FC2ブログ

JYJ ユチョンナレーション、“声優並みの実力”

JYJ ユチョン「匂いを見る少女」ナレーション中の姿をキャッチ!

“声優並みの実力”


MYDAILY |2015年05月19日16時26分

IMG_2976.jpg

写真=SBS「匂いを見る少女」に出演中の、JYJのユチョンのナレーションシーンが公開された。

SBS水木ドラマ「匂いを見る少女」(脚本:イ・ヒミョン、演出:ペク・スチャン)でユチョンは、何の感覚も感じられない刑事ムガク役を熱演中だ。

彼はチョリム役のシン・セギョンとカップルを演じ、アクションとコミカル、ロマンスを行き来する演技を披露している。さらに今回はナレーションシーンも披露して注目を集めている。

彼は台本で劇中のシーンの理解を助けるための説明が登場すると、スタジオではなく、撮影現場で即座にナレーションを始めた。

体を使う演技ではなかったが、彼はペク・スチャン、オ・チュンファン監督と共にどういう風に説明すれば視聴者にとって説得力のあるストーリーになるのか悩み、脚本に書かれた説明もチェックしながらスタジオに臨んだ。

ユチョンのこのナレーションは、4月16日の第6話の放送でギャンブル組織の逮捕について説明し、強力班の係長カン・ヒョク(イ・ウォンジョン)に手柄を譲るシーンなど、多数のシーンで活用されたものだ。

ある制作陣は「ユチョンは演技のみならず、ナレーションを通じて声優並みの実力を発揮した。彼のおかげでドラマに更なる面白さが加わった」と伝えた。

「匂いを見る少女」は匂いが見える少女とどんな感覚も感じられない刑事が主人公であるミステリーサスペンスラブコメドラマで、2049(20歳から49歳)視聴率で1位を記録、コンテンツパワー指数1位、ドラマOST(挿入歌)部門1位、ダウンロード数1位を記録した。

さらに中国とアメリカのドラマ評点で1位にランクインし、オンラインでも熱い人気を博している。最終回まであと2話を残しており、緊張感が高まっている。
元記事配信日時 : 2015年05月19日11時20分 記者 : ホ・ソルヒ

元記事へ

ユチョンの声いいよね~

軟らかくて、大好き~


IMG_2971.jpg
うちの子猫「ふく」

相変わらず、おしっこを玄関にしていた

トイレも玄関に置いて

朝は大丈夫だと思っていたのに

ちょっとした隙にしている

何なのか?

理由が分からない・・・

まあ、留守にされるのが嫌なんだろうけど・・・

何たってまだ子猫だからさみしいのか???

ちょっと困る

こちらはまるで犬のように毎日においを嗅がないといけない

「臭いをみるおばば」になっている

困ったもんだ・・・




JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ


にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


"変化してこそ、生き残ることができる"

シジェスカルチャーベクチャンジュ代表


IMG_2977.jpg

作成日2015.05.18

インタビューによく出ていないことで有名だが、"一度はしなければならないようだから"と言ったシジェスカルチャーベクチャンジュ代表は一言一言に慎重さに満ちている。

静かな声に、時には話の末尾をどのように整理すればいいかわからず、恥ずかしそうに頭を下げたりもしたが、目標しているのはあり、その点については何回繰り返して強調した。

昨年末、シジェスエンターテインメントの子会社でスタートしたシジェスカルチャーは新生の公演制作会社が明らかだが、初の製作作品が2015年上半期最高のグヮンシムジャクとされる<デスノート>という点で、話題の中心に立っている。

エンターテインメント産業の一部でミュージカルを眺めてさらにその分野に拡大されることを願うという彼は現韓国公演界を向かって"新しい試みがないなら、これ以上発展しない"と力強く語った。

Q.<デスノート>1車線オープンしたチケットが全て全席売り切れとなった。 気分はどうか。

正直よくわからない。 (笑)
きっといいのにそんなことを考えたりはしなくて。

Q.の開幕を約一ヵ月後に控えている。 製作の中間点検をしてみたら。。


今までは計画どおりにうまくなっているようである。 計画と雄大なのではなく、広報とか、韓国だけのスタイルにすることにあってうまく行っているようだ。

私たちが初めて試みてちょっと違うようにしたことがあるが、俳優たちもよく付いてきてくれた。

Q.違うようにした試図には何があるのか

ちょっと映画や(他のコンテンツ製作方式を)なぞらえていた。

インタビュー映像も主人公だけにフォーカスを合わせるのではなく、全体的に人物それぞれに合わせて。
映像にもっと力を与えた部分もある。

ミュージカルとしか考えないのではなく、'エンター(テインメント)'という全体的な絵で見て要素を組み合わせたと思う。

Q.すぐフローティングアイランドで'デスノート'展示会を開く。
(原作漫画フィギュア、公演の準備課程、写真など'デスノート'コンテンツに関するいくつかが展示され、
無料で観覧できる。)

言葉そのまま展示会だ。
公演前に関心のある方々が来て見るわけだ。

Q.展示コンテンツの著作権などの展示会の準備過程が複雑したものと考えられる。

意志さえあれば、いくらでもできると思う。
ライセンスの問題などが難しくてできない部分は全くないようだ。

言葉そのまま展示会だ。 公演前に関心のある方々が来て見るわけだ。

Qに'ツートップ'構造を見つけたと聞きた。

恥ずかしいが、ミュージカルについて私が専門的な知識がある人ではなく、従来のに、そのような(ツートップ)、ミュージカルがあったのかよく分からない。

(プルディ:中小劇場ミュージカルの中で何便がある)そうだろうか。
以前に(私が経験したことと比較しながら、考えるしかないのに、映画や何でもツートップの作品があった。

また、小さな公演ではなく、大きな公演を思ったのに、そこに順番に1度キャスティング、2度キャスティングではなく、本当のミュージカルで一等の人2人を連れて(作品を)やってみたかったんだ。

Q.共同制作社である日本の堀プロとはどう話を進めていくか。

(シジェスエンターテインメントが)、ミュージカル製作は初めてであってもシジェスを堀プロがある程度知っていて、そのような情報がいると最初に話するのが楽だった。

(プルディ:所属のアーティストたちの活動なども、肯定的な影響を及ぼさないかな?)そのような部分にもっと信頼とか確信があったと思う。

そちらでも、そのように話して、。 それで、上の方たちと話が早くなることができた。 進行が早くなった。

Q.私は配役がワンキャスティングて、日曜日公演がない代わりに月曜日に公演をする。

もともとワンキャスティングを考えていた。
長期公演を見という実力ある俳優たちと太く短く。

ワンキャスティングであるため、週7回公演が出たのだ。
俳優たちの体調やコンディション、このような部分のためにもっと休ませたかった。

みんな日曜日に休んだことがないとして。 (笑)
(日曜日公演がなければ、次の公演が)、月曜日夕方だからほとんど二日を休む概念であると俳優たちが好きになると信じていた。

Q.<デスノート>日本公演を見た所感は。

韓国公演が舞台があまりにも華やかて見るとそんな部分を日本と比較することはできない。

最大限原作をたくさん入れたという考えをして、演技が本当に重要な作品ということを実際を読んで感じた。

そのような部分のために(作る過程で本当にたくさん努力したみたい。
IMG_2978.jpg

Q.栗山演出は'観客に合わせて作品を作らない'演出家としても有名だ。 日本舞台で惜しくも感じていた部分があるとすれば、韓国公演に先立ち、意見を出す用意があるか?

それは断言できなさそうだ。
話をしても必ずそうなるという保障はないのに。

もし、私たちが見た時(残念に感じられる)そのような部分があるならそんな部分は演技や歌たち、結構で十分に満たすことができるという気がする。

Q.シジェスカルチャー、設立契機が気になる。

全体的にエンター(テインメント)立場から当然、マネージメント社が製作をしなければならないと思った。
俳優たちがいるため、彼らがやりたいことを話して一緒にしたかった。

始まりはそこだ。
入ってくるのを、(作品)できるだろうが、限界があるよう、いっそ、初期段階から俳優たちと会話してやりたいことを直接私たちが作るほうが良いんじゃないか、考え方をした。

Q.シジェスエンターテインメントを通じて投資などの方法でミュージカル制作参加を開始した。

その時向かったミュージカル界はどんなたのか。 そんな大きな考えはなかった。 (笑)

もちろん、(金)ジュンスを通じてミュージカルをするようになったが、全体的に見たとき、製作とか他の面で(映画、ドラマなどとミュージカルが)大きく違いがないと思った。

また、コンサート、公演などもしたし。
だんだん(市場も)拡大しており、十分にさらに大きくなるものと見ている。

以前はミュージカルが若干(エンターテインメント領域で)落ちていたとしたら、今はエンターの中に入って来たと思う。

Q.エンターテインメントに含めることができる他のジャンルと比較して、依然として公演市場はとても小さい。
最近はいわゆるて'お金を稼ぐ製作会社がない'といえるほどの大きな浮沈を各地で経験していることもして。
それにもかかわらず、公演界に進入する新規制作会社が絶えない理由が何だろうか。


エンターの中で(公演界を眺めていることは確かに(一般的な公演制作会社と)開始が違うと見ている。

歌手らが(公演界に)入って、市場は厳然と変わっており、今後そのような形式が発展されれば、そこでもっと多いのが派生してもっと多くのものを変化させるのだ。

以前にミュージカルに出演する歌手を見て商業的だとし、否定的な見方もあったが、既存にミュージカルに関心がなかった人たちもこの人たち(歌手など)を通じてミュージカルを知ってその人らが別のミュージカルを見るようになって、確かにそのような影響があると思う。

従来はミュージカルが関心の対象ではなかったではないか。
メイン記事にほとんど掲載されずに。

ところで、この友達によってミュージカルが大衆化されて知られればもっと良いことがいるが、このようなものを否定的に話をするのは本当に閉じ込められた考えだ。

慎重な話ではあるが、、既存のもの(方式など)がちょっと破壊されなければならない。
認識も少し変わらなければならない、変化を与えてこそ、生き残ることができるはずだ。

そうしてこそ、ミュージカル市場が発展されると考える。
いつものような方々、もともとした方たちの中だけで戻るなら、その市場がその市場がいいんだ。

我々や他の人が入って、いかなる新たな変化を試みる場合、(もともとやりた)その方たちもさらに努力することで、競争しながら、その中に何かあるだろう。

そんな競争が観客やファンたちにどんなことであれ、帰らないだろうか。
広報のようなものも、従来にしてきた枠組みがあり、そうする理由があるが、他の方法が沢山いるのに、試みをしないで、その中だけにずっと隠れてはものがある。

雄大な試みがない。 小さな部分からやってみるのだ。

Q.新しい試みを非常に追求するスタイルのようだ。

今私たちがしていることを解いて考えてみると、新たな試みだとだが、私は(エンターテインメント領域内で)当然にしてきたものだ。

そして俳優たちを考えるため、それに合わせてしたものが違う人たちが見る時は、新しい試みとしているようだ。

Q.シジェスカルチャーの強みが何だと考えるのか。

それはこれで作っていかなければならないのではないか。
ただ、追求するのが、何でも異なって。 枠組みを破りたい。

こちら(エンター)で公演をたくさん集めてきたい。 私たちがするのが好きなこととできないが、変化、他の何かを見せたい。

ことのインタビューで、演劇制作の夢も露にしている。
演劇をしたいことは、私の願いだ。 そんな方たち(ソル・ギョング、チェ・ミンシクなど)が演劇に戻ってくるのを見ることができるように良い枠組みを作りたい。

今の形ではそんな方たちを絶対に連れてくることができない。
制作環境とか舞台とか、そういうことがもっと揃ってこそ俳優たちと話できるから。。。

私の単純な考えでミュージカルで歌を除けば、演劇ではないかしら、たい。 それで演劇は何故大きな舞台でなれないだろうか、という考えを持ち続けている。
作品がよく、俳優が良ければいくらでも(大きな)劇場とも話すことができるよう、そんなに演劇にもできるのではないか、風、考えがある。

Q.すぐ<デスノート>に会うことが観客に

心配になることが一つある。
期待。 (笑)、原作とあまりにも比較せず、ミュージカルで<デスノート>はどう出るか、<デスノート>というのをミュージカルでどう表現したのか、そんな疑問を持って見たらいいな。

元記事へ


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2015/05/19(火)21:49

コメント

かめさん^^

相変わらずパワフルですね~

国際市場←あんまり映画館で泣けると困るかな?
来月行こうかどうしようかと思案中です
映画館で見るのなんか癖になるよね。。ワタシもこの2か月立て続けに
邦画&洋画みましたw
ジョンミンssiの公開中の映画もう1本「傷だらけのふたり」も気になってます
これは地元には来ないからDVDかな?

あと2回でネムボソも終わり・・早くお風呂入って準備しなきゃ
週末には彼に会えるねーー
楽しみですね~~♪

2015/05/20(水)20:04| URL | sizuku #ZNQNmNlc [ 編集]

sizukuさま

> 相変わらずパワフルですね~

いえいえ、韓国語の友達と行くことになっていたのに日程が合わせられなくて
一人で行った

韓国系の映画館、シネマートだけど
あまり、入ってなかった
おかげで笑ったり、泣いたりしたよ

> 国際市場←あんまり映画館で泣けると困るかな?

めっちゃ静かに泣いたよ~
タオルが要りそうな映画・・・

> 来月行こうかどうしようかと思案中です
> 映画館で見るのなんか癖になるよね。。ワタシもこの2か月立て続けに
> 邦画&洋画みましたw
> ジョンミンssiの公開中の映画もう1本「傷だらけのふたり」も気になってます
> これは地元には来ないからDVDかな?

今、同じ映画館で22日までやっている
面白そうだけど
行くなら明日しかない、明日は雨降るからね・・・

また、韓国語の文化院もしてくれるかも???

いい映画なら大体はやってくれる
(月1で1作品の上映!)


> あと2回でネムボソも終わり・・早くお風呂入って準備しなきゃ
> 週末には彼に会えるねーー
> 楽しみですね~~♪

うんうん、楽しみ~~
準備できてないけど・・・
何か、いまひとつ、準備が進まない・・・
早くしなくっちゃね~~!!!

来てくれてコメントありがとうございます~

2015/05/20(水)20:37| URL | かめ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

かめ

Author:かめ
猫とユチョンが大好き

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR