FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

パクユチョン、疑う俳優は資格がある
記事入力2015-01-06 15:31:29

2015010801000689800040351.jpg

20代の女優たちに満足できる演技とはない。
彼らに演技者として初めて酒をあけて、噛んで食べ、消化させて排泄までやり遂げなければならない過程は決して容易くないからだ。
それで満足度なく、疑念を抱く。

'私が果たしていいのか。
'特に最初の映画で高い評価を受けることは負担に感じざるを得ない。


それも、奉俊昊(ボン・ジュンホ)シムソンボ監督の'ヘム'という作品で主演を務め、である。
パク・ユチョンは、同視点に対して、誰よりよく知っている。

"青龍映画賞は当然受賞できないはずだと思った。
当然、。そうだと思っていたが、呼ばれてびっくりした。

実際にはとても緊張したし、青龍までは本当に期待しなかった。
"そして"振り返ってみると似合わない服を強引に着ているように見えることを恐れて結構不安だった。


会社でも最初反対されて、ちょっと心配していた。
演技力、このような部分は排除してもJYJというグループに属している私が'ヘム'の中ドンシク役で見えるだろうか。

そんな疑念を抱かざるを得なかった。
方言も方言が、水夫のように服を着て、扮装をそうしても自然に見えなければならないが、気が楽ではなく、心配した"と淡々と打ち明けた。

パク・ユチョンの疑いと心が一度に伝えられた。
事実彼は受賞者たちが集まっている事後レセプションの場にも来なかった。
理由が気になったため、質問しようとしたが、目安がついた。

"演技者として自分がない時がある。
最近も悪夢を見て破るのが何だか、スタッフたちも演技者たちもみんないるが、アクションをするが、私が何もできなかったよ。
下手だっていうのだ。そうして目を覚ます。こわいのだ。

初めには何かするしかない状況だったため、それが演技だったが、そのような状況が慣れて、することになっても、カメラの前に立つたその時間が怖い時がある。
私がまともに感情を乗せて演技しているのか時々気がするし、それが怖い。"


それでパク・ユチョンは演技者としてお祝い受ける席が混乱したと話した。
"果たして私がお祝いを受けなければならないのか。

事実'ヘム'チームもたくさん来ないのでそんなこともあった。
'弁護人'の金ヨンエ先生が受賞して映画'カート'に対する惜しさを話したんだけど、私もまた同様である。
'ヘム'をもっとたくさん見てくれたら…そういう部分が少し残念だった。"

そして'ヘム'を思い出し、彼が投げた一言は"疲れた"いうことだ。"疲れではなく、集中力に疲れた。
特に'ヘム'で密航シーンは半月を撮りましたが、それを撮って、その集中力に疲れた。

"彼がどれほど'ヘム'を撮影しながら没入したかが感じられた。
そして'ヘム'をしながら覚えた大きな教えについて取り出した。
2015010801000689800040352.jpg

"'ヘム'を準備しながらお昼からお酒を飲んだことがある。
3階で干したらのスープを食べますが、監督、先輩たちの前で、タバコを吸ったりそれで1階まで何度も帰ってきた。

そういうふうに何回かしにいくから、先輩たちが'そうしな'と言うよ。
それで先輩たちと同じテーブルに対座して、お酒も飲んだりたばこを吸ったら先輩たちも好んだ。

その時分かった。幼い時は先輩たちがいたら、すべてが気になった。
そうしてこれは礼儀をもって監督と先輩たちと対話する法を学ぶようになった。
それが重要だということも分かるようになった。"

そして過去エピソードを取り出した。
"初めて'成均館スキャンダル'した時だった。その時は、台本をまる暗記して行った。すべてのものを準備したと言うが、'をよくすべき'する考えがあまりにも強かった。

ところで現場に行って少しだけ違うように進めば、何もしない私を発見した。本当に何もしづらくなった。
それで'屋上部屋の皇太子'からは相手との呼吸に合わせている。一人で読む時と相手の俳優と読む時はとても違っていた。"

"'ヘム'を撮影しながら、先輩たちとそのような夢を見たことがある。

'ヘム'が名節に放送されたら良いね。10年ほど後にも家族が一緒にするときふっとTVを見たら、'ヘム'が出たら良いね。

こんな風に思いをした。"19禁映画、家族の時間帯には合わないという言葉にパク・ユチョンは"夜明けの時間にしなければならない"と笑った。

この前'ヘム'の撮影地としてスタッフたちを連れ、突然の旅行に行ったそうだ。

"突拍子もないが、巨済島をもう一度行った。
そこに海と屋台が恋しかった。
撮影しながら行った食堂も行って、久しぶりに行くからソルジュ(松の酒)、それもくれた。"

青龍映画賞が終わって関係者たちがこんな話を交わした。

パク・ユチョンは知っているだろうか。
彼が完全に自分の演技だけで賞を受賞したという事実を…。

彼のファンダムや、大作に出演してではなく、彼が表現したトンシクを通じて受賞したという事実を彼が分かってほしい。
もちろんこの結果は受けただけでなく疑う俳優にきた資格である

キムギョウル記者winter@sportschosun.com
元記事へ





大変なプレッシャーの中の受賞というのがわかった

ただ受賞して嬉しいだけじゃないんだね

喜んでただけの自分が恥ずかしい

重い重い責任の上にある受賞なんだね~

頑張ったし、これからもユチョンの頑張りを見続ける

ユチョン自身が評価されていることもわかって自信を持ってほしい

謙虚なユチョンが誇らしい

長い翻訳を読んでくれてありがとう






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                               にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

【No title】
こんにちは~ かめさん 


2013年 。。。
ゆちょん君の、メディア露出の、少なさに。。。
ゆちょ枯れ なんて、つぶやいておりました 。。。
見えないところで、一生懸命 仕事していることは、察しながらも・・・

2014年 。。。
嬉しい悲鳴ってか、追いつかないくらいの、ゆちょ攻撃!(笑)

輝かしい、評価もついてきて・・・
ゆちょん君の、控えめな、喜びの顔を、何度も見せてもらえて・・・
 その、時々の 素敵なお姿もですが・・・
ユチョペンで、幸せ って、何度も、何度も 思いました。。。

これからの、1つ1つの仕事も、真摯に、頑張ってくれるでしょうから・・・
プレッシャー も、 糧に してくれると、信じてます。。。


この様な、記事を、読ませていただくと・・・
よか男!見つけたなぁーーーーーって、自分褒めてます。。。 (笑)

ますます、素敵になってく、 
ゆちょん君の、1日、1日の幸いを 祈るのみです。。。

その、笑顔が こちらの 幸いとして、巡り巡って。。。ですよね、、、^^




【ronさま】
> 2013年 。。。
> ゆちょん君の、メディア露出の、少なさに。。。
> ゆちょ枯れ なんて、つぶやいておりました 。。。
> 見えないところで、一生懸命 仕事していることは、察しながらも・・・

じっと我慢の子で
面白企画で過ごしていたようなきがする・・・・
しあわせな次の年の準備・・・


> 2014年 。。。
> 嬉しい悲鳴ってか、追いつかないくらいの、ゆちょ攻撃!(笑)
>
> 輝かしい、評価もついてきて・・・
> ゆちょん君の、控えめな、喜びの顔を、何度も見せてもらえて・・・
>  その、時々の 素敵なお姿もですが・・・
> ユチョペンで、幸せ って、何度も、何度も 思いました。。。

本当に頑張ってくれた1年
成果も出して、すごいことですね~~

> これからの、1つ1つの仕事も、真摯に、頑張ってくれるでしょうから・・・
> プレッシャー も、 糧に してくれると、信じてます。。。

どんどん大きくなって
こちらの成長?が追い付かない・・・
どうしよう???

> この様な、記事を、読ませていただくと・・・
> よか男!見つけたなぁーーーーーって、自分褒めてます。。。 (笑)

ですよね~
私たち、目が高い~~~!!!!!
えっらい!!!

> ますます、素敵になってく、 
> ゆちょん君の、1日、1日の幸いを 祈るのみです。。。
> その、笑顔が こちらの 幸いとして、巡り巡って。。。ですよね、、、^^

笑顔を見るだけで幸せになる

waiboだろうが、

何だろが見つけちゃうもんね~~

ユチョンの幸せな笑顔で心が満たされる~~~~

「ありがとう!」って言いたいですぅ~~


コメントありがとうございます

また遊びに行きますね~


この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR