FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

JYJ ユチョンの映画デビュー作

「海にかかる霧」ニューヨークの映画祭に公式招待

…“韓国映画で唯一”


OSEN |2015年03月09日14時41分
69689557_1.jpg


JYJのユチョンのスクリーンデビュー作「海にかかる霧」がニューヨークで開催されるニュー・ディレクターズ/ニュー・フィルム(New Directors/New Films、以下ND/NF)に公式招待された。

「海にかかる霧」の配給を担当したNEW側は9日、「シム・ソンボ監督の『海にかかる霧』がND/NFに公式招待された」と伝えた。

ND/NFはニューヨーク近代美術館と、フィルム・ソサエティ・オブ・リンカーン・センターが共同主催する映画祭で、デビュー監督の作品を対象に、その年もっとも注目すべき新人監督の映画を選別し、最多30本以内の作品だけを公式招待する。

特に、「海にかかる霧」は今回のND/NFに韓国映画としては唯一招待されて注目を浴びている。

ND/NF側は「海にかかる霧」の招待に対し、「新人のシム・ソンボ監督は、実際の事件から強烈なドラマを引き出し、荒波の上で繰り広げられる生と死の惨状と陰鬱な光景を披露する」と説明した。

シム・ソンボ監督は「山に登り始めたが、頑張れと応援しながら誰か後ろで押してくれる気分だ。出演者の方々、スタッフの方々、ありがたい方々の顔が思い浮かぶ」と感想を述べた。

「海にかかる霧」の制作者であるポン・ジュノ監督は「長い歴史を持つ映画祭でUSAプレミアを行うことになり嬉しく、特に新人監督にとって大きな意味のある映画祭で、さらにやりがいを感じる。ニューヨークの映画関係者たちがすでに上映に高い興味を示しており、楽しく招待リストを作っている」と述べた。

「海にかかる霧」は20日、21日に公式上映され、シム・ソンボ監督は公式上映日に合わせて出国し、舞台挨拶と観客とのトークのイベントに参加する予定だ。

「海にかかる霧」は、満船の夢を抱いて出航した6人の船員たちが一寸先も見えない海にかかる霧の中、密航者を運ぶことになり、収拾のつかない事件に巻き込まれるストーリーを描いた作品だ。
元記事配信日時 : 2015年03月09日08時21分 記者 : キム・ギョンジュ



[ヘム」という映画

本当に話題に上がる映画

世界中の映画祭で(上映?)紹介されて

ユチョンも幸せだね~

みんなの心に残るいい映画だもの

考えさせられる、あとに残る映画

ユチョンは目が高い








IMG_1933.jpg

「跳びはねる思考」

テレビで重度の自閉症の東田君が話している番組を見た

今まで自閉症を誤解していたことが分かった

「出来の悪いロボットを操縦しているみたい」と話していた

自分の思考とは別に体が動くそう・・・

我々はその動きだけに気を取られがちだけど

それは違う

ついガンダムを操縦している図を想像したけど

思う通りに動かない体を操るのは大変だと感じる

周りが話していることは我々と同じ様に聞こえ、感じる

だから、落ち着いて話しかければいい

答えはないかもしれないけれど

東田君のようにコミュニケーション手段があればいいけど・・・

それも周囲の理解がないと進まない

この本をみんなに読んでほしいな・・・







IMG_1932.jpgIMG_1931.jpg


最近の「ふく」

トイレにきちんとしていたのに、

時々何を思うのか、とんでもないところにウンチが・・・

テレビ台の後ろのコードの上・FAXの下のコード類の上

コードが草むらに見えるのかな?

よくわからないけど始末が大変・・・消臭剤を振りかけてはいるけど・・・

犬のように、お菓子の包装を投げてやると走って行って持ってくる(何度でも繰り返す)

結構、不思議な行動をする・・・(今までの雄猫とはだいぶ違う)






JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                                にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR