FC2ブログ

「ヘム」エルコリア、ELLE Korea

エル、エルコリア、ELLE Korea

2014.08.08。 FRI

The Romantic Tragedy
<ヘム>欠点を押すだけの演技的世紀

海の上で何が起きるのか分からない人に言えば、<ヘム>はあなたが思っているよりも恐ろしい残酷な映画だ。しかし、同時に流麗でロマンチックな余韻を残す映画だ。見ればわかる。
723-11.jpg

広い広い海の上に浮かんでいる船一隻位の人。 <ヘム>の背景には、このように広大でありながら窮屈ました。まるで海の上に浮いている小さなステージといってもいいでしょう。しかし、その舞台に上がる人にどのように劇的な演技が必要かどうか予感そういえば困難である。

ただ平凡な漁師たちに何ができるんだろのでしょう。もちろん、巨大な波に立ち向かうスペクタクルを想像することもあるでしょう。実際に私は最近にした上映館で、自分の同行者と会話していたいくつかの観客が<ヘム>に述べており、台風のために苦労している話じゃないか」とささやくことを聞いた。

それだけ<ヘム>という映画について人が簡単に推測できないという意味であることもあるでしょう。 <ヘム>というタイトルのように霧のように感じられる映画といいましょう。
818-5.jpg

と にかく<ヘム>はタイトル通り「ヘム」の中に閉じ込められた乗組員の話です。もちろんその海の上の霧が<ミスト>のように、この世界ではなく、何かのために浮上する危機を召喚するパラメータになるのはありません。

実質、文字通り霧、ヘムでしょう。ヘムはただジャンル的煙幕を強化することのための手段に過ぎません。重要なのは、そのヘムの中に置かれた一隻の船の上にいる人が何をするかです。そのヘムの中に閉じ込められるという船員が海の上だけの肉だけをとることがありません。

普段しなかったことをしようとしてよいです。しかし、その試みは、彼らが自ら望んで自ら要望したことがありません。廃船の危機に追い込まれた状況を他界する船長一人独断的に決定を下し、その状況に納得した船員たちが必然的に納得した結果であった​​のです。そして、その避けられない計画が考えていたかのように進行とすれば、<ヘム>という映画の存在理由がないでしょう。



「公海上に浮かぶ船一隻「この置かれた状況というのは、思った以上に残酷になります。生涯網や投げ満の夢や見ていた船乗りたちが肉ではなく、何かに腹を満たすされ、それによって起る危機というのは、彼らが、いざこのようなことをすべき容器がされているこれらはないか、このようなことをすべき容器がされている李朝車道たことがない経験だからです。

最終的にこれらに対処するに手に余るほどの仕事に飛び込んだ彼らに臨む必然的な結果で終着します。ただし、それは、当事者自らが考えた、いかなる惨劇よりもよりひどい状況に直面することになるのです。

そして急に急変してしまう状況の中で、人も次第に急変を開始します。より正確に言えば、組織の倫理と制度的規範に縛られていた本質が飛び出す状況を迎えることになるのです。

<ヘム>はまさにその地獄の映画です。自分をこれ以上制御する必要性を感じない人間の阿鼻叫喚が、その広大な海の上に唯一のとどまることのできる船一隻の限られたスペースの中で繰り広げられるということでしょう。

827-13.jpg
715-7.jpg


本来同名戯曲が原作だったかのように映画も漁船という限られたスペースを一種の舞台のように利用します。ただし演劇の舞台とは異なり、上下チュンウィが存在し、現実的な空間性をひき、という点では、確かに映画がより有利な条件を持っているわけです。

さらに、「公海上に浮かぶ船一隻を取り囲むヘム」という設定自体が、その再生の舞台の条件をより完全に封印します。さらに、そのような舞台設定自体が善悪の境界ギリギリにかけた人物が次第に倫理的な無国籍状態に引かれて入るような印象を与えていることもあります。

それこそ、効果的な舞台装置の役割であるわけです。しかし、それで演劇的な傾向と計算的な演出による人為的な印象も強くなります。映画の中でヘム縁雨期のは中盤頃からなのですが、映画の前半と後半の温度差が大きく異なる直感と同じくらい、全体的なスピード感も違いを見せ始めます。

それだけ映画が抱いた環境的な特異性が目立って見える感じなのですが、実際これはあまり良い役割だけをするのはないようです。その特異性を体感することの利点も存在するが、逆に映画の末尾に達するほど、その特異性が、映画的限界で動作しているという感じを受ける時が少なくありません。

809-14.jpg

何よりも人物の緊迫した心理的な変化が<ヘム>を危機と絶頂に連れて上昇力の役割をするが、その過程でいくつかの人物の変化には苗の蓋然性が存在しません。もちろん、単に因果的な蓋然性の有無が欠けたことをねらいとしていることはありません。

<ヘム>の複数の人物は、単に心理的な変化というよりは病理学的な変化に近い心理的影響を明らかにたような変化の劇的な配慮がないのがたまにプロットの空白のように思われることがあります。いわばいきなり人物の心理が精神病レベルに急変するこれに対して、観客自らが「私の人物は、元のあんな過去があるからそんなこともあるだろう」と理解すべき式です。

もちろん、誰かがそのように理解することもできるでしょう。しかし、誰もがその順ないでしょう。このような場合には、問題の出発点は、その状況を理解していない観客も、その状況を演技する俳優でもないでしょう。まさにそのような状況を俳優と観客に提示された映画であり、作家であり監督でしょう。

さらに終盤にダダラした人物は、なかなか合意されていない個人的な欲求にギルギルイ暴れ状況を満身創痍で作る、その欲求が最大化されている状況の特殊性を認める理由を見つけるの長さはありません。

その全体的な状況の幅を考慮したとき、そのような個人の突発的な心理に出口を取ったというのが安易に見える程度です。さらに、サスペンスが最大化されている後半が進むにつれて中盤まで拡張されたマルチな心理の立体感が急激に窮屈になるという点で興味が落ちることもあります。どうしても後半にダダラその窮屈舞台の制約性が創造力の限界に動作する印象と言えよう。
827-15.jpg


しかし、<ヘム>は、そのような映画的な欠点が俳優たちの演技的世紀にも埋まっているような印象の映画です。それだけ俳優らの好演が非常に魅力的な作品であり、それがこの映画が最前線で誇れる街といっても過言ではありません。

オープニングから漁師の顔に登場する俳優たちは映画が進む中、それぞれの顔に波よりも強いスペクタクルを提供します。キム·ユンソクをはじめとする中堅俳優たちは期待したほど、あるいはそれ以上に素晴らしい演技力を表わし<ヘム>の方向を提示するキーとして、平衡を維持するアンカーとしての座を守っています。

一方、出演だけでも話題になったパク·ユチョンは、非常に献身的な熱演を披露してプロの俳優としての素顔を発見したといっていいほどの結果を発表します。おそらく<ヘム>はパク·ユチョンにとって、長らく言及される作品になりそうです

そして結果的には、<ヘム>にサスペンスとスリルの帆をつけてくれると同時に恋愛というコンパスを提示するハンイェリの残像が深く残ります。このように多くの俳優が出演しながらも、無駄に敵という印象を与えないのは、それだけキャラクターの調整が顕著に行われており、それぞれの俳優が自分に与えられたキャラクターの服を忠実に身に着けている反証であるはずです。

長所と短所が明確な映画だが、結果的には興味深い自信作という好感が深く残る作品です。特に非常に詩的な隠喩が引き立つ名場面がたまに見えるその中でもオチャン神のグロテスクな景色は、その悲惨な状況の判断を押してしまうほど審美的な強烈さが深く刻まれる名シーンです。

このように<ヘム>円深い皮肉とジレンマがドィオンこみ、次第にサスペンスの強度に反映されるような感情恐怖のベースがメロを説得する過程につながることも興味深い丹羽、その過程がどの程度説得力をもって展開されるという点で、より興味深い作品です。

特に、善と悪の選択ではなく、生エラは切実な本能を置いて対立して終了破滅的な対立で先鋭化関係のフローチャートに興味深いものです。メローな余韻が深く残る文学の終りとそのロマン性陶酔何かでしょう。

<ヘム>は、一定の部分にジャンル的な外皮をかけた映画だが、本質的に文学的感受性にふさわしい自信作にあります。この映画を支持したいと思うのはまさにその非凡な野心に長く出した一定の部分の性能が非常に興味深い面を見せてくれるからです。個人的には注目される作品になったらいいですね。それだけの作品ですからね
元記事へ
(*画像は本文のものと少し違います。画像はすべてお借りしています。)
自動翻訳機にかけたままで修正していません。
読みにくいと思いますが、雰囲気で読んでください。


最近、自動翻訳した後、

辞書を引いて修正していた

基本的な韓国語力がなく

恐ろしく時間がかかるだけで、上手くできない

早く韓国語を勉強しないと

ユチョンの言うことが分からないまま・・・(←あの世のお迎えが来る?)

827-7.jpg
気が遠くなる・・・

といいつつ、予習も復習もしていない自分が嫌いになるこの頃・・・

怠け者に付ける薬はありませんか

827-2.jpg
827-11.jpg
827-12.jpg
827-10.jpg
(画像はすべてお借りしています)







JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


「ヘム」パク·ユチョン "私に幸運であり、幸福である」切ない舞台挨拶感想
ソース
テンアジア|
作成
ソンスビン|入力2014.08.27 17:52
映画「ヘム」京仁地域の舞台挨拶スチールカット

映画「ヘム」の京仁地域の舞台挨拶が盛況のうちに終了しました。

去る26日進行された舞台挨拶には、「ヘム」を演出したシムソンボ監督をはじめ、パク·ユチョン、ハンイェリ、ムン·ソングンが参加し、観客に感謝の気持ちを伝えて意味深い時間を一緒にした。

喝采を受けて舞台に上がったシムソンボ監督は「俳優たちの演技にすっかりはまって映画を楽しんでもらいたい。どっしりとした印象を抱いて帰っていってほしい」と挨拶を伝えた。
827-14.jpg

また、パク·ユチョンは、「「ヘム」としてから1年が経ってゆくようだ。「ヘム」でスクリーンデビューをすることができたのは、私に幸運であり幸福である。良い映画は、多くの方々と一緒に共有したら良いだろう "と話した。

続いてハンイェリは「「ヘム」を皆さんにお見せすることができるだけでも、幸せである。胸の中に長く残る良い映画で覚えてほしい。」と言いながら話し、マイクを受け継いだムン·ソングンも「「ヘム」は、私はしばらくおさえておいた俳優としての欲求を再呼びくれた作品である。「ヘム」のような別の作品を撮ることができるようになる日を願って懸命に生きる愛をぜひ成し遂げて、いつも幸せしてほしい」と感謝の気持ちで温かい挨拶に感想を仕上げました。

この日パク·ユチョンとハンイェリは映画を観覧した観客たちに劇中ドンシク(パク·ユチョン)と紅梅(ハンイェリ)の口調で「私はドンシクが、映画はよく見た感? "、"こんにちはしてネカ?ホンメプます。映画ジャルブワトスプネカ? 」と初めての挨拶を渡し、観客たちの歓呼をかもし出したし、サインパンガ枚(カップラーメン)を客席に直接プレゼントするなど、さまざまなファンサービスで雰囲気をさらに盛り上げた。
投稿。ソンスビンインターン記者sus5@tenasia.co.kr
写真提供。 NEW
元記事へ

ユチョンの方言、聞きたい~!!!


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/08/28(木)11:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR