FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

JYJ ユチョン、

入隊を控えた「匂いを見る少女」日本ファンミーティング

…名残惜しい別れの時間もユチョンらしい姿

― Vol.1


KSTYLE |2015年06月25日17時55分
IMG_3555.jpg

(C)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.いまや韓国を代表する俳優のひとりに成長したJYJのパク・ユチョン。その最新主演ドラマ「匂いを見る少女」の日本初放送が早くもKNTVで決定。

記念イベント<パク・ユチョン「匂いを見る少女」ファンミーティング in Japan>が2015年6月23日(火)、24日(水) の2日間、横浜アリーナにて開催された。

昨年の7月、ユチョンの主演ドラマ「会いたい」の放送記念ファンミーティングが行なわれたのも同じ会場。あれからもう1年近くたつとは、時の流れは速いもの。

しかもユチョンは、今年の春入隊したジェジュンに続き、兵役に就くことが決まっている。今回も広い会場にはいっぱいのファンがユチョンに会いにつめかけた。ここでは23日の回をリポート(前半) しよう。



照れくさそうな笑顔を浮かべ登場
開演時間の19時を少し過ぎた頃、ドラマのハイライト映像が紹介されたあと、お待ちかねのユチョンが、なんとセグウェイに乗って客席の間から登場!

そのままアリーナを一周。「キャー!」「ユチョーン!」と悲鳴にも似た歓声が上がるなか、けっこうなスピードで走るセグウェイ。そのハンドルを両手でしっかりと掴んで、照れくさそうな笑顔を浮かべ、無言のまま進むユチョン。

そのあまりの可愛らしさに思わず笑みがこぼれてしまう。やがてセグウェイを降り、ラッキーなファンたちが差し出す手に次々とタッチしながらステージのセンターに立ったユチョン。

グレーの三つ揃いのスーツにほどよく下りた前髪……カッコ可愛いとはまさにこのこと。「ありがとうございます。ユチョンです。よろしくお願いします」とまずは日本語で挨拶し「みなさん去年よりきれいになっちゃってる。年もとってるし……。すいません、アハハ」といきなり笑いをとりにくる。

近況を聞かれると「最近はゲームばかりしています」という。日本に来る前にジェジュンに電話をしたそうで「日本に行ったらオレのことたくさん言ってね、と言われたので、今日はジェジュンのことをどんどん言っていきます」とファンを喜ばせるのだった。

その後は主演映画「海にかかる霧」のスチール写真を見て「太ってるな~」と爆弾自虐発言。ファンも遠慮なく大爆笑。そして「いまの僕の日本語はぎりぎりなので、どう説明していいのか……がんばります」

と苦笑しながら映画に続いて「匂いを見る少女」の紹介もしてくれた。それによると「妹をなくした弟……じゃなくて男の……内容」「無感覚の人の……内容」だそうだ。これだけだといまいちよくわからないが、

ある事件をきっかけに匂いが見えるようになった少女と、妹を何者かに殺され、あらゆる感覚をなくした刑事が、恋におちていくサスペンス・ラブコメディとのこと。シリアスな内容の中にも、笑いがちりばめられている話題作だ。



セクシーさから可愛さまでファンを萌えさせるユチョン
ここでユチョンから「彼女と春を歩く」の歌のプレゼント。客席は総立ち。その後は「匂いを見る少女」の見どころキーワードをあげながら、ユチョンがドラマの魅力を語るコーナーへ。

「面白い顔をするシーンは、恥ずかしいというよりは自信があった!」と言い、いきなり口を大きく開けてキョーレツな変顔を再現してくれるユチョンにみんなびっくり。共演のナムグン・ミンについては「先に弟が共演していたので話を聞いていましたが、本当にジェントルマンな人。

韓国の年で38歳なんだけど、全然そう見えないでしょ?」とコメント。ふと、タオルで汗を拭く姿をMCのYumiさんが「きれいな汗」と褒めると「どういうことよ! 汗がきれいって!!」とタメ口でつっこんでいたユチョン。

だが、このあと、ある人の乱入でもっと汗をかくことに……。
IMG_3564.jpg



(C)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.それは「魅惑のユチョ萌えシーン」というキーワードとともに登場したタレントのはるな愛。ぐいぐいくる生のニューハーフの迫力にたじたじとなるユチョン。

主人公のムガクが殺された妹を見つけて号泣する映像が紹介されると、それを見ていたユチョンの瞳もうるうるに。

「泣くシーンはいっぱい集中しますから大変です。1回か2回でちゃんとやらないと(撮り直しが利かない)」と役者の心得も語ってくれた。その後ははるな愛のテンションの高さに影響されてか、へんな笑いが止まらなくなってくるユチョン。

感覚のないムガクが大量の料理を食べ続けるシーンは1日何も食べないで挑んだ、と明かした。のどぼとけに話題が移ると「ゴックンして」のリクエストに素直にゴックン。すると会場はギャー! という悲鳴とともに異常な盛り上がりに!

「いや、ふつうだから! みんな持ってるの、男は!!」とそんなファンのコーフンぶりに驚くユチョン。あなたという人は、自分ののどぼとけがどれだけセクシーなのか、まったく知らず、気づいていないのですね……。

というわけで、このシーンは、まさにこの日NO.1のユチョ萌え名場面となった。

ドラマのなかで、ユチョンが相手役のシン・セギョンとともにコントに挑戦していることにちなみ、ここで2番目のゲスト、フォーリンラブの2人が登場。

はずかしがるユチョンに自分たちのキメポーズを指南。誰が相方をつとめるかさんざん揉めたすえ、はるな愛とともに「イエス、フォーリンラブ」を無事キメることになったユチョン。

するとはるな愛は残念がりつつ、ここで退場。ほっと一息つくユチョンだった。

JYJ ユチョン、入隊を控えた「匂いを見る少女」日本ファンミーティング…名残惜しい別れの時間もユチョンらしい姿 ― Vol.2


ライター:望月美寿

パク・ユチョン「匂いを見る少女」ファンミーティング in Japan
日時:2015年6月23日(火) 開場 18:00/開演 19:00
開催場所:横浜アリーナ

【セットリスト】
01. 「彼女と春を歩く」パク・ユチョン
02. 「最愛」 原曲/福山雅治
03. 「30」 パク・ユチョン
04. 「見つけた」 ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」OSTより
元記事へ







JYJ ユチョン、

入隊を控えた「匂いを見る少女」日本ファンミーティング

…名残惜しい別れの時間もユチョンらしい姿 ― Vol.2


KSTYLE |2015年06月25日18時02分
IMG_3562.jpg


(C)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.JYJ パク・ユチョンの最新主演ドラマ「匂いを見る少女」の日本初放送が早くもKNTVで決定。

記念イベント<パク・ユチョン「匂いを見る少女」ファンミーティング in Japan>が2015年6月23日(火)、24日(水) の2日間、横浜アリーナにて開催された。ここでは、23日のレポートの後半をお届けする。



日本デビュー10周年…ファンからのサプライズに満面の笑み
フォーリンラブとはるな愛が退場した後、自分もいったん退場し、ラフなTシャツとジーパン姿に着替えて再登場したユチョンは、福山雅治の「最愛」を日本語で情感たっぷりに熱唱。

ここでケーキが運び込まれ、ファンからユチョンにサプライズが。MC に日本デビュー10周年おめでとう! と言われ、「今日がその日なんですか?」と細かいことを気にするユチョン。

ファンの動きを敏感に察知し「なにかやりますか? みなさん」と言ってケーキのろうそくを吹き消すときも下を見ずに前を向いたまま、なんのサプライズかわからないけど、とりあえずその瞬間を見逃すまいとするユチョン……いちいち面白い。

そして客席が、ファンひとりひとりが掲げる色とりどりのペーパーフラワーでいっせいに埋め尽くされるのを見ると満面の笑みに。その中には大きな「10」の文字があった。

「ああ、すごくきれい。ありがとうございます。ほんとにきれいね!」と大感激。「で、練習したんですか?」と確認するのも忘れなかった。

ここで「匂いを見る少女」にちなんでフレーバティーが登場。オーガニックライフ研究家の先生が来てユチョンのためにハーブティをブレンドしてくれる。

ユチョンはなぜかお茶そのものより、淡々かつエレガントにお茶を淹れる先生のほうに興味津々。

「先生キンチョーしてないですよね? へー、強いな」ユチョンが好きなジャスミンはこの日はなかったが、先生おすすめのローズとカモミールをブレンドしたお茶が完成。

それを一口飲んだユチョンは、ものすごくビミョーな顔で「あ~美味しい(笑)」。こ
のユチョン特製ミックスフレーバーティは、抽選で10名にプレゼントされることになった。

ここからは趣向を変えてゲームコーナーに突入。「匂いを嗅ぐ少年!?」と題して、目隠ししたユチョンが匂い当てクイズに挑戦。スイカ、納豆、辛ラーメン、魚……鼻をくんくんさせ、ときに「なまぐさっ!」とのけぞり、

クイズに正解するたびにカッコいい? ポーズをキメるユチョンに場内大大大爆笑。ゴルゴ13風のとぼけた目隠しをしているので、なにをやってもとにかく可笑しいのだ。

無事に全問正解したご褒美に、4人のファンにドラマの中で実際に使われたグッズ……クマのぬいぐるみ、額に入った写真、傘、オットセイのぬいぐるみがプレゼントされることになった。



ファンと寄り添い過ごす時間
次は会場のファンも参加しての「ユチョンに名前を呼んでもらえて、その生声を録音したぬいぐるみももらえる」という羨ましいプレゼント・コーナー。

ユチョンが抽選で選んだファンの方と同じ名前の3人のファンが壇上に上がり、録音機が内臓されたクマのぬいぐるみを掲げてカーテン越しにユチョンの登場を待ち構える。

そのあまりの食いつきようにビックリ、大爆笑のユチョン。なかなかタイミングが合わず、何度もやり直したり……その様子もまた可愛らしく「毎晩仕事が終って家に帰ったらこの声を聞いてね」というユチョンに会場全体がメロメロだった。

そしてここからが本日のメインイベント、ファンを相手役にしたドラマの再現コーナー。最初のファンは「去ろうとするところをユチョンに手を掴んで止められ、見つめあう」。

その名場面をフォーリンラブのハジメちゃんがチェキでパチリ。それだけでも十分ドキドキなのに、お次は「車に轢かれそうになったところを駆けつけたユチョンにクルリンと抱きとめられる」という「壁ドン」なんかもう目じゃないほどのスペシャルなお題。

しかも、このときに選ばれたファンの方がものすごくシャイな人だった。そのため、ふだんなら微妙にジェラシーな空気が流れるこのような場面もなぜか爆笑の連続&ほっこりした雰囲気に。

ユチョンには笑いの神様がついている、と感じさせた瞬間だった。

ここで、事前にファンから募集したお悩み相談にユチョンが答えるコーナーに。「どうしたら色気が出せますか?」という悩みに、真剣に答えるユチョン。

自分は女性が髪を結ぶときのうなじのラインにセクシーを感じる、と言い、さんざん考えた結果、「ヨガをやったらいいんじゃないですか? 体にもいいし」「結局、自分らしいのが一番じゃないかな」「自分らしく、ヨガをして……(爆笑)」ということに落ち着いた。

また、「男性は甘え上手な女性が好きだが自分はできない」という悩みには、「韓国の女性は愛嬌がない、僕から見たら日本の女性のほうがすごく愛嬌がある。そもそも愛嬌ってなんなんだ?」という話に発展。もしも彼女にネックレスをねだられたら「もういっぱい持ってるでしょ、お前は!」と返す、とちょっぴりツンデレな一面も見せて、このコーナーは幕となった。

お次は映像レター・コーナー。「匂いを見る少女」の演出家と撮影監督から届いた、俳優ユチョンを絶賛する言葉の数々に「韓国に戻ったらゆっくり呑みたいですね」とユチョン。

共演者のチョ・ヒボンとナムグン・ミンからのメッセージも温かいものだった。そしてトリをつとめるのは。お待ちかねのジュンス。「日本のみなさんと楽しくやっていますか? 次はいつになるかわからないので、素敵な、忘れられない思い出にできるよう、ファイティン!」。

「愛がつまってますね!」というMCに「ええっ? どこに?」と即答するユチョン。

「だいたいなんで韓国語なんですか。でも嬉しいですね。あ~ジェジュンはなしですか、残念」。と、入隊中のジェジュンの話題が出て現実に引き戻されたところで、イベントもいよいよ終盤に……。

IMG_3559.jpg


名残惜しい別れの時間もユチョンらしい姿

(C)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.そろそろお別れの時間です、というMCに「えーっ!」と声をあげるファン。「えーっ!」とそのマネをするユチョン。

最後にファンへのメッセージが送られた。「多分、長い話はいらないと思うんですよ。いや、明日もあるから(爆笑) 明日、ちゃんとやります、7月のスケジュールが終ったら、もう、行っちゃいますね。

そのあとジュンスも行くし……。JYJの活動としては、5年以上……また3人で集るのにはそれくらいかかると思うんです。5年だと僕は日本でいうと34ですね。34になっても、思いっきり踊ってみます(笑)

ジェジュンもいま、軍隊でみんなのことを考えて頑張ってると思う。僕だけじゃなくて、僕たち3人、このドラマ、たくさんの応援、よろしくお願いします」

そして「30」を歌い始めたユチョン。ファンは総立ち。当然のようにアンコールがあり、聞こえてきた前奏は、「トキメキ☆成均館スキャンダル」の主題歌「見つけた」。

客席が喜びで沸きかえる。ニットに黒のパンツを合わせた爽やかなスタイルで再登場したユチョンは、はじけるような笑顔をふりまく。パステルカラーの風船が天井から降ってくると「わっ!!」と歓声を上げて楽しそう。ファンも「サランヘ~」の大合唱でユチョンへの変わらぬ愛をアピールして……

ユチョンとファンの心がひとつになったこの瞬間。ああ、このまま時が止まればいいのに……と客席の誰もが思ったことだろう。最後はバズーカ砲で客席にサインボールを打ち込んだユチョン。

「本当にありがとうございました。みんな、またね。じゃあね。
気をつけて帰って! バイバイ!」軽くお辞儀をするとサクッと去っていったユチョン。
照れ屋なユチョンらしい幕切れだった。

入隊前の貴重な時間をつかって日本に来てくれたユチョン。
MCに「優しい~」「素敵~」と褒められるたびに「そういうのやめてください~」「またそれですか~」とはにかんで身悶えする姿が本当に萌え萌えだった。

ユーモアのセンス抜群で、人を笑顔にする天才。そのせいか、この23日は、入隊前とはいえしめっぽい空気も涙もなく、ただただ、可愛らしくてかっこいいユチョンに癒されまくりの2時間40分を過ごすことができた。

さびしくなったら、「匂いを見る少女」のムガクに会いに行けばいい。そんな楽しみを与えてくれたユチョン、ありがとう。帰ってきたら、あのセクシーなのどぼとけは、さらに男らしくなっていることだろう。

JYJ ユチョン、入隊を控えた「匂いを見る少女」日本ファンミーティング…名残惜しい別れの時間もユチョンらしい姿 ― Vol.1


ライター:望月美寿

パク・ユチョン「匂いを見る少女」ファンミーティング in Japan
日時:2015年6月23日(火) 開場 18:00/開演 19:00
開催場所:横浜アリーナ

【セットリスト】
01. 「彼女と春を歩く」パク・ユチョン
02. 「最愛」 原曲/福山雅治
03. 「30」 パク・ユチョン
04. 「見つけた」 ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」OSTより



元記事へ


IMG_3554.jpg
IMG_3570.jpg
IMG_3563.jpg
IMG_3558.jpg
IMG_3557.jpg
IMG_3560.jpg
(画像はすべてお借りしています)


まずは記事だけ・・・

報告は次回で?

この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR