FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

JYJメンバーシップウィークや6年間、

集められた1,000点余りの写真が特別な理由

韓国日報|入力15.08.24.14:42(修正15.08.24.14:42)

20150824171827b6e.jpg

'2015 JYJ Membership Week'(以下JYJメンバーシップウィーク)が今年は写真展で、もっと特別に帰ってきた。
来る30日まで鍾路、ソウル美術館で開かれる今回のイベントは、これまであった四度のメンバーシップウィークの中では最初の写真展だ。


特に展示された写真作品が競売に付されるという点が、ファンの耳目を引く。

全体写真のうちおよそ半分が慈善競売に出され、三のメンバーたちは直接入札に参加したりもした。 実際、展示館のいたるところから数枚の写真の下に'競売入札者パク・ユチョン'、'競売入札者の金ジュンス'と書かれたステッカーが付けられた姿を見ることができる。

二人が同時に競売入札者に名前を載せた写真もあり、見る楽しみがかなりある。
今年の写真展では競売を通じた収益金が文化芸術人のための後援金として使われてその意味を加えることになった。
美術館の床と作品がかかっている壁に書かれた字も目立つ。

この文は、メンバーがファンに直接書いた言葉で、美術館のいたるところで見ることができる。 今回の写真展のタイトルとテーマもメンバーたちが苦心して、自ら作ったという。 写真展に参加したメンバーたちは"忘れていた過去の出て会った感じを受けた"、映像まで見ていったという。

メンバー達の団体写真を見られる1階とメンバー別の区域を別に指定してお互いに違う感じの個人写真を見ることができる2階の展示館だけでなく、3階で見られるJYJの映像も欠かせない楽しみだ。

10分ほどの映像には昨年末、キャンプファイヤーをし、2014年一年を振り返ってみるの三のメンバーの姿が描かれている。 ファンたちに送る映像手紙も見ることができる。

一方、2012年に初めて披露した'JYJメンバーシップウィーク'はJYJのメンバー、キム・ジェジュン、パク・ユチョン、ジュンスが直接企画してファンとコミュニケーションの場を設けるプロジェクトだ。

もう4年間続いてきているシジェスエンターテインメントメンバーシップの会員たちのためのJYJの特別なヨクチョコンファンサービスで好評を博している。

'時間は…そうだと思います'いうテーマのもと、この6年間のJYJの姿が描かれた今回の写真展はワールドツアー、ファンミーティング、アルバムのジャケット撮影、ドラマ・映画撮影ビハインド・カットとマネージャーが直接撮影した写真など計1,000点余りの写真が展示されている。
元記事へ


2015082417182971d.jpg
20150822224038d99.jpg
201508222240233b1.jpg
20150824171824113.jpg
20150824171823bb0.jpg



写真に解説までついているそう

行かれた方は楽しめますね


毎回、工夫してますね

こういうのを見ると

行きたかったな〜〜

と思いますが、今回はムリだった😓

これからもずっと続けてくれるよね〜〜



画像は全てお借りしています

これ、最近は携帯からアップしているので

画像のサイズも調整できず、見難いと思います

ゴメンなさい









この記事へコメントする















かめ

Author:かめ
JYJとユチョンが大好き

QR