FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

DATVマガジン


DATVで大人気放送中のポゴシッタ!韓流ライター高橋尚子さんが「ポゴシッタ(原題)」の魅力と萌えポイントについて語る、コラムメルマガ!ポゴシッタが100倍楽しめちゃいます♪
DNTV.jpg

14年前にジョンウとスヨンを引き裂いた事件と、
現在の連続殺人事件が絡み合い、
謎解き捜査が進む『ポゴシッタ(原題)』ですが、
相変わらず萌えポイントを追い掛けている高橋です。
いいの、萌えも極めれば、決してバカにできないから。
と、言い訳をしつつ、先週の15話の復習です。

この回、私の胸をきゅ~んとさせたのは、
スヨンの“胸ポカポカ叩き”でした。
スヨンもジョイもどちらもイヤだと言って家を飛び出したスヨンが、
追い掛けてきて「まだ俺を許せないのか?」と言うジョンウに、
拳でポカポカ叩き始めるのです。

韓国ドラマではたびたび出てくる、この胸ポカポカ叩き。
自分の気持ちをわかってくれない男子に対し、
女子が泣きながら相手の胸を叩いて、辛さを訴え、
思いがけない女子の本音に男子が当惑、そして抱きしめるというパターン。
個人的に大好物のパターンなのですが『ポゴ』でも出てくるなんて!うふふ。
「ひどい人」と言いながら、ジョンウの胸を叩くスヨン…
(叩かれても平気な胸筋、胸を叩きやすい身長、つまり長身であることも大事)

「何がわかる?何も知らないくせに。
あなたがいなくて──死ぬほどつらかった。
あなたがいなくて──死ぬほど苦しかったのよ」

きゅ~ん。
憎んでいたのではなく、好きだったから辛くて苦しかったスヨンの思い。
堰を切ったように、ようやく本心を解いたスヨンを、
思わず抱きしめ、ジョンウは言います。

「俺が悪かったよ。泣くな、泣くなよ」

スヨンの気持ちをちゃんとわかっていなかったジョンウの男子的鈍感さに、
ようやく気づいてうろたえる男子的愚かさに、不謹慎かと思いつつも、
わたくし、きゅんきゅんしてしまいました。

ウネちゃんも可愛かったなぁ。
好きだったのね、好きだったから苦しかったのね。
で、ハリーのせいでスヨンが苦しんでいるのかと思ったら、
俺?俺だったのか?というジョンウの戸惑い、抱きしめてなだめる流れが、
好き過ぎて仕方ありません。何度でもリピれます。

そして、これ、同じ流れが13話でもありました。おいおいと泣きながら、
ジョンウの胸をポカポカ叩くスヨン・ママ、それを抱きしめるジョンウです。
(ま、きゅ~ん、ではないですが)
相手の胸を叩いて、不満をぶつけるというのは、
そこに壁がない明かしでもあって。ある種の愛情表現でもあって。
すごい好き、すごい好き!(←しつこい)

そして自分の心をようやく解放したスヨンは、
ここから大きく変化していきます。
その変化が早速16話に表れているので、ぜひチェックして頂くとして。
ポイントとしては、15話はスヨンの回で、16話はハリーの回です。
そして、いずれにも、対ジョンウ、という構図があります。
スヨンの変化、ハリーの変化に、ジョンウがどう応じていくか、
今後のポイントはそのあたりになってくるかもしれません。
では、また来週~!

⇒ DATVスタッフ「きのっちげ」の書く「ポゴシッタ(原題)」公式ブログもよろしくお願いします☆

きのっちげのブログ←クリックしてね


ポゴシプタ早く見たい~~
せめてWOWOWあたりでやってほしい~
まだかな~~???


SBS PopAsia: JYJ and Crocodile Pizza [Teaser #2]続きの動画

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR