FC2ブログ

JYJとユチョンが自由に活動できますように!



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


ユチョン北京へ~

   
JYJ空港ファッションパク·ユチョン、「ヘム」ドンシクが登場823-2.jpg
(画像はお借りしています)

ドンシクって

「太め」って事

このレベルならガタイがいいって事でいいんじゃない




[スターインタビュー]
パク·ユチョン、イケメンアイドルの皮脱いで男前俳優の道に入る

スクリーンデビュー作「ヘム」で最年少のドンシク役熱演
恋人のために命をかけるドンシクの純粋な愛にヒーリングして
毎作品の最後の作品という覚悟で撮影に臨む

スポーツ韓国メディアツェゼウック記者jwch6@hankooki.com
写真=韓国子供ドット·ヘヨン記者lhy@hankooki.com
入力時間:2014/08/2214:43:27修正時間:2014/08/2214:43:27
823-3.jpg
パク·ユチョン。 (写真=イ·ヘヨン記者lhy@hankooki.com)
[スポーツ韓国メディアツェゼウック記者]
先入観が完全に壊れていた。映画「ヘム」(監督シムスンボ、製作ヘム)の公開日である13日に会ったパク·ユチョンはハンサムな容貌とは違い、文字通り「男前」だった。

また、演技を副業程度考えている他の「アイドル歌手」とは異なり、演技にアクセスする姿勢が慎重な'俳優'であった​​。

口から出る一言に演技に対する情熱がいっぱい込められていた「ヘム」の濃い愛情がにじみ出ていた。スクリーンデビュー作「ヘム」の封切りを控えて60以上のメディアとの1対1のインタビュー大長征を終えていく彼はやや疲れていた。

「映画の宣伝をするのが初めてなのですが、すでに私の中では「ヘム」が劇場上映が終わって劇場から下がったそうな感じです。今日​​は公開初日なのに、すでに私の中ではすでに「ヘム」が去ったようです。

月を超える広報過程ずっと映画のことを考えての話だから、すべての感情を払うようになりましたよ。今年1月に公開されたように感じられるほどです。(笑)
私にできることはすべてしたので、これで観客たちの評価を謙虚に待ってますよ。
興行です?
それよりこの映画を作った人の情熱と悩みが認められ得ることを望んでいいですね。
欲なく、損益分岐点だけ超えるといいですね。"



「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品である。
パク·ユチョンは、不測の出来事が原因で阿鼻叫喚に変わった、心の中に純粋さを失わない末っ子の船員ドンシク役を引き受けた。

ドンシクは韓国に行った兄を見つけるために密航船に乗った中国同胞紅梅(ハンイェリン)と運命的な恋に陥ることになる。同名戯曲を映画化したので、リアリティよりも文学的な香りが漂う。
ドンシクの純粋さは、紅梅を救うために多大な決定をするようにする。ドンシクは一体紅梅をいつから好きになるのだろうか。

「人を愛するようになる方法はいくつかありますと思います。時には、実際に誰を好むときにじわじわ過程を踏むのではなく感じが突然に来る時じゃないですか?おそらくドンシクもそんなんじゃないかと思います。

水に落ちた紅梅を求めて好感を持つようにされた後、若い男女が機関室という限られた空間の中にいて見たら真赤に燃えたと思います。私にドンシクのような恋人のために命をかけることができているのか聞くと自信を持って「できますよ」と言うことはでき申し上げます。

すばらしい心配が必要になるでしょと思います。それだけドンシクがすごい人であると思います。そのように純粋に愛することはすばらしい勇気が必要であり、容易ではないですよ。ドンシクを演じながら、彼の純粋さに自分自身がヒーリングされている感じでした。"

パク·ユチョンは、「ヘム」の撮影現場でキム·ユンソク、キム·サンホ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、ユスンモクなど大先輩たちと4ヶ月以上演技呼吸を合わせながら、俳優として一段階成長した。

撮影がない日には、浜揺れる船の中で焼酎一杯を傾けながら、演技に対する悩みを打ち明けて、先輩たちのアドバイスを聞きながら自分を包んでいた殻を破り、一歩前進していった。
そのせいで体重もたくさん増え映画最初のシーンの後ろ姿を見ると、見違えるほど本物」船乗り」になっていた。

「お酒はほぼ毎日飲みました。雰囲気がよければ、みんなで飲んで良くなければ先輩たち同士召し上がりました。私も監督と先輩たちが、乾いたものよりも大きくてかわいいのがいいと頂き、安心して食べて飲んだと思います。

その肉がまだ抜けない問題が。 (笑)
実は私はいつも外見の悩みは全くないよ。
生きていれば体調が良くなければ、きれいように出てくるのです。

まあ。見られる職業だからこそ、常に完璧でなければならないという考えには反対です。しかし、年を取ってちょっと気をつかうようになった。かからなかった皮膚科も最近始めました。頭だけとれないといいですね。(笑)」

「ヘム」プレスプレビューの後、パク·ユチョンの演技に対する好評が殺到している。今年末か来年初めに予定されて軍入隊前、彼の出演したい映画とドラマ製作会社のラブコールが殺到している。

しかし、現在のパク·ユチョンが所属しているJYJが新しいアルバムを出した海外コンサートのスケジュールも巻き込まれた作品をより多くのことができるかどうかは未知数だ。

彼は全然焦っていませんでした。心を空にして平常心を維持する方法を知っていること。デビュー後10年の間に数多くの浮き沈みを介して得られた生活の知恵であろう。自分に与えられる機会の感謝を忘れずにいた。

「常に作品に入るたびに、最後の作品である可能性があると考えます。
次の作品は、時間が合ってこそできそうです。

「ヘム」を撮る前に「必ずして行こう」という考えが大きかったが、映画を撮って、自分だからゆっくりもなるという考えこの耳を傾ける。私自身がもっと準備ができている必要がありという思いがしましたよ。

最近ではJYJの活動とコンサートのすべてのフォーカスを当てています。
映画をみたら、私の演技に集中できるという点で、俳優として非常に魅力的持っているんですよ。

しかしドラマも常に反応を肌で直接感じることができるという点で、また違った魅力があります。
どんなジャンルでも良い作品が縁になったら本当に嬉しいと思います。
"
元記事へ





「見られる職業」だからって

「外見に気を使うのは反対」って

で、「のび太」や「BOUZU」なのね

じゃなかったら、ああは出てこない

自由人ユチョン

でしょうね~~なるほど・・・

何やっても大好き~

インタビューでこれだけたくさんのことを

話せるってすごい人

同じになりそうなのに

毎回、新しい何かが入っている

インタビューする人もやりがいがあると思う

通り一遍の答えなら

こんなにたくさんのインタビュー記事は出ないから・・・







JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。


にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
[シネトーク
]「ヘム」で映画デビューしたパク·ユチョン
ユンヨンソプ記者
2014-08-1507:54:47
記者が書いた記事を見る


「俳優か?誰かを代わりに生きてみるというのがどのように責任感が要求されることか分かるようになりましたよ」
823-1.jpg

パク·ユチョンは今ホームシアターが注目する最も「ホット」な俳優だ。国内外の多くのファン層を抱えている最上アイドルグループ出身というスター性のためだけではない。彼は同年代のアイドル出身が果たせなかった印象的な歩みを着実に示してきた。

ドラマ「成均館スキャンダル」(2010)のイ·ソンジュン役で一気に注目を浴びた後、「ミスリプリー」(2011)、「屋根部屋の皇太子」(2012)、「会いたい」(2013)、そして最近「スリーデイズ」(2014)までしても、もれなく、さまざまな色の煙を見事に消化して大衆の愛はもちろん、厳しい評論家の賛辞までもたらした。毎年、各放送局の演技大賞授賞式で彼が新人賞と演技賞を総なめにしたのはこれの傍証である。


最初の映画出演の心情 シナリオだけを見て出演決定 最初のミーティングキム·ユンソク先輩など 綺羅星のような方と一緒に 出演するということ初めて知っ て嬉しい一方、心配が先立ち、歌手と演技者 歌手は断片的な感じ強く 映画は長編小説のように より多くの教訓得て 俳優としての欲は 誰かに喜び·慰められる 希望の人に残りたい


「ヘム」はそのようなパク·ユチョンに別の演技的転換点になる作品である。彼の最初の映画であり、ポン·ジュノ監督の初制作作品、そしてキム·ユンソク、ムン·ソングン、キム·サンホ、イ·ヒジュンなど演劇の舞台で骨が太い演技派俳優たちとの容易でない作業であるという点だ。

これは明らかにプレッシャーに近づいてきたはずだが、彼はむしろ期待感が先に進んだと言う。パク·ユチョンは「現場から見た先輩俳優たちはすべての瞬間、目から違っていた。撮影中、誰もが「ヘム」の中の人物そのものになった」と当時の困難な感動をまだ忘れていないようだった。

それだけ映画の現場はすべてを吸ってと思うほど彼には魅力的な学びの現場となった。シムソンボ監督が「映画にとてものどが渇いているのが見えた」と言ったのはそんな理由である。従って、より確実になった。ポン·ジュノ監督の言葉のように「優れた映画俳優を、私たちの映画界が得たという事実」を言葉である。

同名の戯曲を原作にした「ヘム」はチョン·ジン号に乗船した6人の船員が大海で密航者を乗せて運びながら抑えられない事件に巻き込まれる内容を記した。パク·ユチョンは、末っ子の船員ドンシク役である。特別な演技熱情と意欲的にスクリーン攻略に乗り出した俳優パク·ユチョンを、そしてそのすべてが濃縮されている映画「ヘム」を注目してみる。



- 最初の映画だ。封切りを待っている心情がどうなのか。

「確かに映画は待機を多く必要とする作業である。そして待ちが長くなると長くなるほど、その中で混沌と不安、期待感がたくさん来るようだ。考えが多くなってなのか、撮影がずいぶん前に終わったにもかかわらず、残響がまだ残っている。そのような点で私の最初の映画が「ヘム」であってよかったと思う。

初めてシナリオを受けたときは、ポン·ジュノ監督、キム·ユンソク先輩などの作業ラインも知らなかった。全く情報がない状態でのシナリオだけを見て出演を決心した。初日の会議場に行ってみて、ものすごい人と一緒に作業をすることになったという事実を知ることになった。嬉しい心の片隅で心配が浮上する。"



- 容易でないキャラクターという点で魅力を感じたのか。

「そうだ。確かにそうだったようだ。といって、日常的な演技が容易であるということはありませんが、基本的に私は映画を見ても、不慣れな、ユニークな素材に多く引かれるようだ。 「ヘム」のシナリオを見た時、それが一番最初に目に入ってきた。

とても限られたスペースなのに、多くのセクションが分かれていることから、作業に対する気がかりなこともできた。下手をすると1つのように見えて退屈することもあるはずなのに、これをどのように演出的に解決して行く興味深かっ、その中で一部を占める私の演技も気になった。"



- ドンシク役にキャスティングされたのは本当に意外だった。

「心配が多かった。そのような懸念を聞いていると気にならない使われた部分も気に使われるようになってくることもできる。しかし、大きく意に介さない。そのようなことを考える時間に演技により集中しようという考えをした。幸いなのは、撮影現場が静かな田舎で、海辺とすべてがより熱く団結することができた。

もちろん演技に対する集中度も高まった。そのような状況が私にはよい作用をした。非常に多くの人と長く付き合う過ごしてみると、対人関係もより良くなった。"



- そのような経験は初めてであるようだ。


「初めてだ。現場の雰囲気もそうテンポも最初は適応がならなかった。これまで行ってきたTVドラマも人とする作業ですが、先輩たちとは別に個人的な時間を持つのが難しく、歌手の場合はなおさらそうだった。そんなことが思わず浸していたらしい。従ってそのような席が序盤にはぎこちなかったが言うべきか分からないから不便だった。

しかし、先輩たちがそのような私をたくさん話してくださった。以来、私はできれば先輩たちとの時間を一緒にしようと努力した。映画や演技の話ではなく、主に日常的なものを話題としましたが、過ぎてみるととても重要で、必要な時間だったことを改めて感じている。"



- すべての撮影現場が「ヘム」と同じではないのだ。


"という言葉に言われた。私は最初の映画なのか、すべての状況が良かったキム·ユンソク先輩がすべての現場が多くこうではないと教えてくれた。
「このような作品に出会い、人に会ったのはとても珍しいケース」と「君の演技人生を生きていきながら、このような作品をもう一度見るのは難しいかもしれません」との言葉をいただきました。
私は運が良かったという話だろう。"



- ドンシクはたやすくした人物ではない。どのようにキャラクターにアプローチしたのか。

"素朴するしかない子だと思った。そしてとても寂しかったんだ。船乗りの父を海で失った、母親もドンシクを捨てて去った。懐かしい人を最も大きく感じることができるのは、その人がいたことを基づいているものである。

だからドンシクは父の後を継いで船乗りになった。かといって善良な人ではないと見た。
まだ自分が知らない自分の中の別の面が多くの友人だ。

それは良いこと書けばいいけど、悪に書けば悪となるのだ。基本的にはそのようなものは持って行って、先輩たちと作業を進めていく少しずつ修正していった。

以前にあらかじめ多くの準備をして行ってひどい怪我をしたことがあった。従って、ある程度の基本的な性格と心だけを持って出発して徐々にドンシクで作らうとした。"

- 彼の欲求は何と思いますか。

「実質的に紅梅(ハンイェリ)と交わした心が、個人的には、いつの時代の愛よりも純粋だと思う。ただの乗組員と紅梅の間に多くの葛藤があった。基本的にドンシクが決断するとき、最も大きく思ったことは山の命は殺せばならないということであった。

それはもしかしたら、ドンシクの弱さでもある。だからこそ、紅梅に期待がされて、彼女を守ってくれるという気になるのだ。結局、それは自分が生きたいという意志の表現だった。"



- そのためか、紅梅と機関室で愛を分かち合うシーンが印象的だった。

「そのシ-ンを置いて監督と序盤から多くの相談をした。 「さすがにこの部分をどのように納得できるようにすることができるだろうか、ドンシクがそう行動するのが合うかな?」という点を言葉である。

しかし、実際に撮影に入ったときはドンシクが理解された。一寸先も分からない状況で生きていることを感じることができる唯一の行動だと思いました。
撮影当時にも多く悲しく、映画を見ながら胸をたくさん打った。"



- 船乗りの衣装も思ったより似合っていた。

「最初のフィッティングしたときに入って服を着替えて出てきたその場にいたすべてのスタッフの笑顔がさく烈した。
「ユチョン、申し訳ありませんが、どうしようもない。船乗りだから」と言っていたよ。 (笑)

私も不慣れだった。最初は服に合わない姿勢や表情が出てきて全く似合わなかった。
しかし、時間が経ってから徐々に服に合わせて自然な姿が出てくるよ。服のおかげであってもよく出てなかったようだ。"



- 実際に強いオーラを洗い流す演技派先輩たちの間でも気後れしないあなたの演技を注目するようになったよ。


「私も完成本は記者試写会で初めて見た。映画を見た瞬間も負担が多かった。もちろん比重で感じる負担はありません。 「私が最初に努力しようとしていた部分が目立たず、瞬間瞬間どのようにうまく溶け込んだのだろうか」だったある程度融和のように思える安心になった。さらに、完成本はシナリオよりもよく表現されたように思える満足している。"



- 以前キム·ユンソクと同じ演技をしたいと言ったことがあるようにしてみるとどうなのか。

「カリスマがすごいことを感じた。私もそれなりにドンシクの感情をそのまま表現したと思うのに先輩はそれをもう一度裏返しの表現と言われた。
だからこそ、より落ち着いれるような感じがとても不思議だった。

映画を見る時は分からなかったが一緒に演技をしてみると、その自然さが肌に届いた。 「演技は本当に容易ではないな」という思いも聞いたが、一方では、私はどのように(演技を)していくのか、より期待されて気になるきっかけになった。"



- 所属事務所(シジェスエンターテイメント)もチェ·ミンシク、ソル·ギョングなどの素晴らしい先輩たちがいますが、そこから演技のアドバイスは受けていなかったか。

「その方たちは、お酒を教えてくれた。 (笑)特にギョング兄とは飲み会を頻繁に持つものだ。
しかし、酒の席で映画の話は一切しないでおられます。ただ楽しく遊んで食べようという雰囲気だ。
しかし、それは本当に素敵なことだ。

ギョング兄が一言いただいたのが「初めての映画公開を控えているその気持ちを、できるだけ長く大事にしていなさい」という言葉だった。その感情を長く大事にしている場合、得になると言われた。
ミンシクが兄は試写会が終わって打ち上げ時に来られ、私の顔を撫でながら「苦労した」と言われた。

しかし、短いその一言がなるように慰めになった。
もし父が生きておられたらこんな感じだったような思いになった。今の先輩たちから多くの慰めと感動を受けている。"



- 容易でない撮影条件であろう何が最も大変だった。

「天気もとても寒かった水泳もして、機関室でアクションもしなければした。しかし、一番大変だったのはドンシクを苦しめた心の決断を下すまでの過程を表現するものであった。すべての状況を理解して、すべての船員の心を知っている見たら初めには、体が心より先に出る素朴な青年だったが、後半に行くほど、自分が降りる決断が正しいのか非かのジレンマが多かった。その部分が個人的に撮影をしていくながら多くの悩む部分だった。"



- 演技が面白い。

「だれでもそのような話をしてくださるよ。初めて演技を始める時は誰かと住んでいる見ることができるという間接的な経験がドキドキでやってくるのだろう。それは何の感じがなかった、してみると、本当に格別だった。私はパク·ユチョンに生きていくよりも、他の誰かの人物で生きていく、そのちょっとの時間で学ぶこともはるかに多かった。

「ヘム」をしながらはまた違った。私は芸能界にデビューして10年の間活動しながら感じてきたことよりも先輩たちと作業してきた6ヶ月の間、演技者として必要ないくつかの教訓と感情をたくさん知っていた。

誰かを代わりに生きてみるというのがどのように責任感が強く、大きいが起こっているのも感じたし、多くの人と頭を抱えて悩んでいるのが生きて珍しいことだからこそ、楽しくやりがいのあるされた日であるという考えをするようになった。もちろん消費され疲れますが、演技は本当に味のある作業である。"



- 歌手生活をしながら感じてきた感情とも異なっている。

「明らかに違うようだ。歌手は少し断片的な感じが強ければ、映画は長編小説を見るような感じというか。短編と長編はサイズから違いませんか。音楽は続け聞くことができ、簡単に接することができる。そして音楽を介して上を得ることができれば、映画は教訓を得ることができると考えている。"



- 将来の計画や約束がある場合。

「何の約束や計画だけではなく、風がある場合、できるだけ長い時間の間演技をしたいということだ。歌手は今ボーカルより作曲上だけにしたい。それでも、いつでも私たち三人(JYJメンバー)が集まってできているので私の席は残したんだ。

しかし、今重要なのは演技が上手だ。演技をするために必要ないくつかの条件があるだろうが、一度演技をするのに役立つ生き方をしてみたい。"



- 俳優としての欲がある場合。

「欲はない。以前にミンシクが兄がこんなことを言ってくださいました。自分がどのような人がなったのかが重要なのではなく、どのような人になっていても、すべての人はすべて屋台で会う。つまり、型にはまらず、わずかなことを取りまとめて生きなさい言葉であられた。

されるように総合的なんだけど、多くの考えをにするよ。
演技者パク·ユチョンが実質誰かに喜びであり、悲しみであり、慰めとなる希望の人に残ることができたら良いだろう。多くの人に避難所となるような俳優だ。"

ユンヨンソプ記者yys@yeongnam.com
▨写真=キム·ヒョンス(フリーランス)

元記事へ



深い話ですね~

作曲家ユチョンもいいけど

俳優ユチョンも好きだけど

歌うあなたを見続けたい





| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://myhope6002.blog.fc2.com/tb.php/540-2b153f25
<< NEW | TOP | OLD>>