FC2ブログ

ヘム「3位」!!!善戦している

817-23.jpg

「ヘム」、
観客たちの無限の歩み...
ボックスオフィス3位アドレスをコピーする


記事入力2014-08-1709:52:28
映画「ヘム」

[スポーツトゥデイキム·ジンス記者]
映画'ヘム'(監督シムソンボ)が観客の口コミ中ボックスオフィス3位を維持した。

17日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワークによると、「ヘム」は去る16日、全国510個上映館で19万1563人の観客を動員した。累積観客数は76万4841人である。

「ヘム」は命をかけて海を渡ってきた多くの密航者と同じ船に乗ってされ事件に巻き込まれた六船員の話だ。キム·ユンソク、パク·ユチョン、ハンイェリ、イ·ヒジュン、ムン·ソングンなどが出演した。

一方、この日のボックスオフィス1位は1003個上映館で68万1400人を動員した「鳴梁」が占めた。 2位には910個上映館で49万2510人の観客を呼び入れた「海賊:海に行った強盗」が名前を上げた。
キム·ジンス記者kjlf2001@stoo.com
<最も近い出会う、最もFunFunしたニュースⓒスポーツニッポン>
元記事へ

817-22.png


「ヘム」は19禁というだけでなく

それだけでもかなりのハンデなのに

上映館も上位2作と比べると半分なんだ

善戦している

韓国にいたら、友達誘って

ずっと映画見続けているのに・・・

何もできないのが・・・

本音は何がなくても

とにかく、見に行きたい

それだけ・・・










インタビュー:
どんな色にも染まれるJYJユチョン


2014/08/17 09:52
817-21.jpg
 「スポンジのように全てを吸収する俳優」

 俳優キム・ユンソクが映画『海霧』(13日公開)で共演したJYJユチョン(28)について評価した言葉だ。
20代後半から30代前半の俳優たちは、たった1回のインタビューでも個性やオーラを際立たせようという必死さがうかがえる。
だが、ユチョンはキム・ユンソクの言葉通り「無色透明」でスポンジに近い。

インタビュー中に何度か声を出して笑っただけで、言葉をあえて飾ろうとせず、主張や個性を見せつけようともしない。
ユチョンは「打ち上げのとき、キム・ユンソク先輩に『スポンジみたいだ』と言われました。


僕は演技が上手なわけでもないし、長年やってきたわけでもないのに、なぜそんな風に褒められたのか分かりません」と語った。

 「考えたり悩んだりしないようにして、白紙の状態で演技に取り組んできたからでしょうか。
昔は台本を読みながら分析し、いろいろ考えて準備していました。

ですが、今回は台本を見たときの第一印象のまま演じました。
まだ作り上げていないときの感じは本当にドキドキするし、緊張するのが良かったんです」

 『海霧』は劇団「演友舞台」創立30周年記念作の同名舞台劇の映画化で、映画『殺人の追憶』(2003年)の脚本を手掛けたシム・ソンボが監督を務め、同映画の監督だったポン・ジュノがプロデュースした。

人間の欲望がぶつかり、船と船員たちはボロボロになるが、その中で最年少の船員ドンシク(ユチョン)と中国朝鮮族の少女・紅梅(ハン・イェリ)だけが嵐や海の霧に耐え、野の花のように生き抜く。

ユチョンはキム・ユンソク、キム・サンホ、ユ・スンモク、イ・ヒジュン、ムン・ソングンら演技派の先輩俳優たちに溶け込みながらも、その中で存在感を出さなければならなかった。
だが、その点についても、ユチョンはひとまず合格点をもらっている。

あごのラインが少し丸みを帯びて見えるのは、撮影時に体重を5キロ増やしたからだ。
「船乗りのように長靴を履き、汚れた服を着たら、みんなどう思うんだろうと心配しました。
地方の漁村のお年寄りたちは誰も僕のことが分からなかったようです。撮影でもなければあんな格好をすることはなかったでしょう」

 ユチョンはアイドルグループ東方神起を経て、現在はJYJとして活動している。

今はアイドルが演技もするのも当たり前と思われるようになったが、ユチョンがドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』(10年)で男性主人公を演じたころは、冷ややかに見られたこともあった。

このドラマは大きな話題を呼び、ユチョンだけでなく共演者のソン・ジュンギやユ・アインも人気に火が付いた。「アイドル出身というレッテルが嫌なときはある?」と聞くと、ユチョンは「アイドルという評価や形容詞は本当に気にしていません」と答えた。

 「映画1本についても好き嫌いが極端に分かれます。それぞれ好みがあるじゃないですか。この世の中でそうした評価が嫌だというのはわがままです。

だからといって、アイドルのイメージがあるから特定の役にこだわるということもないし、脇役や助演でも気にしません。ずっとこの仕事を続けるのが目標ですから。僕が40代なっても『アイドル出身』という形容詞を付けてもらえたらいいですね」
卞熙媛(ピョン・ヒウォン)記者
元記事へ





140730 해무 스타라이브톡 유천 끝인사
インタビュー動画ユチョン←クリックしてね

ユチョンいい声

*翻訳は@yuuun6002さんよりお借りしています
ユチョン『…良い本を一冊読んだみたい映画…良い本とは必ずしも良いベストセラーではない…読まれる本が良い本…』
140730 해무 스타라이브톡 유천 끝인사:




ここでも同じ様なことを言ってる

確かにいい映画だから観客が多いというものではない

でも、心に残るいい映画

それを、みんなに知ってもらいたい

ファン心理

国際映画祭で賞を取れるといいな~

観客数に結びつく

波を起こして欲しい



*画像はすべてお借りしています。ありがとうございます。


JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


140809 VELENTINE 유천웨이브

(動画はS1215xiaさんよりお借りしました)




[TFインタビュー]俳優が似合う」スクリーン有望株'パク·ユチョン

817-14.jpg
ファクト|2014-08-1708:00:00

映画「ヘム」でスクリーンにドアを叩いたパク·ユチョン./ナムユンホ記者

[詳細ファクトㅣキム·ガヨン記者]映画界の関係者らが予測した「ヘム」(監督シムソンボ、8月13日公開)の成功カギはキム·ユンソクもキム·サンホもイ·ヒジュンもなかった。この映画でスクリーンにデビューするパク·ユチョン(29)である。パク·ユチョンが映画にどれだけ溶けるかによって映画の完成度が分かれるからである。どんなに良いメーカー(監督ポン·ジュノ)とシナリオ(監督シムソンボ)があったとしても、これを解く能力は100%俳優の分け前である。

数本の作品にテレビ劇場で「中博」を打った彼だったが、スクリーンでの成功は約束しにくかった。先月28日のマスコミ試写会、および過去13日映画公開後の作品の好評は、パク·ユチョンにあふれた。負担がむしろ得だったのか。パク·ユチョンは作品開始前から終了するまでの映画には常に悩んだと打ち明ける。ドンシクにスクリーンに生まれ変わったパク·ユチョンを直接会って聞いてみる。

"マスコミ試写会とVIP試写会で映画を二回見たが見るたびに胸がつまった。事実マスコミ試写会では、審判を受けるという感じがあって少し難しかったVIP試写会では、それさえも楽に見たと思う。(感じがどんなものか?)胸がつまる・・・ねまあ。私どのように演技したのかは見る間がありませんでした。先輩たちの演技を見るのに作品を見るのに疲れたようです。"


817-15.jpg

パク·ユチョンは、「ヘム」を撮影しながらシムソンボ監督と固い意志を確かめ合ったと言う./ナムユンホ記者


スクリーンの最初の作品である。しかも相手役はキム·ユンソクムン·ソングンキム·サンホユスンモクなど忠武路(チュンムロ)で小骨が太い人物である。パク·ユチョンは、この映画で初演出を引き受けたシムソンボ監督と「私たちだけうまくいけばなる」と述べたと笑う。
「シムソンボ監督も初めての監督なので「お前と私だけうまくいけばいい」といただきました。(笑)だから、監督を信じてゆく部分が多かったです。最初の映画なのか、撮影する瞬間、捨てることも多くおかなければならすることも多かったんです。

シムソンボ監督を信じて行ったと思います。(撮影後にどんな感じなのか?)焼酎一杯にしたい監督です。人を快適にしてくれる魅力がある。暖かく感性的な雰囲気があります。話しもよくてそうした...。話しをすれば恋愛物語もしていろいろな話をします。

監督の純粋な姿がドンシクとチャンウク(イ·ヒジュン分)の姿にたくさん入ったと思います。話してみると、突然、監督と焼酎一杯をしたいですね。(笑)」

「ヘム」は広く知られているように、国内の代表監督であるポン·ジュノが製作を引き受けた。ポン·ジュノはした映像で「忠武路(チュンムロ)はパク·ユチョンという宝石を発見した」と言うほど、彼の演技力を高く評価した。
パク·ユチョンがこのポン·ジュノ監督はどんな人なのか。 「特別な人」と言ったら、もっと気になる。

「韓国のポン·ジュノ監督のような人がいる場合はどのように良いのでしょう?(どのような意味なのか)とても多目的天才的な感じがします。特別な何かが存在する人のようです。
言葉一言にもどのようにものを見る視線自体が他の人と違うのだと思う。しかし、そのようにとばないですね。
自然に、うかぶ程多いです。ポン·ジュノ監督がドンシクキャラクターに特別な愛情があった。ポン·ジュノ監督とまたやってみたい。"


817-16.jpg

ヘムからパク·ユチョンが引き受けた役は、最年少の船員ドンシク。ドンシクは紅梅と妙なロマンスを示す./映画スチール

映画の中のドンシクは密航者を乗せて運ぶようになった」チョン·ジン号'に乗った最年少の船員である。船と船長チョルジュ(キム·ユンソク分)しか知らない純粋な少年のドンシクは「チョン·ジン号'で会った朝鮮族女性紅梅(ハンイェリ分)に一目惚れ。
しかし、予期しない出来事に巻き込まれ、ドンシクは絶体絶命の瞬間に厳しい選択をしなければならない。

船乗りに扮したパク·ユチョンは、すっきりしたスーツとよくとかした頭はすてて、手入れされていないぼうぼうの頭にくたくたした服を着て出てくる。常に完璧な姿を見せてくれたパク·ユチョンのちょっとあんな風にはなかなか想像できない場面である。

「個人的にすっきりとしたのがあまりにも不便です。(笑)むしろスーツを着て硬い服を着るのが大変です。むしろ作品ですっきり出なければならず、かっこよく出なければならないのに不満がありました。

「ヘム」の中ドンシクはそのような役割ではないでしょう。状況に合わせますよ。むしろ真っ黒に乗せべきだったのに...。
むしろ末っ子の船員と他の先輩たちより白い顔だったようです。全く抵抗感はありません。"

「ヘム」は麗水と巨済産などあちこちを歩き回って撮影した。撮影地は大海に浮かぶ船一隻。数ヶ月間、船一隻に頼らなければなんて簡単ではなかったのだ。 「元の船酔いが少しありました。ところが演技する時はむしろ忘れてしまうので大丈夫だ、何もしていない場合は、船酔いがきますよ。私だけでなく、他の先輩俳優も苦労したから、私が何もできない部分です。(笑)印象深かった。 "

817-17.jpg

パク·ユチョンは、シナリオがよければ作品に目がいくと言う./ナムユンホ記者

KBS2「成均館スキャンダル」(2010年)MBC「ミスリプリー」(2011年)「会いたい」(2012年)SBS「屋根部屋の皇太子」(2012年)「スリーデイズ」(2014年)などに出演したパク·ユチョンは'大当たり」はなくても「中博」以上を記録し、歌手と演技活動を兼業する巧妙な「演技」と評価される。 30代を眺めるパク·ユチョンに今「演技」という修飾語をつけるのも負担になる。

「まず作品を選択する際のシナリオがよければします。気になるシナリオがあります。演技してみたい映画のです。「ヘム」は本当に良かった、JYJの公演が予定されているので、下手に次期作を選択しないと思います。"

10代後半から芸能活動を始めたパク·ユチョンは、すでに10年がふわりと超え、来年には30歳になる。自分の20代に対してどのように自評しか不思議最後の質問を投げかける。

「軍隊も行かなければ(笑)...。仕事のことを離れて、対人関係を見ると、私は芸能人の友人が多くありません。一緒にジェジュンやジュンスのほかその近くのアーティストがいないと思います。

芸能界生活をしながら、序盤はもっとひどかったそれさえも最近は少し良くなりました。
中間点を見つけるのは難しいんですよ。長い時間、芸能界生活をしながら、いつも抱いて行かなければなら部分もあり、解けないような部分もです。しかし、良いことが多かったのは確信することができますよ。"

817-19.jpg

次回作が見つからなかったというパク·ユチョンはJYJ国外活動に集中する./ナムユンホ記者
cream0901@tf.co.kr
연예팀 ssent@tf.co.kr
元t記事へ



[TFインタビュー後]パク·ユチョン、大人と子供の間
ファクト| 2014-08-17 08:00:00
817-20.jpg

初めて会ったパク·ユチョンは大人と子供の間の妙な境界が聞いた./ナムユンホ記者


[詳細ファクトㅣキム·ガヨン記者]
歌手兼演技者パク·ユチョン(29)は、少年のようなイメージが強い。丸い顔型にまろやかなイメージまでがきの少年のようなイメージがある。 10代の頃からアイドル生活をして、さらにそうだろう。映画「ヘム」のインタビューで初めて会ったパク·ユチョンは少年と青年、大人と子供の妙な境界があった。

絶え間なくよく当てながら言葉を続け爆笑するのを見て、彼には少年のイメージが見えた。
60個以上になる媒体をインタビューしたパク·ユチョンは記者に会った席で、少し疲れていた。

どうしても似たような質問に同じような回答が多いの「新鮮な質問がないか」と笑う彼に興味深い回答をしたいと答えた。
<より多くのファクト>の取材、特にスターの熱愛取材にも疑問したようだ。
パク·ユチョンは、いたずらっ子のような笑いを見せながら気になる点を並べる。

少年のような笑顔を見せるパク·ユチョンに映画と関連して質問した。
するとパク·ユチョンは笑いを引いたまま、ドンシクに住んでいたその瞬間を打ち明ける。最初のマスコミ試写会と胸がつまった点、船酔いがあり船の上での撮影が容易でなかったこと、紅梅(ハンイェリ分)との愛の物語にも尋ねた。パク·ユチョンの言い方では、これまで以上に真剣な雰囲気が感じられる。

開かれた結末で仕上げている「ヘム」に主演俳優の意見を尋ねた。
パク·ユチョンは "紅梅が去ってから記憶しておきたくなくない海に面しすると難しかったと思います。
海のために住んでいた虚無になったから。その時間を忘れたくないですか?"という確かわからないような回答を出す。

一時間余りの短いインタビューでしたが、完全に俳優になったパク·ユチョンの姿が軽く伺えた。 JYJの公演で次期作を選択するために少し時間がかかるようだ彼の次の作品が気になる。
cream0901@tf.co.kr
芸能チームssent@tf.co.kr
元記事へ



60ものインタビューを受けたら

大変ですね=

一気に押し寄せてくるから

インタビュー場所が同じところとなるのも仕方ないですね~



140809 backseat 춤추는 김박김(JYJ)

(動画はchuu oさんよりお借りしました)


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2014/08/17(日)15:05

コメント

No title

かめさん あんにょ=ん

19日、海霧 舞台挨拶ぅ=
18日から、ソウル行の、娘、、、一瞬v-10色めき立ちましたが・・・
19日に、チケ完売してる模様。。。ハハハ。。。
そう、簡単に、ゆちょ様には、逢えないのさ!オンマ。。。って、言われる始末 (笑)

気持ちは、朝から、晩まで、海霧漬けしたい! 。。。

ドンシク君にも、逢い鯛。。。
YUCHUNにも、逢い鯛っ 。。。 日本で 。。。 

2014/08/17(日)22:04| URL | ron385 #DZ0044Co [ 編集]

ronさま

> 19日、海霧 舞台挨拶ぅ=
> 18日から、ソウル行の、娘、、、一瞬v-10色めき立ちましたが・・・
> 19日に、チケ完売してる模様。。。ハハハ。。。
> そう、簡単に、ゆちょ様には、逢えないのさ!オンマ。。。って、言われる始末 (笑)

あらぁ~~!!!
そんな偶然!!!
もう、完売しているって事???
速いね~

考えたら、そうだよね~
狭い空間でユチョンに会えるって
そんな嬉しいことは滅多にないもんね~

いける人はいいね~
韓国に住みたいね~

> 気持ちは、朝から、晩まで、海霧漬けしたい! 。。。
> ドンシク君にも、逢い鯛。。。
> YUCHUNにも、逢い鯛っ 。。。 日本で 。。。

そう、日本で待ってるから
挨拶に来て~~!!!
倍率怖いほどだけど・・・
当たるかな???

夢が広がるね~~~ 

来て欲しい!!!

いつもコメントありがとうございます

2014/08/19(火)01:03| URL | かめ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR