌手ユチョンもないようで、俳優ユチョンもないようだ。ひたすら私だけのようだ。
多くの方が私の諸相についてお話ししてくださる。
しかし、それは最終的には私なのに、なぜ分けて話すかと思う。私は、豊かである。

投稿。チョン·シウsiwoorain@tenaisa.co.kr写真。旧ヘジョンphotonine@tenasia.co.kr
元記事へ自動翻訳機にかけてから、かめも修正入れてています。間違っていたらごめんね。

インタビューでかなり素直に語っている

ユチョンの性格って面白い

だまされにくいし、近寄りがたいって・・・

ありのままでいるのが一番大変な職業のような気がする

それでも頑張っている

自由なユチョンを世話する周りの方は大変だろうけど

そんなユチョンが魅力的

ONLY ONEのユチョン

ファイティン


同じときに同じ洋服を着ているということは

同日にインタビューしているような気がするけど

続きの記事と受ける印象が違う・・・

ライターによるものかな?








JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR