FC2ブログ

JYJ、ベトナムコンサート

JYJ、ベトナムのファンと約束した最初のJYJコンサート

[トップスターニュース=キム·ミョンス記者] JYJがアジアのファンに対する格別の愛情を明らかにした。

シジェスエンターテイメントは、 "JYJが昨日(29日)ベトナムホーチミンインターコンチネンタルアシアナサイゴンホテルから50以上のベトナム現地記者らと懇談​​会を開催しました。 Yeah 1 TV、MTV Vietnamなどの主要なTVと芸能報道メディアの記者70人が参加しJYJの熱い取材熱気を見せた。現地記者は、韓国 - ベトナムの国家間のフェスティバルやイベントではなく、通常のコンサートでベトナムを訪れたJYJの公演に大きな関心を見せた。」と明らかにした。


830-1.jpg
830-2.jpg
JYJの訪問は、2010年パク·チソンアジアドリームカップフレンズ参加と2013アジア競技大会の広報ロードショー以来、三度目だ。キム·ジェジュンは、 "ベトナムでの正規コンサートを進行するのは初めてである。

これまで訪問するたびに、JYJが一緒に公演に来てくださいと約束したそう見てなって気持ちよくときめく」と明らかにした。

また、国内と日本だけでなく、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパまで全世界で公演をするJYJの主力舞台がどこかという質問には、「私たちを愛してくださるファンの皆さんがいる場合は、そこが私たちの主舞台だ。」と明らかにし、今回のツアーを回りながら、再びアジアのファンに深く感謝している」と明らかにして格別な愛情を明らかにした。
830-3.jpg
また、パク·ユチョンは "私にとって、今回のJYJのアルバムは音楽の作業と録音スタジオがあまりにも久しぶりだったので十年前のデビュー時にアルバムを作っていたときめきとも見えた。

年末までのツアーがずっと続く予定だが、ひとつひとつのツアーが楽しい。」と明らかにした。

キム·ジェジュンは「個人的にファンミーティングのために一人でベトナムを訪れたことがある。そのとき、多くの愛と情熱を感じることができた。当時、ベトナムの帽子」ノン」をプレゼント受けたサーボ祈った。今回も楽しい思い出たくさん持って行く。」と明らかにした。

久しぶりにベトナムを訪れたJYJの記者会見で、多くの地元の記者は、好意的な反応を見せた。 JYJが入場して記者会見が終わったときに拍手が出てくる一方、JYJの心からベトナムに向けた愛情に関心を見せた。

一方、JYJは、今日の夕方(現地時間8PM)ベトナムホーチミン市クオン梅(Quan khu7)スタジアムでJYJの正規2集アジアツアーを続けていく予定である。
830-4.jpg
830-5.jpg
 김명수 (Reporter@TopstarNews
元記事へ



0829 JYJ viet press con
JYJ ベトナムインタビュー←クリックしてね
面白いよ~

年末までのスケジュールを教えて~~








830-7.jpg
830-6.jpg
リハーサル風景
(画像はすべてお借りしています)



ダイハツ「オーヴォ」

舞台はコンパクトなのに

人間業じゃない動き

時間は2時間半(休憩30分)だけど

あまりの緊張感で長く感じる
(息がつけないほど)

身体のどこが折れ曲がるのか

理解できないほど

楽しい時間もあり

ほっと一息・・・

物語が進んでいく

終わってみれば面白かった

830-12.jpg830-10.jpg830-11.jpg
830-8.jpg






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。



にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


[インタビュー
]「ヘム」パク·ユチョン·ハンイェリ、
「結末が理解される」子供は誰の子なのか?



記事承認[2014-08-28 15:39]、記事修正[2014-08-28 19:13]
830-9.jpg

アジアトゥデイウナムヒ記者

=俳優パク·ユチョンとハンイェリが映画「ヘム」の結末についての見解を明らかにした。

パク·ユチョンは、「ヘム」で朝鮮族の処女紅梅(ハンイェリ)を見て一目惚れした素朴な末っ子の船員ドンシク役を、ハンイェリは紅梅役を引き受けて呼吸を合わせた。二人はスリラーの中でいきいきとしながらも切ないラブラインを披露して劇をさらに緊張感になりした。

パク·ユチョンは最近、アジア料理とのインタビューで、「ヘム」の結末について「厳しい状況を経験した二人なので、理解がされた。
結婚した夫婦も大変な状況が生じたら、耐えにくくするために、ドンシクと紅梅は一層困難にしたようだ」と話した。

続いて、 "お互いに相手を見たときに死んだ人を思い出せば、どれだけ苦しいだろう。もちろん、それ克服していけばいいのですが、年齢も若く難しかっただろう」とし「男は無条件克服しよう」とするが女性は大変で疲れるだろう。それは理解していた」と付け加えた。

彼は紅梅の子には、「ドンシクの子供だったら大変だったようだ。どれほど手に余るのだろうか。私の子供じゃなかったらと思う念願だ。良い人に会って幸せに子供二人産んで住んでいるんだったら良いだろう "と話した。

また「しかし、「なぜ一人で子供二人を連れて来たのか。なぜラーメンを食べに来たのか」という疑問がある。
ドンシクとして紅梅は忘れたいと思った人と同時に会いたいと思った人である」とし「普段はキャラクターでよく抜ける方だった。

今回のドンシクは長く残るようだ。ハンイェリを見ると、紅梅だ。残響が残っている」と俳優としてのキャラクターに没頭した姿を見せたり。

ハンイェリは「ドンシクのための配慮をしたと思う。紅梅を見た瞬間、多くのものが、もう一度考えていい。
だから、より難しい」とし「紅梅身分さえわからない状況で、私の生涯責任をというには利己的なようだ。ドンシクを愛しているなら、彼が最も幸せになってくれるのが正しいようだ。私の立場では、紅梅がドンシクを残すのが当たり前のようだ」と話した。

続いて「監督はドンシクの子供ではないとしたが、私は大きな子供は正しいと思う。明らかにドンシクの子供を持ったときに実の兄が他の男に嫁がせると思った」とし「紅梅はまだドンシクを忘れずにいるので九老洞に住んでいて、当然ドンシクも九老洞に来ると考えているようだ」と説明した。

一方、「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品である。ポン·ジュノ監督が企画·制作を、シムソンボ監督が演出を引き受けた。現在上映中だ。
wnh@asiatoday.co.kr
元記事へ




内容が分かれば分かるほど不思議な映画・・・

わからない・・・

字幕なしでも見たかったけど

字幕なしでは理解できそうもない・・・

日本に来るのを待つしかないのかな


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2014/08/30(土)20:25

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR