FC2ブログ

JYJ 香港コンサート

JYJ LINE
816-9.png
816-10.jpg

[トップスターニュース=ジャンヨウン巻記者]
(JYJ)が香港に入国して熱い歓待を受けた。


シジェスエンターテイメントは、 "(JYJ)が明日(16日)、香港アジアワールドエキスポアリーナで開催される2014(JYJ)アジアツアーコンサート「THE RETERN OF THE KING」のために香港に出国した。(JYJ)の入国の便りが伝えられると、香港国際空港は、(JYJ)を見るためのファンが集まり始め、猛暑にもかかわらず、香港、全国各地で(JYJ)を出迎えに集まったファンと(JYJ)を取材するためのメディアに人だかりを成した。」と伝えた。

816-2.jpg

(JYJ)が一緒に香港を訪れたのは2010年のワールドワイドアルバム「THE BEGINNING」の発売記念ショーケース以来、4年ぶりとこれまで(JYJ)を待って、香港のファンと地元メディアの熱を帯びた呼応があった。ファンは空港入口のあちこちに(JYJ)を歓迎するフレーズが盛り込まれた横断幕をかけて(JYJ)を迎えた、取材陣も(JYJ)の空港の入国場面を盛り込ん者は、これまで以上に多熱い取材熱気を引き継いで行った。
816-3.jpg

一方、香港でジェイと今(JYJ)のコンサートのニュースが伝わるとすぐショーの香港ファンたちの問い合わせが殺到したのはもちろん、チケットも高い競争率を記録してジェイと今(JYJ)に向けて熱い反応が続いている状況である。

(JYJ)は、明日(16日)の夜8時15分、香港アジアワールドエキスポアリーナで2014年アジアツアー「THE RETURN OF THE KING」コンサートに1万のファンたちに会う。
元記事へ



816-5.jpg
816-6.jpg

816-7.jpg
816-8.jpg
(画像はお借りしています)

ユチョンの風邪は治ったのかな

やさしい笑顔

ジュンスの胸が光っている

発光ジュンスだ~


weiboより★
8月16日のJYJ香港コンが聴けそうなたぬきチャンネル
→YYsteram:(スマホ)20177
現地時間20:15~(日本時間21:15~)放送予定
聞くだけなら、ソウルコンサートもよく聞こえたよ





JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村




유천 오래된 노래 (古い歌)
ユチョンの歌

ユチョンの声が好き
優しい声
ずっと聞いていたい



「海霧」ハン・イェリ、
JYJ ユチョンが羨ましかった理由とは


OSEN |2014年08月15日17時00分

816-11.jpg

狭い空間で6人の男性が噴き出すエネルギーの中でも女優ハン・イェリは押されなかった。いや、逆に際立って見えた。ややもすれば男たちの話を進めていくための道具に使われるところだった映画「海霧」のホンメという人物がハン・イェリに会って生々しい人物に生き返った感じだ。

ハン・イェリも女性キャラクターが生々しく生きていて嬉しいと言った。もともとのシナリオでもホンメという人物が、これまで他の映画で目にしてきた消耗的な女性キャラクターとは違ったので気に入ったという彼女は「ホンメしか見えなかったです」という記者の言葉にきゃっきゃっと笑いながら喜んだ。そうしながらこれから女性キャラクターを描くシナリオが多くなってほしいという、韓国で演技する女優としての希望ものぞかせた。
816-12.jpg

「『海霧』の台本を受けた時、映画的にも、興行の面でも本当にやりたいと思いましたが、何よりホンメのキャラクターが多彩に描かれていて良かったです。韓国の映画で久しぶりに出た女性キャラクターではないかと思って女優としては欲しい役でした。これからもたくさんのシナリオに女性キャラクターが登場してほしいです」

「海霧」の紅一点、ハン・イェリは男性俳優たちに押されたくなかった。正確に言えば、荷物になりたくなかったというのが正しい言い方だろう。実際に海の上に浮かんでいる船で演じなければならなかったし、溢れる水に浴びせられるなど大変だった撮影の中でもハン・イェリは人に迷惑をかけたくないと思った。紅一点なら色々と大変なことを避けていけるのではないかと思ったが、彼女は男性俳優に劣らない体力管理で大変な「海霧」の撮影を終えることができた。

「演技をしていると体力的な影響を受けるしかないのは、体力的に大変になると演技を諦めるようになるためです。しかも水は本当に寒くて体力的により大変でした。しかし、私のせいで相手方が撮影できなくなる状況になることがあってはならないので命のような体力管理でした(笑) 薬も飲んで運動もして1日に3食ちゃんと食べました(笑)」
816-13.jpg
ハン・イェリは再び息を合わせるようになったキム・ユンソクについて話しながらJYJ ユチョンの名前を言及した。ユチョンが羨ましかったという。紅一点として先輩たちから可愛がられたはずの彼女がユチョンが羨ましいとは…。訳がわからないという表情を見せると、彼女は男性俳優と一緒に演技するユチョンがどんどんエネルギーを育てていくのが見えたと言い、それが羨ましかったと言った。当時を振り返るハン・イェリの顔からは激しかった「海霧」の撮影現場で唯一の女優として感じた寂しさが見えてきた。

「先輩たちとの撮影を通して学んだこともたくさんありましたが、一方ではドンシクを演じるユチョンが羨ましいと思いました。先輩たちと密接に演技するからユチョンのエネルギーが大きくなっていくのを感じました。そんな姿を見ながら『あぁ、とてもいいだろう』と思いました。ホンメもよかったのですが、私もああいうふうに先輩たちと熾烈になりたいと思いました」

女優なら誰でも一度ぐらいは夢見る恋愛の演技をハン・イェリはまだやったことがない。映画「同窓生」でBIGBANGのT.O.Pとロマンスを形成したものの、恋愛とは言えないものだった。恋愛と言えば今回の「海霧」がそれに近い。しかし、スリラーの中で咲き始めた恋愛だったためまだハン・イェリの恋愛は人々に見られたことはない。「ハン・イェリの恋愛演技が気になる」と言ったら本人も自身にどんな姿があるのか気になると言いながら笑った。濃い恋愛をしてみたいという彼女の言葉通り、もうすぐ激情的な恋に落ちるハン・イェリを見ることもできるのではないだろうか。

「すべての女優は濃い恋愛か正劇(シリアスで深みのある内容を扱った作品)で恋愛演技をしてみたいという夢を持っているのではないでしょうか。私にはまだ私の長所が分かりません。長所を早く知りたくもありません。女優としてゆっくり、少しずつ私の長所が出ればそれでいいと思います」
元記事配信日時 : 2014年08月12日16時39分 記者 : キム・ギョンジュ


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/08/16(土)00:57

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR