FC2ブログ

「ヘム」舞台挨拶、今日も行く

OSEN
[写真]パク·ユチョン、 'カリスマあふれる目つきで入場」


記事入力2014.08.19 17:13

820-1.jpg

[OSEN =ミン·ギョンフン記者] 19日午後、ソウル東大門メガボックスで開かれた映画「ヘム」の舞台挨拶イベント、パク·ユチョンが入場している。

この席には俳優キム·ユンソク、パク·ユチョン、ハンイェリ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモクなどが出席した。

映画「ヘム」が青少年観覧不可等級にも公開6日ぶりに100万観客を突破して興行勢を引き継いで行った。

19日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワーク集計結果によると、「ヘム」は去る18日、日中の7万9,139人を動員し、累積観客数101万902人でボックスオフィス3位に上がった。

これで「ヘム」は映画が封切りして6日(8月13日公開)で100万観客を突破する快挙を成し遂げるた。
元t記事へ
820-2.jpg





19禁ハンデ越えた「ヘム」...観客100万突破


「鳴梁」と「海賊」隙間に安定した観客を集めており、
一時14.08.19 09:37l最終更新14.08.19 09:37イソンピル(thebasis3)記者


俳優ムン·ソングンが公開された映画「ヘム」の現場写真。 ⓒ興味津々
820-3.jpg

映画「ヘム」が公開6日ぶりに累積観客数100万人を突破した。映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワークによると、<ヘム>は去る18日に7万9139人の観客を集めてボックスオフィス3位に上がって、累積観客数101万902人を記録した。保持スクリーン数は482個。

同じ期間<鳴梁>は26万3870人を集め、<海賊:海に行った強盗>は19万6157人を動員した。二つの映画がそれぞれ908個と781個のスクリーンを保有し興行傾向を継続しており、<ヘム>が青少年観覧不可等級であるという点を見れば、安定した観客追求をしていると見ることができる。

<ヘム>の100万人突破は19金スリラーで興行した<追撃者>よりも2日早く、19金ノワールアクション映画「おじさん」のような速度である。映画広報社エキサイティングによると、「強烈な事件の進行に感性を刺激するメロに女性観客たちに大きい呼応を得ている」と伝えた。

また、100万人突破を記念して、出演俳優のムン·ソングンは、自分が直接撮影した現場写真を公開した。過去13日ムービートルク現場で観客との約束を守ったのだ。公開された写真には、真冬の海の上で行われた現場の中でも笑いを失わなかった俳優たちの姿が盛られている。
(後略)
/ rumi@osen.co.kr
元t記事へ

(画像はすべてお借りしています)

20日、今日も映画館の舞台挨拶に回るそう・・・

韓国に行きたいな~







JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



JYJと交わした14のドア14答...その固体話


香港=カン·スジン記者kanti@kyunghyang.com

入力:2014年08月19日19:36:34|修正:2014年08月19日22:00:14

グループJYJは、"私たちを探してくれる多くの人が不思議で、ありがたかっだけである」と述べた。国内TV歌謡と芸能プログラムで跡を消してしまったグループJYJの納得するのが難しい状況を迂回的に表わした言葉だった。それにもかかわらず、JYJのファン層はいつ件厚く堅いた。 10年近くKポップ韓流を主導していたこれらは決して疲れたり、勢いを和らげトゥリンことはなかった。 JYJは時間が経つにつれて、より強くなっているところである。

JYJは去る15日午後、香港の現地公演を一日控えてランタオ島」ワールドアジアエキスポ」で韓国取材陣と会って、海外ツアーに出困難な感想と感激などを詳細に語った。最近発売されたアルバムにも、また、今年で10周年を迎えた後、持つ複数の小会議にも非常に甘いように紹介した。メンバーは、そばに座ったメンバーの名前を呼んだり、目を互いに合わせるなど弱々しくながらも温かい友愛を終始見せた。スポーツ傾向がJYJと交わした話を14門14答で整理する。





Q1。ツアーが本格化されました。コメントが格別ようです。

(ジェジュン)韓国で始めて海外ファンたちに本格的に挨拶をお店になりました。韓国での公演でも天気が良かったのに、このところ香港天気もすごく好き期待が大きい。

Q2。 JYJとして久しぶりのツアーです。香港に入るときに空港からのファン集まって大きく歓迎してくれましたよね?

(ジュンス)、2011年以降3年ぶりにアルバムを出した私たちを応援してやろうそんなに出てくれたのです。もともと私たちのファンたちが空港でそのように熱狂的に歓呼してくれる方がないのに、応援のためにワイワイしてくれたのです。本当に感謝の心です。

Q3。過去のソウル公演は3万席規模の公演が話題でしたか?

(ユチョン)長いだけの公演だったし、オリンピック主競技場という大きな場所の公演でもあり、心配が多かったです。アルバムもしばらくぶりに出すものであり、圧迫感も従っていたのが事実でした。久しぶりに暖かい感じを本当に多く頂きました。とても楽しく公演をしました。

Q4。チームカムバックに3年を要した。

(ジェジュン)元のアルバムをより早くネトオヤした。発売が延期されたのです。その間個人活動もありました。自己懸命にしてから3年ぶりにムンチョトました。ある意味でJYJは、私たちのメンバーそれぞれに「ヒーリング」の空間でもあります。私たちを楽にしてくれる避難所といいましょう。

Q5。個別の活動がもたらした相乗効果が明らかになると見てよ。

(ジェジュン)確かに3人いるのだから、多くの方々がより大きく関心を持ってくれるようです。私一人でするよりも三人が一緒に出てくる、周辺で聞こえる言葉より大きいことガトゴヨ。気分がとても良いです。




パク·ユチョン



キム·ジュンス
Q6。アルバムのタイトルを「ジャストアース」で、公演のタイトルは「ザ·リターン·オブ·ザ·キング」で、それぞれかでした?

(ジェジュン)アルバムのタイトルは、ユチョンのアイデアです。 JYJブランド広告撮影現場でのアルバムのタイトルをする必要がありされユチョンが「ジャストアース」を参考にしました。ただ楽に私たちが上手にできるよう、そして私たちにふさわしいことをしてみようという意味でそのように命名でした。公演タイトル「ザ·リターン·オブ·ザ·キング」の場合には、アルバムタイトルといくつかの相反する感じがしたりしますか?(笑)公演舞台の上でのJYJは、別の意味を持っています。 (舞台で)示されてするJYJの姿は、「より多くのリターン·オブ·ザ·キング」に近いものです。

Q7。韓流の先駆者として後輩たちの活躍を見守ってみるとどうでしょう?

(ジュンス)スペイン、ドイツ、ペルー、メキシコ、チリ、ブラジルなど、ほぼ公式には、その場所で最初の公演をしたのです。多くの場所を通っている最近の後輩たちを見ると胸がいっぱいで気持ちもお勧めします。最初にするときは大変だったが誰最初に行く人が必要し、それが私たちだったという事実も満たされます。




キム·ジェジュン
Q8。放送活動なしに海外で積極的にしています。人気が変わらない理由は何でしょう?

(ジュンス)私たちも毎回不思議だと思います。海外のファンの方々がインターネットを介してミュージックビデオの程度を見たことがありますが、私たちの舞台やライブの様子は、しばらくの間、見逃しからね。放送(歌謡と芸能プログラム)の活動をしなければ自然にファンも離れるしかないのが事実だが、そうアルバムに各種チャートで1位をして、また、海外公演を出ることができ...。私たちはラッキーな日です。このような、より疲れないようにと誓っことになります。

Q9。アルバム出した後、これといったテレビ番組の舞台に出演していないにも関わら、最近SBS<人気歌謡>で1位候補に上がりました。この皮肉な状況に対してどのような考えがかかりますか?

(ジェジュン)過去ソウルコンサートでも話したが、(KBSから)歌「バックシート」が審議にかかっただし話を聞いたとき、一方では、「はい。よかった」と思いました。とにかくそう会場に来る見ることができる舞台という点、何か「エッジ」ないですか?放送出演がなくても、ファンと音楽で疎通することができる方法は、それほど完成度の高い公演を披露してくれるものと考えてきました。もちろん、外圧による不条理さには妥協したくありません。




Q10。メンバー全員30代につかつかと近寄っています。

(ジュンス)30代の恐怖はありません。昔から30代すぐに興奮しました。男なら30代一番良い年齢ではないかたんですよ。何か染み出てくる姿、経験、このようなもの素敵だと思いました。従って、今後の30代うれしいです。行かなければなら歩みがまだ決まってませんが、従ってより多くの期待がされているのも事実です。

(ユチョン)のメンバーたちと過ごして10年を超えて、今の所属事務所(ペク·チャンジュ)代表に会ったことが5〜6年になろうとます。出会った人たちと、その期間が長くなればなるほど感謝の気持ちがより大きくなっていくようです。舞台に再インストールすることができているという嬉しい気持ちも、ファンへの感謝の気持ちもますます大きく知ることガトゴヨ。このようなものの年齢が聞いたことがアニルロンジヨ。

Q11。ますますお互いに愛情が大きくなっていくようです。

(ジュンス)言わなくても知っている間というのは、どのようにすごいのかわからないでしょう。

(ユチョン)この間<ドラキュラ>(キム·ジュンス主演のミュージカル)を見てきましたが、一人で公演を導いていく姿を見て尊敬の念まで生じますね。ああその人が私と一緒に行く人だな、だからどのように幸せしていることかもしれません。 <トライアングル>(キム·ジェジュン主演のドラマ)をレポートもそう感じたよ。他の人が私の同僚を話すときはどのように満たされたかわかりません。




Q12。 3年ぶりにツアーが世界各地で開かれ、どのような姿をどのように示すのでしょうか?

(ジュンス)の舞台の規模が以前よりも少し大きくなりました。チームの舞台のほか、メンバーそれぞれの魅力を詰め込んだ一人一人の舞台も積極的に見せようとします。ジャンルも多様よ、いろいろ快適に話も交わしたくて。

Q13。 JYJとしてその間に変わったことがある場合でしょうか?

(ユチョン)JYJので変わったことはありません。ただ人間自身の成長があったでしょうか? JYJになって変わっいうより、世界を広く見て、自分かき分けていくことになり、学んだことがとても大きいです。すべての仕事を私たちが選択するが、私たちが責任を担う、それとともに徐々に成長することができました。

Q14。これまでよくしてきたようなことですか?



(ジュンス)の両方にありがたく、本当に熱心にした考えています。メンバー全員が私たちの価値を守ろうとしており、お互いに誰がされていないために歯を食いしばっ聞きました。 JYJのメンバーたちは、今、「良い」「親しい」という言葉不足します。最も堅いだけでなく、空気のように私の中で自然に染み込んだ「私たち三人」です。本当に大変なことも多かったです。悲しかったことももちろんあったが、よく乗り越えました。今回の活動は、このような私たちの成長がよくかみ合っています。さらに成熟した心で国民と会いたい気持ちが大きいです。



JYJと交わした14のドア14答...その固体話


香港=カン·スジン記者kanti@kyunghyang.com

入力:2014年08月19日19:36:34|修正:2014年08月19日22:00:14


フォント大きくする


フォント小さくする


グループJYJは、"私たちを探してくれる多くの人が不思議で、ありがたかっだけである」と述べた。国内TV歌謡と芸能プログラムで跡を消してしまったグループJYJの納得するのが難しい状況を迂回的に表わした言葉だった。それにもかかわらず、JYJのファン層はいつ件厚く堅いた。 10年近くKポップ韓流を主導していたこれらは決して疲れたり、勢いを和らげトゥリンことはなかった。 JYJは時間が経つにつれて、より強くなっているところである。

JYJは去る15日午後、香港の現地公演を一日控えてランタオ島」ワールドアジアエキスポ」で韓国取材陣と会って、海外ツアーに出困難な感想と感激などを詳細に語った。最近発売されたアルバムにも、また、今年で10周年を迎えた後、持つ複数の小会議にも非常に甘いように紹介した。メンバーは、そばに座ったメンバーの名前を呼んだり、目を互いに合わせるなど弱々しくながらも温かい友愛を終始見せた。スポーツ傾向がJYJと交わした話を14門14答で整理する。





Q1。ツアーが本格化されました。コメントが格別ようです。

(ジェジュン)韓国で始めて海外ファンたちに本格的に挨拶をお店になりました。韓国での公演でも天気が良かったのに、このところ香港天気もすごく好き期待が大きい。

Q2。 JYJとして久しぶりのツアーです。香港に入るときに空港からのファン集まって大きく歓迎してくれましたよね?

(ジュンス)、2011年以降3年ぶりにアルバムを出した私たちを応援してやろうそんなに出てくれたのです。もともと私たちのファンたちが空港でそのように熱狂的に歓呼してくれる方がないのに、応援のためにワイワイしてくれたのです。本当に感謝の心です。

Q3。過去のソウル公演は3万席規模の公演が話題でしたか?

(ユチョン)長いだけの公演だったし、オリンピック主競技場という大きな場所の公演でもあり、心配が多かったです。アルバムもしばらくぶりに出すものであり、圧迫感も従っていたのが事実でした。久しぶりに暖かい感じを本当に多く頂きました。とても楽しく公演をしました。

Q4。チームカムバックに3年を要した。

(ジェジュン)元のアルバムをより早くネトオヤした。発売が延期されたのです。その間個人活動もありました。自己懸命にしてから3年ぶりにムンチョトました。ある意味でJYJは、私たちのメンバーそれぞれに「ヒーリング」の空間でもあります。私たちを楽にしてくれる避難所といいましょう。

Q5。個別の活動がもたらした相乗効果が明らかになると見てよ。

(ジェジュン)確かに3人いるのだから、多くの方々がより大きく関心を持ってくれるようです。私一人でするよりも三人が一緒に出てくる、周辺で聞こえる言葉より大きいことガトゴヨ。気分がとても良いです。




パク·ユチョン



キム·ジュンス
Q6。アルバムのタイトルを「ジャストアース」で、公演のタイトルは「ザ·リターン·オブ·ザ·キング」で、それぞれかでした?

(ジェジュン)アルバムのタイトルは、ユチョンのアイデアです。 JYJブランド広告撮影現場でのアルバムのタイトルをする必要がありされユチョンが「ジャストアース」を参考にしました。ただ楽に私たちが上手にできるよう、そして私たちにふさわしいことをしてみようという意味でそのように命名でした。公演タイトル「ザ·リターン·オブ·ザ·キング」の場合には、アルバムタイトルといくつかの相反する感じがしたりしますか?(笑)公演舞台の上でのJYJは、別の意味を持っています。 (舞台で)示されてするJYJの姿は、「より多くのリターン·オブ·ザ·キング」に近いものです。

Q7。韓流の先駆者として後輩たちの活躍を見守ってみるとどうでしょう?

(ジュンス)スペイン、ドイツ、ペルー、メキシコ、チリ、ブラジルなど、ほぼ公式には、その場所で最初の公演をしたのです。多くの場所を通っている最近の後輩たちを見ると胸がいっぱいで気持ちもお勧めします。最初にするときは大変だったが誰最初に行く人が必要し、それが私たちだったという事実も満たされます。




キム·ジェジュン
Q8。放送活動なしに海外で積極的にしています。人気が変わらない理由は何でしょう?

(ジュンス)私たちも毎回不思議だと思います。海外のファンの方々がインターネットを介してミュージックビデオの程度を見たことがありますが、私たちの舞台やライブの様子は、しばらくの間、見逃しからね。放送(歌謡と芸能プログラム)の活動をしなければ自然にファンも離れるしかないのが事実だが、そうアルバムに各種チャートで1位をして、また、海外公演を出ることができ...。私たちはラッキーな日です。このような、より疲れないようにと誓っことになります。

Q9。アルバム出した後、これといったテレビ番組の舞台に出演していないにも関わら、最近SBS<人気歌謡>で1位候補に上がりました。この皮肉な状況に対してどのような考えがかかりますか?

(ジェジュン)過去ソウルコンサートでも話したが、(KBSから)歌「バックシート」が審議にかかっただし話を聞いたとき、一方では、「はい。よかった」と思いました。とにかくそう会場に来る見ることができる舞台という点、何か「エッジ」ないですか?放送出演がなくても、ファンと音楽で疎通することができる方法は、それほど完成度の高い公演を披露してくれるものと考えてきました。もちろん、外圧による不条理さには妥協したくありません。




Q10。メンバー全員30代につかつかと近寄っています。

(ジュンス)30代の恐怖はありません。昔から30代すぐに興奮しました。男なら30代一番良い年齢ではないかたんですよ。何か染み出てくる姿、経験、このようなもの素敵だと思いました。従って、今後の30代うれしいです。行かなければなら歩みがまだ決まってませんが、従ってより多くの期待がされているのも事実です。

(ユチョン)のメンバーたちと過ごして10年を超えて、今の所属事務所(ペク·チャンジュ)代表に会ったことが5〜6年になろうとます。出会った人たちと、その期間が長くなればなるほど感謝の気持ちがより大きくなっていくようです。舞台に再インストールすることができているという嬉しい気持ちも、ファンへの感謝の気持ちもますます大きく知ることガトゴヨ。このようなものの年齢が聞いたことがアニルロンジヨ。

Q11。ますますお互いに愛情が大きくなっていくようです。

(ジュンス)言わなくても知っている間というのは、どのようにすごいのかわからないでしょう。

(ユチョン)この間<ドラキュラ>(キム·ジュンス主演のミュージカル)を見てきましたが、一人で公演を導いていく姿を見て尊敬の念まで生じますね。ああその人が私と一緒に行く人だな、だからどのように幸せしていることかもしれません。 <トライアングル>(キム·ジェジュン主演のドラマ)をレポートもそう感じたよ。他の人が私の同僚を話すときはどのように満たされたかわかりません。




Q12。 3年ぶりにツアーが世界各地で開かれ、どのような姿をどのように示すのでしょうか?

(ジュンス)の舞台の規模が以前よりも少し大きくなりました。チームの舞台のほか、メンバーそれぞれの魅力を詰め込んだ一人一人の舞台も積極的に見せようとします。ジャンルも多様よ、いろいろ快適に話も交わしたくて。

Q13。 JYJとしてその間に変わったことがある場合でしょうか?

(ユチョン)JYJので変わったことはありません。ただ人間自身の成長があったでしょうか? JYJになって変わっいうより、世界を広く見て、自分かき分けていくことになり、学んだことがとても大きいです。すべての仕事を私たちが選択するが、私たちが責任を担う、それとともに徐々に成長することができました。

Q14。これまでよくしてきたようなことですか?



(ジュンス)の両方にありがたく、本当に熱心にした考えています。メンバー全員が私たちの価値を守ろうとしており、お互いに誰がされていないために歯を食いしばっ聞きました。 JYJのメンバーたちは、今、「良い」「親しい」という言葉不足します。最も堅いだけでなく、空気のように私の中で自然に染み込んだ「私たち三人」です。本当に大変なことも多かったです。悲しかったことももちろんあったが、よく乗り越えました。今回の活動は、このような私たちの成長がよくかみ合っています。さらに成熟した心で国民と会いたい気持ちが大きいです。

元記事へ


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/08/20(水)07:46

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR