FC2ブログ

「ヘム」100万人突破!!!

818-4.jpg
818-2.jpg
「ヘム」6日目100万人突破!!!

やった~!!!


818-1.jpg

あなたの背中は愛おしい

がんばれユチョン

頑張れ「ヘム」


(画像はすべてお借りしています)





JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


息をのむようスリラー、ポン·ジュノダウン選択<ヘム>

[レビュー]スモーキー海を背景に欲望の衝突描いた映画<ヘム>
一時14.08.1715:28l最終更新14.08.1715:28キム·ジュンス(deckey)記者


海は未知の世界を意味する修飾語に通じている。そして同時に、危険な場所でもある。過去の歴史から航海に新しい場所がたくさん発見され、その過程で多くの人が命を失うこともしていたことを思い出してみるとだ。これは、映画「ヘム」でも同様の画像に作用しながら、広大な海を背景に短いが、強烈な話を解いて。

ときは90年代後半、麗水の海を号令した漁船は、過去の栄光を後にして、みすぼらしい境遇に転落する。景気低迷に加え、漁獲量が急激に減少すると、船乗りたちは、一人二人の仕事を失っていく傾向にある。
73-1.jpg

これらの影響は、<ヘム>の主人公たちが乗る古い漁船も避けることができない。過酷な現実に船を売ってチオリョは船主の督促が続いて、船長チョルジュ(キム·ユンソク分)が率いる「チョン·ジン号'さえもガムチョクの対象となる状況に処する。


映画「ヘム」のスチールカット。満の夢を乗せて漁船「チョンジン」号は、海に出て行った。彼らは海の霧の中でどのようなことを経験するようになるかは知らないまま。 ⓒ(株)ヘム

結局、危機を免れしようとチョルジュは密輸を敢行することに決心する。生活の基盤であり、船員たちの生活がついた日だったので、何とか船を守ろうと決心したのだ。

しかし、意外にも仕事を斡旋した側の密輸ではなく、密航を任され、どうしても気が進まないが、大きなお金を稼ぐことができるという言葉に乗組員も参加することになる。法に反して危険なことなので怖くが、他の選択肢がないという結論を下したのだ。

船長を含めて6人の乗組員が進んだ海で船に乗せたのは、肉ではなく、人だった。中国からの追加密航者の数は予想よりもはるかに多く、その中で出会ったヘムがジョンジン号を包み、その前に置かれた海を覆います。

霧に隠れて一寸先も見通すことができない航路のように、とても期待していなかったことが起きることを知らないまま、彼らはゆっくりと海に出て行く。

ヘムに会って、競合する欲求、沈没した満の夢

映画の開始から登場人物たちの心はすべて満の夢で精一杯膨らんでいる。船員たちは、漁村の素朴な日常に満足して欲なしで住んでいた人だった。そんなある日、受け取った違法密航提案はまるで一つの小さなチャンスのように感じられ、ほんのちょっと大きいお金を触れたいという思いで出発する船に乗り込むだけだ。
715-7.jpg



映画「ヘム」の一場面。霧が立ち込めた海で彼らに会ったのは他でもない自分の欲望だった。結局、それによって他人の欲望とも必然的に衝突することになる。 ⓒ(株)ヘム

しかし、彼らは密航を引き受けた瞬間から、海はさらに荒く恐ろしい空間に変わる。頻繁に操業で顔を見合わせており、普段親しみがあった海洋警察幹部は(本来の役割である)の監視者になって犯罪がばれると終わらという恐怖に迫ってくる。

身分も知らない状態で船に乗せた密航者は、見知らぬ存在として「いつ敵かわからない「恐怖の対象となる。この中でぶつかった海の濃い霧は視界を隠して、さらに息をのむような雰囲気を作る。この充実した多くの要素がパズルのようにキッチリつづりながら、観客の息の根を締める。

波が波打つ広い海で霧に会ったチョン·ジン号。海は果てしなく広がっているが、肝心の足の踏み場は限られており、分離された状態で船員たちは、自分の欲望をそのままに直面することになる。

女性の胸に抱いてみたい欲求に目がくらんチャンウク(イ·ヒジュン)とキョング(ユスンモク分)、船を手に入れるためにどんな手段と方法も厭わない船長チョルジュ、船長を助け任務完遂を最優先にここ甲板長ホヨン(キム·サンホ分)。これら露出冷酷な態度は残酷な状況でも命を救おうともがく機関長ワンホ(ムン·ソングン)とドンシク(パク·ユチョン分)の姿と対比される。

ちょうど他の領域での自己の欲望を武器のように取り出してあげよう、最終的に避けることができず、お互いに衝突する。誰よりも粘着性がある絆を見せていた船員たちは、他の欲求を満たすためにしようと、お互いに団結がまた背を向ける。最終的には満になって陸に戻ろうとした彼らの夢は壊れた状態で悽惨に沈む。

目の細かい脚本の息をのむようスリラー

映画「ヘム」のポスター。 ⓒ(株)ヘム
711-6.jpg

111分の上映時間の間、小さな規模の漁船で物語の大部分を解きほぐす映画<ヘム>は、ドラマの後半まで緊張感を失わない。これは、目の細かい脚本の力で見せ、一緒にプロットを書いて出したポン·ジュノとシムソンボ監督の能力が光を放つ部分である。二人は2003年作<殺人の思い出>で脚本を一緒にやったことがあったので呼吸がよく合ったようだ。

狭い船でも単調なシーンを上映時間にわたって披露した演出力も目立つ。これ俳優たちの優れた演技力が加わり、映画はさらに優れたスリラーで生まれ変わる。遠い海の濃い霧がデッキの上の人を覆うシーンと息をのむような状況は、観客を息をのむような恐怖の世界に導く。




何よりもソムチᆺしたのは、「チョン·ジン号'の没落は、ただ映画の中の事だと普通に見えないということだ。
金銭的利益のためなら、法が定めた規制を無視しても大丈夫だという態度、船を入手したい命令に残酷な日まで強制する船長、船員の無関心に空しく命を失う乗客。

これは、私たちが過去の近現代史を通る間に経験した多くの惨事の要因と鳥肌が立つほど似ている。

目的を達成するためには、「私たちは同じ船に乗る運命よ」と叫ぶも、事故で死んだ人の遺体を迷わず海に投げつけるシーンでは、韓国社会に蔓延するいくつかの認識も伺える。

人権の価値などは、しばらくさておき、お金を大きく稼ぐ どうしても大丈夫 成長万能論、あるいは「発展」という名前で見かけ良く包装された一発屋だ。

。また、「最終的にはすべてのために良いこと」としながら強圧的に開始されたことが、登場人物たちの悲劇的突き進む過程を見てみると、「落水効果'を取り上げ、社会全般の犠牲と不平等を当然視した現実が、今日どのような結果をもたらしてきたかを連想させる。



「この船では、私は大統領であり、判事 父よ!」と脅す 人の前で暴力を使ってでも規律を維持しようとする船長の姿も見慣れない。
自分の意に沿って来ればともかく、チョン·ジン号'を守って、それでずっと前に進むことができるという彼の態度は絶対服従体制の下で発展を最優先の価値を掲げていた独裁時代の無慈悲な政府を連想させる。

魚の代わりに倉庫に詰め込まれた人の暗い顔が映画の幕を下ろした後も簡単におさまらない。
映画が描いた船の上の残酷な風景がこの社会の暗い断面をスクリーンに圧縮しておいたかのように見えたりもする。

IMFがちょうどさく烈し<ヘム>の中の時代から20年近く経ちけれど、まだ経済的な論理と現実の限界を理由に強制されている多くのものが私たちの生活を望まない方向に追い込んでいないか。

そして、問わざるを得ない。権威主義に自らを正当化し、「よく食べ、よく生きるしてくれる」という論理で武装した爆圧の時代は終わりたと、果たして私たちは、自信を持って答えることができるか。

2014年にされた韓国の地の上に立ってるのに、上目遣いに周りを見回してみると濃く敷かれたヘムがおぼろげに見えるだけだ。
真っ白な壁のように立って私たちを取り囲んでいる旧時代の考え方を振り落とさなければ、チョン·ジン号の航路がそうだったように韓国の未来もあまりはっきりしたり、明るくないだろう。

元記事へ


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2014/08/18(月)22:39

コメント

ありがとう^^

かめちゃんアンニョン^^

「ヘム」6日目100万人突破!!!って
スゴイよね!!多分…^^;
延べ数でも~しかも「R指定」映画なのに…
大韓民国人口4,000万人のうちの(今調べたわ)
100万人!(外国の方もいらっしゃるでしょうが!)
ラブラインは兎も角、内容重そうだけど…
でも早く俳優ユチョンに会いたい!観たいね

かめちゃん、先日はウリ樽(タル)の事で
かめちゃん体験談をありがとうございますmm
ココロして読ませて頂きましたmm
私の隣にいるのが当たり前の子なので
「この人、本当に行っちゃうの?」と考えると><;
まぁ、何時かは離れて行っちゃうんですけどね…
「十代から二十代の娘時期」を近くで見守れないのが
とても残念です…でも仕方ないか…
私が我儘を言ってもしょうがないですよね
気持ちを入れ替えます
(Ah~~~韓国だったら喜んで送り出すんだけどな~^^;)
いつも色々ありがとうございます♡

2014/08/19(火)09:03| URL | chii♪ #- [ 編集]

chiiさま

> 「ヘム」6日目100万人突破!!!って
> スゴイよね!!多分…^^;
> 延べ数でも~しかも「R指定」映画なのに…
> 大韓民国人口4,000万人のうちの(今調べたわ)
> 100万人!(外国の方もいらっしゃるでしょうが!)

何がすごいって
外国人が言葉も分からないのに見に来るすごさ!!!
愛は海を越える~~

100万人はまだまだ途中段階だけど
声をきっかけにまた数字が伸びるといいね~

今日ハマすごい数の映画館を挨拶に回るみたいね~
見に行きたかったね~~!!!

> かめちゃん、先日はウリ樽(タル)の事で
> かめちゃん体験談をありがとうございますmm
> ココロして読ませて頂きましたmm
> 私の隣にいるのが当たり前の子なので
> 「この人、本当に行っちゃうの?」と考えると><;
> まぁ、何時かは離れて行っちゃうんですけどね…
> 「十代から二十代の娘時期」を近くで見守れないのが
> とても残念です…でも仕方ないか…
> 私が我儘を言ってもしょうがないですよね
> 気持ちを入れ替えます
> (Ah~~~韓国だったら喜んで送り出すんだけどな~^^;)
> いつも色々ありがとうございます♡

オ~韓国いいね~
拠点ができると行きやすいね~

でも、旅立っていくのは、成長の証だから
あっという間に一回りも二回りも大きくなって帰ってくる
夏休みもあるから、帰ってくる・・・

大事な時間を大切にすごしてね~

コメント欄閉じたのね
何かあったのかな?
大丈夫?

役に立たないけど、話しだけは聞くから、いつでも言ってね~

コメントありがとうございます
またお邪魔しますね~





2014/08/19(火)09:24| URL | かめ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR