FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


JYJ ジュンスの音楽番組出演を実現したEBS

…地上波3社はJYJへの扉を開くのか?


MYDAILY |2015年03月27日11時59分

201503270705661119_1_99_20150327090703.jpg

写真=マイデイリー DBもうMBC、KBS、SBSの地上波3社が応答する番だ。

26日、公営教育専門放送局EBS(韓国教育放送公社)は、グループJYJのジュンスが音楽番組「スペース共感」に出演することを決定した。

2010年、JYJの結成後、5年間ずっと閉ざされていたTV番組への出演の扉をEBSが開けてくれた。

「涙が出そう」というファンたちの反応は決して大げさではない。
JYJの音楽番組出演は、出口の見えない暗く長いトンネルのようだったからだ。

EBSの決定に人々は「勇気があり、正しい」と好評である。だが、実はJYJの音楽番組への出演は勇気が必要だったり、正しさを強調するべきようなことではない。歌手が音楽番組に出演するのは既に行われていてもおかしくない、自然なことだからだ。

5年以上JYJが番組で歌えなかった状況を、人々はテレビ局に勇気がなく、正しくないからだと思っている。
EBSが扉を開けてくれたから、残り地上波3社が勇気がないわけでも、正しくないわけでもないというなら、JYJを出演させれば良いことだ。


201503270705661119_2_99_20150327090703.jpg

ジュンスやJYJが音楽番組に出演できないという理由は一つもない。JYJはテレビ局が視聴者たちに紹介する価値のあるアーティストだ。

歌唱力はもちろん、パフォーマンスもできる。前もってボーカルを加えたサウンドに合わせて、ライブの真似をするよう特定のアイドル歌手とはレベルが違う。
アイドル歌手に対する人々の偏見を破るのに、JYJほど適した人物もいないだろう。


しかも、JYJは犯罪を犯した芸能人でもない。むしろ社会的に物議を醸したある芸能人たちは、自粛の期間を経て、平然と活動し、音楽番組にも出演している。

テレビ局が率先して、物議を醸した芸能人に復帰の場を設けることさえある。
JYJが出演禁止リストに登録されたわけでもない。

そもそもおかしな状況だ。日本や中国だけではなく、欧州、南米でも公演を開催する韓国を代表するアーティストが、自国で音楽番組にも出演できないというのは、誰から見てもとんでもないことだ。

ジュンス、そしてJYJがこれからもずっと音楽番組に出演できずにいたら、人々はテレビ局が誰かの指図を受けているとしか思えないだろう。


開かれるべきだ。歌手が音楽番組に出演するのが、ありがたいことになったというのはあり得ない。MBC、KBS、SBSの地上波3社は、今ドアを開いてもとっくに遅れてしまった。

5年が過ぎた。飲酒運転をしたり、覚せい剤を使用した芸能人たちの自粛期間も5年よりは短かった。テレビ局がJYJに対して、過酷な待遇をする理由などない。

むしろ今こそがチャンスだ。先に扉を開けてくれるテレビ局が、拍手喝采を受けることができる。人々の前に正しいテレビ局というのは何なのか、堂々と証明できる絶好のチャンスなのだ。 元記事配信日時 : 2015年03月27日07時20分 記者 : イ・スンロク



JYJテレビ出演の記事が増えてきた

ちょっと、遅い気がするけど

まあ、よかった

ないよりはましだ

兵役から帰ってきたときにテレビに出られるといいな~~

今、解決すると、

しっかりした日が差すから

やっと、長~~いトンネルを抜け出られる

ここまで本当に長かったけど

まだ安心できない

早く全面解禁にして

バラエティーでも歌番組でも出られるようにしてね~~

切に願う



SBS [냄새를보는소녀] - 1분 예고


(動画はSBSNOWさんよりお借りしています)

*翻訳はスナさんよりお借りしています。

芸人の相方になったら捜査に協力すると言うチョリムに、ムガクは相方にw



芸人ユチョンが見れます




JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR