FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

JYJ空港ファッションパク·ユチョン、「ヘム」ドンシクが登場823-2.jpg
(画像はお借りしています)

ドンシクって

「太め」って事

このレベルならガタイがいいって事でいいんじゃない




[スターインタビュー]
パク·ユチョン、イケメンアイドルの皮脱いで男前俳優の道に入る

スクリーンデビュー作「ヘム」で最年少のドンシク役熱演
恋人のために命をかけるドンシクの純粋な愛にヒーリングして
毎作品の最後の作品という覚悟で撮影に臨む

スポーツ韓国メディアツェゼウック記者jwch6@hankooki.com
写真=韓国子供ドット·ヘヨン記者lhy@hankooki.com
入力時間:2014/08/2214:43:27修正時間:2014/08/2214:43:27
823-3.jpg
パク·ユチョン。 (写真=イ·ヘヨン記者lhy@hankooki.com)
[スポーツ韓国メディアツェゼウック記者]
先入観が完全に壊れていた。映画「ヘム」(監督シムスンボ、製作ヘム)の公開日である13日に会ったパク·ユチョンはハンサムな容貌とは違い、文字通り「男前」だった。

また、演技を副業程度考えている他の「アイドル歌手」とは異なり、演技にアクセスする姿勢が慎重な'俳優'であった​​。

口から出る一言に演技に対する情熱がいっぱい込められていた「ヘム」の濃い愛情がにじみ出ていた。スクリーンデビュー作「ヘム」の封切りを控えて60以上のメディアとの1対1のインタビュー大長征を終えていく彼はやや疲れていた。

「映画の宣伝をするのが初めてなのですが、すでに私の中では「ヘム」が劇場上映が終わって劇場から下がったそうな感じです。今日​​は公開初日なのに、すでに私の中ではすでに「ヘム」が去ったようです。

月を超える広報過程ずっと映画のことを考えての話だから、すべての感情を払うようになりましたよ。今年1月に公開されたように感じられるほどです。(笑)
私にできることはすべてしたので、これで観客たちの評価を謙虚に待ってますよ。
興行です?
それよりこの映画を作った人の情熱と悩みが認められ得ることを望んでいいですね。
欲なく、損益分岐点だけ超えるといいですね。"



「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品である。
パク·ユチョンは、不測の出来事が原因で阿鼻叫喚に変わった、心の中に純粋さを失わない末っ子の船員ドンシク役を引き受けた。

ドンシクは韓国に行った兄を見つけるために密航船に乗った中国同胞紅梅(ハンイェリン)と運命的な恋に陥ることになる。同名戯曲を映画化したので、リアリティよりも文学的な香りが漂う。
ドンシクの純粋さは、紅梅を救うために多大な決定をするようにする。ドンシクは一体紅梅をいつから好きになるのだろうか。

「人を愛するようになる方法はいくつかありますと思います。時には、実際に誰を好むときにじわじわ過程を踏むのではなく感じが突然に来る時じゃないですか?おそらくドンシクもそんなんじゃないかと思います。

水に落ちた紅梅を求めて好感を持つようにされた後、若い男女が機関室という限られた空間の中にいて見たら真赤に燃えたと思います。私にドンシクのような恋人のために命をかけることができているのか聞くと自信を持って「できますよ」と言うことはでき申し上げます。

すばらしい心配が必要になるでしょと思います。それだけドンシクがすごい人であると思います。そのように純粋に愛することはすばらしい勇気が必要であり、容易ではないですよ。ドンシクを演じながら、彼の純粋さに自分自身がヒーリングされている感じでした。"

パク·ユチョンは、「ヘム」の撮影現場でキム·ユンソク、キム·サンホ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、ユスンモクなど大先輩たちと4ヶ月以上演技呼吸を合わせながら、俳優として一段階成長した。

撮影がない日には、浜揺れる船の中で焼酎一杯を傾けながら、演技に対する悩みを打ち明けて、先輩たちのアドバイスを聞きながら自分を包んでいた殻を破り、一歩前進していった。
そのせいで体重もたくさん増え映画最初のシーンの後ろ姿を見ると、見違えるほど本物」船乗り」になっていた。

「お酒はほぼ毎日飲みました。雰囲気がよければ、みんなで飲んで良くなければ先輩たち同士召し上がりました。私も監督と先輩たちが、乾いたものよりも大きくてかわいいのがいいと頂き、安心して食べて飲んだと思います。

その肉がまだ抜けない問題が。 (笑)
実は私はいつも外見の悩みは全くないよ。
生きていれば体調が良くなければ、きれいように出てくるのです。

まあ。見られる職業だからこそ、常に完璧でなければならないという考えには反対です。しかし、年を取ってちょっと気をつかうようになった。かからなかった皮膚科も最近始めました。頭だけとれないといいですね。(笑)」

「ヘム」プレスプレビューの後、パク·ユチョンの演技に対する好評が殺到している。今年末か来年初めに予定されて軍入隊前、彼の出演したい映画とドラマ製作会社のラブコールが殺到している。

しかし、現在のパク·ユチョンが所属しているJYJが新しいアルバムを出した海外コンサートのスケジュールも巻き込まれた作品をより多くのことができるかどうかは未知数だ。

彼は全然焦っていませんでした。心を空にして平常心を維持する方法を知っていること。デビュー後10年の間に数多くの浮き沈みを介して得られた生活の知恵であろう。自分に与えられる機会の感謝を忘れずにいた。

「常に作品に入るたびに、最後の作品である可能性があると考えます。
次の作品は、時間が合ってこそできそうです。

「ヘム」を撮る前に「必ずして行こう」という考えが大きかったが、映画を撮って、自分だからゆっくりもなるという考えこの耳を傾ける。私自身がもっと準備ができている必要がありという思いがしましたよ。

最近ではJYJの活動とコンサートのすべてのフォーカスを当てています。
映画をみたら、私の演技に集中できるという点で、俳優として非常に魅力的持っているんですよ。

しかしドラマも常に反応を肌で直接感じることができるという点で、また違った魅力があります。
どんなジャンルでも良い作品が縁になったら本当に嬉しいと思います。
"
元記事へ





「見られる職業」だからって

「外見に気を使うのは反対」って

で、「のび太」や「BOUZU」なのね

じゃなかったら、ああは出てこない

自由人ユチョン

でしょうね~~なるほど・・・

何やっても大好き~

インタビューでこれだけたくさんのことを

話せるってすごい人

同じになりそうなのに

毎回、新しい何かが入っている

インタビューする人もやりがいがあると思う

通り一遍の答えなら

こんなにたくさんのインタビュー記事は出ないから・・・







JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR