FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

140816 JYJ The Return of the King in HK
817-3.jpg
817-2.jpg
817-13.jpg
817-12.jpg
817-11.jpg
817-10.jpg
817-9.jpg
817-8.jpg
(この服好き)
817-7.jpg
817-6.jpg
817-5.jpg
(画像はすべてお借りしています)




「ヘム」応援
[해무] 개봉 4일째! JYJ 초특급 응원 메세지!
JYJヘム応援メッセージ←クリックしてね



817-4.jpg
ユチョン 8/19 舞台挨拶

韓国にいると

色々いけていいね~






「ヘム」パク·ユチョン、いつからこんな演技ができています

エンターメディア
入力14.08.1608:41(修正14.08.1608:42)

「ヘム」、不足しているストーリーも埋めて狂った演技者

[エンターメディア=チョン·トクヒョン]
"私たちは今、船に乗って行く。"映画「ヘム」でチョン·ジン号の一等航海士ホヨン(キム·サンホ)は、動揺している船員たちにこう言う。
このセリフは、この映画の象徴をそのまま示しています。 「船に乗って人」という記号を<ヘム>は映画的な状況で再現こなす。

IMFという時代設定とチョン·ジンホはそう当代の私たちの社会の縮図のように描かれる。ガムチョク事業の対象となって船を失うことになる船長と乗組員。だから肉で満たされなければならないことが倍に朝鮮族密航者たちに入れられ、悲劇が始まる。
729-1-4.jpg

映画の冒頭は、ポン·ジュノ監督のディテールをそのまま受け継いだようなシムソンボ監督の細かくてもダイナミックな演出が目立つ。
チョン·ジン号船長と船員の労働と日常をカメラは荒くさびが吹いてしまったデッキの風景とそれをそのまま似た人物を通しいき効果的に描き出す。
手に負えなくても温かいその情景の中には海を加え生きるこれらのぬくもりが感じられる。

しかし、密航者を乗せために海に出て行く船からこの人物は、それぞれの欲望を一つずつ引き出す。
船長のチョルジュ(キム·ユンソク)は船に執着して、いつもの船長をついていた甲板長ホヨンはチョルジュのコマンドに執着し、追われる身にジョンジン号に隠れて過ごす機関長ワンホ(ムン·ソングン)は、人の命に、ローラー手であるキョング(ユスンモク)は、お金に、そして船員·チャンウク(イ·ヒジュン)は、女性に執着する。そして末っ子の船員のドンシク(パク·ユチョン)も愛に執着する。

この執着的な欲望は、しかし、チョン·ジン号で行われる悲劇的な出来事のために一つずつ破局を迎えることになる。
極限の状況に追い込まれた彼らに襲いくるヘム(海霧)のように、その選別された視野の中で隠されていた恐ろしい欲望の痕跡がスモルスモルデッキ上に上がってくる。
そしてその欲望は、彼ら自身を食う怪物に急変する。

極端なヨヌ舞台の演劇原作を土台にしたためか、映画は海に向かって私がしながらもチョン·ジン号という閉鎖的空間をなかなか抜け出せない。
その上で繰り広げられる人間模様の物語は、だから、まるで不条理劇を見るような感じを与える。

しかし、この再生的な要素は、映画を期待する観客には不慣れ近づいてくることもある。
突然徐々に高まっている話というよりは、突然の破局に向かって走って行くような急さはだからこの映画の欠陥でもある。
814-5.jpg

しかし、それにもかかわらず、映画を終始緊張して眺めるようにするのは、他ならぬチョン·ジン号の上に自分の欲望を最後まで押し通す演技を披露した演技者だ。
キム·ユンソクは、そのどっしりとした存在感でチョン·ジン号の中心を手前に行き、キム·サンホ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、ユスンモクは実質船員たちで考慮されるほど映画の狂気の没入を示す。

特にこの映画で注目されるのは、パク·ユチョンとハンイェリの決して弱くはない演技の存在感である。
パク·ユチョンは、おそらくこの映画を介して完全に自分だけの色を持った演技者というタイトルを持つようになるようだ。
また、朝鮮族の処女役割を驚くほど煙出したハンイェリもベテランの好演中決して衰退さがない演技力を見せてくれた。

2001年にあった第7太倉号事件をモチーフに作られた原作が、年月号の惨事を経て認知<ヘム>ははるかに不快な感じをプレゼントする。
船員を極限に追い込む現実は他でもないお金である。

そのいくつかの余分のために、人間に対する礼儀も海の中で投げてしまうこの映画の物語は、だから<ヘム>というタイトルのように霧に包まれて一寸先も見えない現実と、その中で求められている暴力を連想させる作る。

<ヘム>は、過度の象徴と意味化に執着することで、少し虚しい感じを与えるのも事実である。
また、夏のブロックバスター市場で見られるには余りにも重いのも仕方ない。

しかし、少し重みを持つ映画で現実を反芻してみたい観客であれば、それなりの楽しさをプレゼントすることができる。
特に演技者たちの狂気の演技は、この映画の最大の楽しみの要素だ。
パク·ユチョンの演技を再発見するだけでも、十分に興味深い映画だ。

チョン·トクヒョンコラムニストthekian1@entermedia.co.kr
元記事へ





昨日はひたちなか「2011JYJ UNFORGETTABLE LIVE CONCERT IN JAPAN」見た

ペンラの黄色い海がきれい~・・・(←振り返ったら、本当に海に見える)

舞台からはどんな風に見える?・・・

ユチョンの「母さんが日本のお嫁さん・・・」発言・・・

あれからJYJの状況がどのくらい好転したのか???

「日本でも頑張る」と思った彼らは今、どんな風に感じている?・・・ 

香港ライブを前にちょっと、考える・・・

光は見えているけど

目の前が思ったように開けない中、頑張っているね~

歌うJYJはかっこいい

たぬきで聞きながら

酔っ払っていて

あれっ?ユチョンは1曲?(←原因は自分が寝落ちして聞けてないだけ)

時々眠りに落ちながら聞いた

朝、ユチョンの幸せそうな香港ライブの動画見て

よかったと思える

JYJ 頑張れユチョン頑張れ






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR