FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今日のユチョン
IMG_2898.jpg





キム・ユンソク"

'韓国料理大捷3'見るのが楽しみ"


htm_20150615083122839_99_20150615093906.jpg

記事入力2015.06.15午前8:32
[イルガンスポーツ李昇美(イ・スンミ)]

"観客が'見ごたえのある"映画をすること"

俳優キム・ユンソク(47)が言う俳優の義務はそうだった。

最近、ソウル三清洞のある喫茶店で会った彼の肩は俳優としての義務と責任感と重かった。 インタビュー途中に俳優であるため、必ず'しなければならないこと'と'耐えなければならないもの'について、淡々と説明した。

軽い口調ではなかったが、暗くもなかった。 '俳優'であるために付けた人生の活力に対する当然の補償だと考えたからだ。 義務と責任も自然に自分の中に溶け込むようにすると知っている、彼は'本当に俳優'だった。

1988年、演劇'欲望という名の電車'で演技生活を開始したキム・ユンソクは同年代の俳優達より遅く、光を放った。 自炊部屋で苦楽をともにした俳優宋康昊がスターに浮上した時も彼は依然として無名の俳優だった。

しかし、2006年、彼の年36歳に撮った映画'タチャ'でアンコウの役を演じ、短い登場だけでも莫大な存在感を出しながら、大衆に名前を知らせた。

以降'追撃者'(08)'黄海'(10)'ファイ:怪物を飲んだ子供'(13)'ヘム'(14)など映画で強烈な演技と圧倒的なカリスマを噴き出しながらソン・ガンホ・チェ・ミンシクとともに'信じて見る俳優'の隊列に入った。

彼がクァク・ギョンテク監督の新作'極秘捜査'てもう一度観客を驚かせた。 '極秘捜査'は1978年、社主に誘拐された子供を訪れた刑事(キム・ユンソク)と土佐(ユ・ヘジン)の33日間の物語を描いた犯罪推理物。

劇中の彼は背筋をぞっとさせるほど、涼しくていた以前の映画の中のキャラクターとは裏腹に、人の臭いぼとぼとついている慶尚道刑事コンギルヨン役を演じ、熱演した。

本物の自分の故郷である釜山を背景に上手に方言を並べて演技をする彼はコンギルヨンそのものだった。

▶インタビュー①で続きます。
-ドラマは'いる時優しくして'(07)が最後だった。 わざと避けているのか。

"映画は演技者が、演技に集中できる環境を提供するための最良のメカニズムを持っている。 台本がすべて出ているため、キャラクターを分析する時間も長い。

映画が100%時間にとらわれないわけではないが、はるかに余裕を持ってモニタリングすることができ、スタッフと相談もたくさんできる。 ドラマ撮影場はいつも時間に負われていて、モニタリングも十分に行うことはできない。

俳優たち同士でご飯も一緒に食べられない。 今私がそんなドラマ呼吸に入ってもう一度よくやりこなすことができるか分からない。"

-映画で見せる姿とは違って、家ではとても家庭的だと。

"家族を相手に勝とうとしない。 何しに勝とうとするのか。 結局、一番多くの時間を過ごさなければならないのが家族なのに。

'今日は何するか''今日は何をして食べよう'と家族といつも面白くできるものを探している。 2人の娘が中学校1年生と小学4年生なんですが、ちょっと少し大きくなったら父と遊びないのではないのか。

どうせ懐の子と胸を発つ前までは、娘たちと楽しく遊ぶつもりだ。 家族に対する労力は削減することが必要もない。"

-料理もよく言ったと。

"ただ私にできるのはいう。 '男が手に水つけると、いけない'というマインドもない。 最近、最も好きな番組が'韓国料理大捷3'だ。 そこに出たおばさんたちがあまりにも愉快で面白いのかも知れない。

出演者らに地域別の色がにじみ出ている。 それは演技でも真似のできないのだ。 そしておばさんたちの心がとてもきれいだ。 もともと料理をする人たちは善だ。

他の人のために私の真心と努力をかけて料理するというの容易なことがないのだから。"

-'信じて見る俳優'というタイトルがつく俳優の一つだ。

"そのためにいつも'見ごたえのある'映画を披露しなければならないという義務感を常に持っている。

事実、映画というのが一人が作ることがないために、一層困難な作業であるようだ。

演技と、撮影がうまくできなくて私が思ったとおり出なければ暴言で'の糞踏むた'たい時もある。 しかし、俳優というそのすべての状況で、責任感を負わなければならないと思う。"


-出演作の興行成績が良い方だ。

"謙遜にいえば、運が良かったので別に言えば、シナリオをよく決定したのだ。 シナリオを決定する時妻や所属事務所マネージャーたちと相談したりもするが、ほとんど一人で決定する方だ。"

-直接演出をしたい欲はないか。

"演出は欲だけ持っていくのではない。 演出に興味ができたら思われるが、今まではない。

事実俳優が演出をすることをとても大変な出来事のように思って大騒ぎする国は韓国しかない。 外国ではシナリオも書いて演出をする役者たちが多い。

演技をする俳優が演出に関心が生じるのはとても当たり前じゃないか。 衣装デザイナーがヘアーとシューズに関心がないできないのと同じなんだ。

'俳優があえて監督をする'いう見方は非常に硬直されて陳腐な見方なのだ。 歌手が演じるのも同じだ。 歌手が舞台の上で歌を歌ったことも感情を移入してな演技と同じものなんではないか。

歌手が演技をするとして偏った見方で見てはならないという話だ。"

-演技した道をずっと歩いてきた演劇俳優出身であり、歌手出身の俳優についても良くないことを知っていた。

"よくないと考えることがあるのか。 私はむしろ歌を歌ったり演技もしてる友達が羨ましい。

多くの才能を持ったのではないか。 むしろ私たち一緒に年老いた俳優らができない考えと接近できたよ。

考えは少しだけ肯定的に変えればいいんだ。"

-後輩俳優の中で目に入った友達がいるか。

"会ってみないな友達は分からないけど、

会ってみた友達の中に、(朴ユチョンが。ユチョンイは、演技と作品に対するマインドが本当に嬉しい。

いい役者になると考えている。 '黒い司祭たち'を一緒に撮った(朴笑い話が本当に上手いよね。


-俳優になっていないなら、何をしたのだろうか

"さあ、あそこのあの暖かい南の国でダイビングショップを開き、訳知り一緒に暮らすことはできなかったかな。(笑)"
李昇美(イ・スンミ)記者lsmshhs@joongang.co.kr

元記事へ

150615 JYJ 박유천 PARK YUCHUN fan meeting tour in JAPAN

(動画はJJYCJS JYJさんよりお借りしています)






今日の「ふく」
IMG_3459.jpg          IMG_3458.jpg

結構大きくなって中猫くらいの大きさに~

あまり、賢くはなってないけど・・・

高いところも一気に飛び上るようになり・・・

ユチョンクッションの上で寝るようになり

はらはらする・・・・

いずれ齧られるんじゃないかと・・・

それだけは阻止しないと・・・









JYJ花咲けプロジェクトに参加しています。よかったらポチってしてください。 
                             にほんブログ村 JYJ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR