FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


http://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=1EUbNwEQmg0
http://m.youtube.com/watch?v=LeaDP2LYWA8&feature=youtu.be
パク·ユチョン、2014映画界「真のウィナー」なのか


[OSEN =チェ·ナヨン記者]俳優パク·ユチョンだけは揺れがなかった。 他の俳優たちが各映画賞で少しずつ明暗が分かれたが、パク·ユチョンだけはきちんとひ、そしてもれなく記録を積み重ねていった。


パク·ユチョンは17日午後、世宗文化会館で開かれた第35回青龍映画祭授賞式で映画「ヘム」(シムソンボ監督)で新人男優賞受賞の栄光を手にした。

舞台に上がったパク·ユチョンは "感謝します。授賞式が開始するとすぐ上を受けることになり意識がもうろうである。心から感謝する」とし「映画を初めてしてみると、多くの方が苦労するということを知ることになった。多くの勉強になった」と所感を明らかにした。 「初めての映画に良い上に感謝したい」と付け加えた。

パク·ユチョンは、先に第15回釜山映画評論家協会賞新人男性像、第34回英平常人新人賞、第51回大鐘賞新人男優賞を受賞した、ここで青龍賞まで加え、4冠王に上がった。 美しい芸術印象も獲得した海。

最初の映画で達成したグランドスラムである。 さらに今回の映画の授賞式のでは「友人2」キム·ウビン、「足球王」安在鴻、「弁護人」イム·シワンなど優劣を難しい「神したことが「俳優たちと一緒に候補に上がって、そうそうたる競争を繰り広げたはずだ。

それにもかかわらず、パク·ユチョンの今回の受賞行進には、特別な意見がない。 キム·ウビンやイム·シワン、安在鴻などもすべて優れたが、パク·ユチョンを認めていない可能性がないというのが大半の意見だ。 厳しい評論家たちも、興行を重要価値にした大鐘賞も、社会的機能をする「映画的な「映画を好むした青龍刀パク·ユチョンを選んだ。



パク·ユチョンは、スクリーンデビュー作である「ヘム」で外的にはわざわざ体重を呼ばれて、技術的に方言を習得しながら、純粋な末っ子の船員リムーバブル役を感性的に表現した。 キム·ユンソク、キム·サンホ、ムン·ソングンなどカリスマあふれる演技派先輩たちとの共演で押されていないエネルギーを披露した。

演技力とスター性を備えたスターであってもお茶の間でスクリーンにジャンプすることは容易ではない。 パク·ユチョンは、これを短時間で、そして正常にしてた。 ドラマ「成均館スキャンダル」、「ミスリプリー」「屋根部屋の皇太子」、「会いたい」、「スリーデイズ」などで見せてくれた変身力と可能性がスクリーンに渡ってきて一層堅く認められた。 特にパク·ユチョンは、本能と努力が調和した落ち着いた演技で同じ年頃の俳優たちよりも感性伝達において成熟という評価を聞いている。

俳優は多いが、「若い血」の輸血も急務だった忠武路(チュンムロ)が収穫した喜びである。

nyc@osen.co.kr

<写真> 'ヘム」スチール(上)
http://mosen.mt.co.kr/article/G1110034007元記事

ユチョン元気そうで

幸せそう😝

携帯から送信
きちんと見れるかな?
心配😥

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR